山本美優の旦那遍歴は?息子はハーフで妹は誰?昔若い頃のきれいな画像も注目

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

今回は、レスリングの山本美優選手にスポットをあてます。

山本選手というと、若い頃から圧倒的な実力とともに、その美しくきれいすぎるルックスにも注目が集まり、45歳となった現在でもたびたび話題になる選手です。

また、山本選手本人だけでなく、、弟、義理の弟、そして最近では、山本選手の第一子である息子も「ハーフでは?」などど注目を浴びるなど、常に話題が豊富な山本選手。

複数回の結婚による旦那遍歴もかなりのもので、途中から把握できなくなっている人も多いのではないでしょうか?

今回は、そんな山本選手について、一つずつ丁寧に探っていきたいと思います。

では、早速行ってみましょう!




山本美優の旦那遍歴は?

引用元:https://www.atpress.ne.jp/news/174131

【山本美優プロフィール】

名前読み:やまもと みゆ

生年月日:1974年8月4日(45歳)

出身:神奈川県川崎市

国籍:カナダ

身長:156cm

体重:49kg

階級:ストロー級

所属:KRAZY BEE

1972年のミュンヘンオリンピック・レスリング代表の父・山本郁榮氏の影響により、幼少の頃からレスリングを始めている山本選手。

徹底的な英才教育の下、13歳で「第1回全日本女子選手権」で優勝すると、その後同大会で4連覇を達成。

1991年には、17歳で初出場した「世界選手権」において、史上最年少で優勝するなど、輝かしいレスラー街道を歩んでいました。

引用元:https://hochi.news/articles/20190728-OHT1T50289.html?mode=photo&photoid=1

その後も主要大会で連覇するなど、着実に女子レスリング界のトップをひた走っていましたが、1995年に、当時のJリーガー一度目の結婚をし、現役も引退。

その後、第一子が誕生するものの、1999年4月に離婚

この離婚を契機に現役復帰し、アジア選手権大会で優勝、全日本女子レスリング選手権でも優勝と、ブランクを感じさせない結果を残すも、2000年7月、格闘家のエンセン井上氏との二度目の結婚で、再び現役を引退します。

ところが、2004年開催のアテネオリンピックで、女子レスリングが初めて正式種目になることとなり、現役に復帰しますが、結果的にはオリンピック出場は叶わず、2004年4月、再び引退。

そして、エンセン井上氏とも離婚します。

2006年4月、トリノオリンピック男子アルペンスキー代表の佐々木明氏三度目の結婚

その後二人の子供にも恵まれるものの、ロンドンオリンピック出場を目指すために再び現役復帰。

そして、2011年に佐々木明氏と離婚

やはりここでもオリンピック出場は逃しますが、その後はカナダへと居住を移し、国籍もカナダに変更して、カナダ代表としてオリンピック出場を目指しました。

結果的に出場は断念していますが、現在でも拠点はカナダにあり、日々アスリートとして、そして母親として子育てをしながら、カナダでの生活を満喫している山本選手です。

引用元:https://www.instagram.com/

こちらが最近の山本選手です。

このように、1995年の初めての結婚から2011年の三度目の離婚までの16年の間で、結婚と離婚を3回行い、その間の出産も3回、そして現役引退と復帰を繰り返す、まさに怒涛の生活を送られてきた山本選手。

どの部分を切り取ってもなかなか真似はできませんが、一人のアスリートとして、そして女性として、さらに母親として、とてもパワフル&タフネスな印象を受けます。

2011年の三度目の離婚以降の山本選手ですが、現在はそのまま独身を通しているようです。

カナダには新しい恋人もいるようですが、結婚には至ってません。

もしかしたら、いつかは四度目の結婚もあるかもしれませんが、今のところは独身ということで、今後の行く末が気になるところです。

山本美優の息子はハーフ?結婚して子供もいる?

前述したように、山本選手には全部で3人のお子さんがいますが、最初の結婚で儲けた第一子である長男は、現在母親である山本選手と同じぐらい、その世界で注目を集めています。

というのも、長男となる息子山本アーセンさんは、母親と同じレスリング選手でもあり、総合格闘家としての顔を持つ「格闘一家の最強DNA」と称される人物です。

引用元:https://jp.rizinff.com/_tags/山本アーセン

現在23歳のアーセンさん、出生名は「池田怜」という名前でしたが、母親の再婚や離婚で苗字は山本、そして名前のアーセンは、アテネとも読める「athene」に改名しています。

名前からするとハーフっぽい印象もありますが、両親ともに日本人であり、生まれも育ちも生粋の日本人です。

なお、山本アーセンさんは若くして結婚しており、今年2月には第一子が誕生しています。ということで、山本美優選手は若くして孫を持つ「おばあちゃん」でもあります。

こちらが山本親子です。

引用元:https://www.instagram.com/

親子とは思えないぐらい、山本選手が若々しいですね。




山本美優の妹はダルビッシュの妻山本聖子!

山本選手のといえば、姉である美優選手と同じぐらいに実力と美貌で人気のあった山本聖子さんです。

引用元:https://matome.naver.jp/odai/2141630379631393901/2141630546633075503

聖子さんも幼少の頃からレスリングを学び、3階級で四度の世界覇者になるなど、実力と期待の高い選手でした。

しかし、同じ階級に霊長類最強の吉田沙保里選手がいたことで、残念ながら一度もオリンピック出場は果たしていません。

2006年、結婚のために現役を引退すると、翌年第一子である長男を出産していますが、その後数年で現役復帰するとともに、2013年からはアメリカナショナルチームのコーチに就任。

引用元:https://www.japan-wrestling.jp/2014/03/23/47101/

コーチ業と選手業を両立させながら、選手としても数々の試合で勝ち進んでいましたが、プライベートでは2014年に離婚。

その離婚からわずか数か月で、現メジャーリーガーのダルビッシュ有選手と交際を発表、そして妊娠、出産、再婚となり、現在までダルビッシュ選手との間には子供を3人設け、計4人のお子さんの母親として、異国の地・アメリカで生活している聖子さんです。

引用元:https://gramho.com/explore-hashtag/山本聖子

ダルビッシュ選手よりも6歳年上の姉さん女房ですが、現在はとても幸せそうですね。

山本美優の昔がヤバい!若い頃の超絶きれい画像と動画はこちら!

現在でも大変美しい容姿をお持ちの山本選手ですが、は若さも相まって、また今とは違う美しさがありました。

歳の割には色気もあり、当時は本当に話題でしたね。

引用元:http://hanemone.blogspot.com/2019/01/blog-post_15.html

レスリング界のアイドルのような扱いで、とても華やかだった記憶です。

某カメラCMにも起用されていました。

そこで、若い頃超絶きれいな画像をご紹介します。

本当に10代?と思えるような、とにかく美しい山本選手に注目です!

引用元:https://entert.jyuusya-yoshiko.com/yamami-wakei/

当時はまだ当たり前だったテレホンカードも懐かしいですが、起用された山本選手のキリっとした美しさが印象的です。

引用元:https://entert.jyuusya-yoshiko.com/yamami-wakei/

試合後の笑顔が素敵な一枚です。「キレイなおねえさん」という言葉がピッタリですね。

なお、こちらが某カメラCMの動画です。

澄んだ瞳と、少しあどけなさが残る表情が印象的です。

アスリートとしても女性としても、輝きのまぶしさを感じます。

まとめ

今回は、山本美優選手についてお伝えしました。

いかがでしたか?

山本選手というと、結婚遍歴・離婚遍歴など、どうしてもプライベートの面が表立ってしまいますが、今なお現役として活躍し続けること、そして結果的には、若くしてお孫さんまでいることを思うと、これまで色々あったとしても、家族の繁栄は何よりも喜ばしく、そして羨ましくさえあります。

妹・聖子さんも同じように、ダルビッシュ選手という最良の伴侶を得て、たくさんのお子さんにも恵まれて、とてもハッピーな人生を歩まれているように思います。

しかし、山本一家というと、昨年41歳の若さで他界した、山本“KID”徳郁さんのことも忘れてはなりません。

美優さんと聖子さんの間にいたのがKIDさん。

彼も晩年は色々とありましたが、本来は心優しき人物であり、家族思いであったともされています。

あまりにも早くKIDさんを亡くし、美優さんも聖子さんも想像を絶するほどの悲しみだったと思いますが、山本一家の魂は、脈々と受け継がれている、そんな気がしてなりません。

「格闘一家の最強DNA」である美優さんの長男・アーセンさんの存在も大きいのではないでしょうか。

大切な人を亡くしながらも、各々が前を向き、共に歩んでいる感じを強く受けます。

山本一家の今後の動向も引き続き要注目ですね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする