佐藤成葉(立命館)が可愛い!彼氏はいる?身長や陸上の記録などまとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

女子陸上駅伝の佐藤成葉選手可愛いと評判ですね!

女子駅伝の強豪校、立命館大学女子陸上競技部で長距離パートのキャプテンを務めていて、全国レベル大会の入賞経験もある大学女子長距離界一流レベルのアスリートです。

今回は、そんな佐藤選手の可愛い画像彼氏の噂などのプライベート情報、そしてアスリートとして見る身長などの体格やこれまでの陸上競技の記録などをまとめてみました!




佐藤成葉プロフィール

引用:http://www.ritsumei.ac.jp/features/yell/2016track-field/

名前 : 佐藤成葉(さとうなるは)

生年月日 : 1997年10月2日(現在21歳)

出身 : 神奈川県

身長・体重 : 不明

中学 : 大和市立渋谷中学校

高校 : 神奈川県立荏田高校

大学 : 立命館大学経済学部

佐藤成葉が可愛い!おっとり癒し系のかわいさ!

佐藤選手は目鼻立ちがくっきりした美人で、とても「可愛い」女子大生ランナーです。

その佐藤選手の動画画像を幾つか紹介していきます!

引用:Youtube

こちらの動画は4年時の関西インカレを前にした取材の様子です。おっとりした雰囲気が伝わってきます。癒し系可愛さですよね!

引用:https://www.sanspo.com/sports/photos/20171231/ath17123105030001-p3.html

こちらは、2017年の富士山女子駅伝で立命館大学V5の際の喜びのシーンですね。

見ているほうが幸せな気持ちになる癒し系笑顔です!

引用:https://4years.asahi.com/article/12712431

こちら4年時の日本インカレで日本一を決めたゴールシーンです。満面の笑みで、可愛いですよね

引用:http://livecap.info/sports929/pipipiga.php

更に、こんな私服姿の写真も見つけました。1年時の富士山駅伝前の取材時のものになります。可愛いと言うよりは美人と言っても良いかもしれません。

こちらはおまけですw 佐藤選手のツイッターのトップ画像です。

メルヘンチックですねw

佐藤成葉に彼氏はいる?

さて、こんなに可愛い佐藤選手ですので、彼氏がいるのかどうかが気になってくるところです。

ただ、そのような情報を耳にすることはこれまでのところはありません

佐藤選手はツイッターを公開されていて、プライベートも垣間見ることができますが、彼氏を連想させるような男性と映っているようなシーンは皆無です。

練習が忙しくて、恋愛にかける時間が無いのかもしれませんね。

ただ、まだ大学生でこれからの選手ですので、注目度も低く、メディア等にスクープされていないだけで、しっかりと彼氏がいらっしゃる可能性は否定できませんが、、

佐藤成葉の身長や体重は?

上述のプロフィールでも不明としていますが、佐藤選手の身長や体重は立命館大学のHP等いずれの媒体でも公開されていません。

ただ、ネット上で公開されている画像で、他の中長距離の競技者と並んでいるところを見る限りでは、結構身長高いことがわかります。

長距離の競技者は、他の種目に比べれば身長が低い選手が多いことから、佐藤選手もアスリートとしては特別高いというわけではないのかもしれませんが、長距離競技者の中では高い部類に入るんでしょうね。

体重についても情報がないのですが、画像を見る限りでは、身長比で一般女性より相当程度軽量であることが一目瞭然ですよね!




佐藤成葉の陸上の記録をチェック!

佐藤選手の陸上競技のベスト記録について見ていきたいと思います。

まず1500mですが、高校1年生の2013年10月5日に、東京都調布市の味の素スタジアムで行われた国民体育大会で4’24”34を出しています。この大会では少年女子Bのカテゴリーで4位に入賞しました。

3000mは、高校3年生の2015年10月6日に和歌山県和歌山市の紀三井寺運動公園陸上競技場で行われた国民体育大会での9’14”60になります。この国体の際も少年女子Aのカテゴリーで4位入賞という結果でした。

引用:http://www.ritsumei.ac.jp/features/yell/2018track-field/

両種目ともに、ベスト記録を出したのが高校時代のため、一見早熟のようにも映りますが、決してそういうことではなく、大学進学以降は5000m以上長距離種目をメインに取り組んでいて、中距離種目はそもそも出場機会が少ないためです。

その長距離種目の5000mのベスト記録は、大学1年生の2016年10月3日の第255回日本体育大学長距離競技会での15’27”83。

そして10000mのベスト記録は、大学3年生の2018年11月24日に関東学生陸上競技連盟主催の平成30年度10000m記録挑戦会での32’44”93となっています。

いずれも記録会で出されたものになります。5000mと10000mのベスト記録を比較してみると、5000mの記録を2倍したものよりも、更に1’40”程加えたものが10000mの記録となっているため、10000mよりは5000mを得意としている競技者と言えますね。

佐藤成葉が「杜の都駅伝」制覇へ挑む!

佐藤選手は立命館大学に入学した頃から、期待の1人として名前が挙がっていましたが、その期待通り順調に力を付けていき、学内のみならず毎年1月に京都で行われる皇后盃全国都道府県対抗女子駅伝競走大会にも、1年時から3年時まで3年連続で出身高校の所在地である神奈川県チームの2区で出場しています。

そして、4年時の今年2019年9月12日に行われた、日本インカレ10000mにおいて、スローペースの展開の中からしっかりと最後の1周で抜け出し初の優勝を決めると、9月14日のメイン種目である5000mでもしっかりと勝利をし、見事に2冠を達成しました。

関西インカレでの優勝経験はこれまでにもありましたが、日本インカレでの優勝はこれが初めてでした。

引用:Youtube

ただ、佐藤選手にとって、大学生で唯一、達成できていない目標が、毎年10月に宮城県仙台市で行われる、全日本大学女子駅伝対校選手権大会(通称:杜の都駅伝)での優勝です。この大会は大学女子の日本一を決める駅伝として、古くから行われる大会です。

女子の主要な全国レベルの駅伝大会としては、12月30日に静岡県の富士宮市と富士市で行われる全日本大学女子選抜駅伝競走大会(通称:富士山駅伝)というものがあり、こちらでは立命館大学は2013年から2017年まで5連覇を果たしており、佐藤選手も1,2年生でメンバーとして優勝は経験しています。

しかしながら、大会の歴史を見ると、2019年大会は杜の都駅伝が37回目であるのに対し、富士山駅伝は14回目です。また、杜の都駅伝の優勝チームには文部科学大臣杯が行われる他、そもそも富士山駅伝に出場できるチームは、杜の都駅伝の上位12校が主体となっていることからも、杜の都駅伝との格の差はあります。

そういうことから考えても、日本一を名乗るためには、杜の都駅伝での勝利は必要と言えるでしょう。立命館大学は杜の都駅伝で、2011年から2015年までの5連覇を含む、全大学最多の10回の優勝を誇っており、次に続くのが京都産業大学の4回であることを考えると、その回数は圧倒的と言えます。

引用:https://twitter.com/hashtag/佐藤成葉?lang=ko

しかしながら、佐藤選手が入学以降の過去3年は優勝から遠ざかっています。最後の日本インカレで優勝した後のインタビューでも、嬉しさを出しながらも、杜の都駅伝で自分達が入学してから優勝していないことを気にしている様子があり、これが今後の大学生活における佐藤選手の最後の目標となるでしょう。

まとめ

以上が佐藤成葉選手の紹介でした。

前述のように、立命館大学の女子の長距離は強かった時代がありましたが、今のチームでは佐藤選手がやや孤軍奮闘の状態にあることも否めない事実ではあります。

引用:https://trendybaru.com/11523.html

それでも、キャプテンとして最後の最後までチームを引っ張り、是非とも杜の都駅伝での勝利を期待したいですね!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする