堤ほの花のかわいい画像まとめ!身長や大学に父親もチェック!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

7人制ラグビー女子日本代表”サクラセブンズ”堤ほの花選手かわいい話題になっています。

ラグビーと言えば「フイールドの格闘技」と呼ばれる程とても激しいスポーツですが、堤選手の小柄でかわいい姿からはラグビー選手であることを想像するのは難しいかもしれません。

そんな堤選手のかわいい画像やツイッター投稿、身長の特徴大学や高校でのラグビーの実績、そしてラグビーを始めるきっかけとなったと言われる父親のことなどについてご紹介していきます。




堤ほの花プロフィール

引用:https://www.rugby-japan.jp/japan-womens/member/detail/248774

名  前:堤ほの花(つつみほのか)

生年月日:1997年6月19日

年  齢:22歳

出 身 地:佐賀県嬉野市

身  長:153cm

体  重:57kg

高  校:佐賀工業高校

大  学 : 日本体育大学

堤ほの花がかわいい!画像まとめ!

堤ほの花選手は他のアスリート選手と比べてるととても小柄です。ましてやラグビーという激しくぶつかり合う競技の中ではひときわ小柄さが目立ちますが、その分可愛さも目立ちますね。

他の選手と一緒にインタビューをされている動画や写真もありますが、身長が低いことも手伝ってとてもかわいいという印象をうけます。

2018年の9月にプロ野球パ・リーグの始球式に登場されていますが、素敵な笑顔がたまらなくかわいいですよね。

引用:https://sp.kahoku.co.jp/graph/2018/04/01/20180401khg000000001000c/042.html

また、堤選手はツイッターを公開されていて、投稿されているものにはプライベートのものやラグビーをされている画像などがたくさんあります。

笑顔で屈託のないかわいさが目立っていいですね。

反面、ラグビーボールをもってラグビーに打ち込む堤選手の画像は迫力があり、プライベートとは打って変わってアスリートとしての顔がうかがえます。

かわいさとアスリートの2つの顔を持つ堤選手の表情のギャップがとても魅力的です。

引用:https://mainichi.jp/articles/20170506/dde/035/050/028000c

堤ほの花の身長・体重はラグビーの理想形!?

ラグビー女子日本代表選手の平均身長は2016年度のデータによると162.3cmとのことです。

他のスポーツと比べてもラグビーは決して高くはないと思いますが、堤ほの花選手の身長153㎝はその中でも特に低い方に属すると思います。

バレーボールのようなスポーツでは身長が低いと不利になるかもしれませんが、ラグビーにおいては求められるものはパワースピードです。

堤選手の体重は57㎏と、一般女性としては、身長から見れば少し重めかもしれませんが、ラグビーというスポーツにおいてはパワーとスピードを兼ね備えた理想の身長・体重のバランスになっている気がします。

堤選手の身長、そして体重があの爆発力のある走りのスピードを生む源となっていると言えますね。




堤ほの花の大学や中学・高校での活躍は?

堤ほの花選手がラグビーを始められたのは3歳からとのことです。通っていたスクールはお父さんも指導されている嬉野ラグビースクールです。

本格的にラグビーに打ち込むようになったのは中学2年生からで、中学3年生のときに第3回全国中学生ラグビーフットボール大会U15女子7人制大会にてU15女子九州代表として出場されてます。

そしてラグビーの強豪校である嵯峨工業高校に進学され、高校2年生の時には、KOBELCOCUP2014第10回全国高等学校合同チームラグビーフットボール大会のU17の部で、堤選手が所属していた九州ブロックが優勝しています。

そして高校3年生の時には、太陽生命ウィメンズセブンズシリーズの準決勝で1大会5トライを成し遂げ、高校生として初めての大会MVPを受賞されています。その結果、高校生にして15人制の日本代表として選出もされています。

佐賀工業高校を卒業し選んだ進路は日本体育大学でした。日本体育大学女子ラグビー部は2018年度に7人制と15人制の完全制覇を達成しているラグビーの名門です。

堤選手は大学1年生のころから15人制ラグビーのワールドカップアジア・オセアニア地区予選に日本代表として出場、さらにワールドカップアイルランド大会にも出場を果たしました。

7人制ラグビーにおいてもカレッジ世界大会に出場されて、世界3位という成績をおさめられています。リオデジャネイロオリンピック出場はできませんでしたが、2019年にはユニバーシアード大会優勝を果たされています

堤ほのか花の父親はどんな人?

堤ほの花選手がラグビーを始めたきっかけはお父さんだそうです。堤選手のお父さんも福岡大学でラグビーをされていたそうで、ポジションはほの花選手と同じくウイングです。

堤選手は将来体育の先生になりたいとのことですが、これもお父さんと同じ道のようで、お父さんも体育教師をしていらっしゃるそうです。

(右上の画像の一番上がお父さんですね)

また、嬉野ラグビースクールのコーチもされているそうです。きっと堤選手もお父さんのように、教師をやりながら指導者として生涯ラグビーに携わっていきたいと思っていらっしゃるんでしょうね。

補足ですが、堤選手には双子の弟さんがいらっしゃいます。その弟さんも同じくラグビーをされていて、ほの花選手と同じく嵯峨工業高校から日本体育大学へ進学されています。

家族全員がラグビーに対する情熱と愛情を注いでいることもこのことから分かりますし、お父さんのラグビー愛が生んだラグビー一家なんでしょうね

まとめ

ラグビーという激しいスポーツを想像するときに、体格が大きくて恐々とした選手だらけのイメージを持ってしまいそうですが、そんなイメージを完全に払しょくしてくれたスターが堤ほの花選手です。

引用:https://www.saga-s.co.jp/articles/-/356118

153cmという小柄な体格を活かしたスピードで他の選手を圧倒する姿は今後の女子ラグビー界発展にも大きく貢献されていくと思います。

そして、堤選手を支えている根元にはお父さんの存在が大きく、お父さんと同じ道を歩みたいという思いが強いことも分かりました。

ラグビー世界大会や東京オリンピックも控え、これからラグビー界も盛り上がりを見せ、堤選手への注目もますます高まってくるでしょう。

皆で堤ほの花選手を応援していきましょう!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする