山下真瑚と宇野昌磨の関係は?コーチは誰?中学や身長も調査!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

今回ご紹介するのは女子フィギュアスケート山下真瑚選手

新シーズンがスタートし、早くも盛り上がっているフィギュアスケートですが、シニア2年目で、まさにこれからが期待されるスター候補生です。

そんな山下選手ですが、人気男子フィギュアスケーターの宇野昌磨選手と仲がいいと噂されているそうです。

2人はどんな関係なんでしょうか?

その他にも、フィギュアスケート競技ではなくてはならないコーチの存在や、出身中学身長などのプロフィール、そしてこれまでの競技成績なども調べてみました!




山下真瑚と宇野昌磨の関係は?

山下真瑚選手が平昌オリンピック男子フィギュア銀メダリストの宇野昌磨選手仲がいいと噂ですね。

2人の関係って?まさか恋仲なの!?と思う方も、もしかしたらいるのではないでしょうか?

ファンなら気になるところですよね!

https://ameblo.jp/61302/image-12415089584-14292768437.html

調べてみたところ、2人は同じフィギュアスケートクラブに所属していました!

そのクラブはグランプリ東海フィギュアスケーティングクラブ

後述しますが、世界のトップスケーターたちも所属していたクラブなんです!

そのグランプリ東海フィギュアスケーティングクラブで2人は同じコーチに師事していました。

だから仲良しなんですね!

また、山下選手は「尊敬する選手」「目標の選手」にも宇野選手を挙げていました!

同じクラブに目標となる選手がいたのは、山下選手にとっても大きかったのではないでしょうか。

https://www.nikkansports.com/sports/column/wall/photonews/photonews_nsInc_201906160000320-0.html

ちなみに「所属していた」と過去形なのは、2019年6月、宇野選手が同クラブを卒業することを発表。

コーチも変更することとなったためです。

ただ、今後も試合会場で会うこともあるでしょうし、仲のいい2人の姿が見られるかもしれませんね!

山下真瑚のコーチは誰?

宇野選手と同じコーチだったと先述しましたが、コーチが誰なのか気になりませんか?

そのコーチというのが山田満知子コーチ

フィギュアスケートファンなら誰もが聞いたことがあるだろう、有名な方です。

https://www.asahi.com/articles/photo/AS20170411004779.html

山田コーチに指導を受けていた有名選手は数え切れないほど!

トリプルアクセルで日本にフィギュアスケート旋風を巻き起こした伊藤みどりさんをはじめ、同じくトリプルアクセルを武器としていた中野由加里さんや四大陸選手権優勝経験のある村上佳菜子さん。

そして、オリンピック銀メダリストで、3度も世界女王に輝いた浅田真央さんも山田満知子コーチに指導を受けていました。

さらに、山下選手は山田コーチの右腕的存在である樋口美穂子コーチにも指導を受けています。

樋口コーチといえば、宇野選手の隣で常にニコニコしていた、少し派手なファッションでも注目を浴びたコーチです。

その優しそうな眼差しは山下選手の隣でも、もちろん健在。

大きな愛情で山下選手を包み込んでくれています。

https://twitter.com

また、山下選手のプログラムの振付も山田コーチと樋口コーチが担っています!

世界的に有名なコーチ陣に指導を受ける山下選手。

先に世界に羽ばたいた先輩スケーターに続けるよう、応援していきましょう!

山下真瑚の中学や身長などプロフィールと略歴

http://fsmatome.2chblog.jp/archives/cat_260888.html

【名前】 山下真瑚(やました まこ)

【生年月日】 2002年12月31日(現在16歳)

【出身地】 愛知県名古屋市

【身長】 152cm

【中学】 御幸山中学校

【高校】 中京大学付属中京高校(在学中)

【コーチ】 山田満知子、樋口美穂子

【振付師】 山田満知子、樋口美穂子

【所属】 中京大学付属中京高校

山下真瑚選手は身長152㎝

宮原知子選手(152㎝)や紀平梨花選手(153㎝)などとほぼ同じですが、女子フィギュアスケーターとしては小さい部類に入ると思います。

引用:https://www.sponichi.co.jp/sports/news/

そんな山下選手がスケートを始めたのは7歳だそうですが、その才能はすぐに開花されます。

10歳で出場した全日本ノービス選手権Bクラスでは15位となりましたが、翌年は3位。

その後、中学は名古屋市にある御幸山中学校に進学しますが、順調に成長を続け、2015年にはノービスAクラスで優勝、全日本ジュニア選手権にも出場を果たします!

ジュニアに移行してからも好成績を出し続けた山下選手。

2018年3月に行われた世界ジュニア選手権で表彰台に上る活躍を見せました!

ジュニアでの地位を築いた山下選手は、2018年シーズンからシニアに移行。

初めて出場したグランプリシリーズ スケートカナダでは、樋口新葉選手に続く2位に!

https://the-ans.jp/news/41766/

その後は表彰台を逃してはいますが、安定した成績を残しています!

シニア2年目となる2019年シーズン。

成長した姿を見せてくれるのが楽しみですね!

&nbs




p;

山下真瑚の現在までの戦績は?ノービスやジュニア時代もご紹介!

 【ノービス】

2012年10月 全日本ノービス選手権Bクラス(15位)

2013年10月 全日本ノービス選手権Bクラス(3位)

2014年10月 全日本ノービス選手権Aクラス(14位)

2015年10月 全日本ノービス選手権Aクラス(優勝

2015年11月 全日本ジュニア選手権(9位)

2016年 3月 プランタン杯ノービスクラス(2位)

【ジュニア】

2016年 9月 ジュニアグランプリ 横浜(3位)

2016年 9月 ジュニアグランプリ タリン杯(3位)

2016年11月 全日本ジュニア選手権(16位)

2017年 2月 全国中学校スケート大会(2位)

2017年 8月 ジュニアグランプリ オーストリア(2位)

2017年 9月 ジュニアグランプリ クロアチア(2位)

2017年11月 全日本ジュニア選手権(2位)

2017年12月 全日本選手権(10位)

2018年 2月 全国中学校スケート大会(優勝)

2018年 3月 世界ジュニア選手権(3位)

【シニア】

2018年 8月 アジアフィギュア杯(3位)

2018年 9月 ロンバルディア杯(3位)

2018年10月 グランプリシリーズスケートカナダ(2位)

2018年11月 グランプリシリーズロステレコム杯(7位)

2018年12月 全日本選手権(6位)

2019年 9月 ネペラメモリアル(6位)

引用:https://this.kiji.is/463631250308023393

ノービス、ジュニアと優勝や幾度となく表彰台に上がる活躍を見せてきた山下選手。

シニアではこれからというところですが、その才能が花開くのを早く見たいですね!

山下真瑚の現在とこれから

新シーズンがスタートしたばかりですが、早くも初戦を終えている山下選手。

9月に開催されたネペラメモリアル2019ではSP7位、FS6位、総合6位という成績でした。

シーズンは開幕したばかりでこれから徐々に調子を上げてくものと思われますが、10月からはグランプリシリーズもスタートします。

山下選手は初戦のスケートアメリカと第6戦のNHK杯へ出場を予定しています!

昨年はスケートカナダで2位の好成績を残している山下選手ですが、4回転を数種類跳べる選手たちがシニアに移行してきているので油断は禁物です。

ちなみに9月のネペラメモリアル2019の優勝者は昨シーズンの世界ジュニア女王、アレクサンドラ・トゥルソワ選手でした。

https://www.instahu.net/

トゥルソワ選手も複数の4回転を跳ぶ選手で、スポーツニュースなどで名前を聞いたことのある方も多いかもしれません。

ジャンプに定評のある選手が多いですが、山下選手もダイナミックなジャンプを武器としているので、負けずに頑張ってほしいと思います!

https://www.asahi.com/articles/photo/AS20181027001557.html

また、12月には全日本選手権も控えています。

世界で活躍する選手が多い日本ですが、昨年は6位の成績を残しています!

将来的な目標としてオリンピックを掲げている山下選手。

まずは全日本で上位に食い込めることを期待しています!

まとめ

新シーズンは始まったばかりですが、早くも熾烈な争いが行われている女子フィギュアスケート。

凄まじいジャンプ力のある新世代がシニアに上がり、世界のトップ争いもますます激しくなることでしょう。

オリンピックを目標としている山下選手は、この争いに勝ち抜いていく必要があります。

https://iro-iro.shiro-eiyoushi.com/yamasita-mako-jump-uno-syouma/

山田満知子コーチは、山下選手を「平均的にフィギュアスケートに必要なものは持っているが、もう少し負けん気やガッツを持ってくれれば」と語っています。

優しいだけでは勝ちきれないのがスポーツの世界。

気の強さも必要だということですね!

シニア2年目の2019年シーズン。

どんな成長を成し遂げるのか、みなさんも目に焼き付けてくださいね!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする