宮里藍の結婚後の現在は?旦那はどんな人?生涯獲得賞金や成績を総まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

女子ゴルフ界のレジェンド、国民的スターと言えば宮里藍さんですよね!

史上初の高校生プロゴルファーとなってからの藍ちゃんフィーバー、本当にすごかったです!

2010年には世界ランキング1位の座にも輝き、日本の女子ゴルフの新しい時代を作った立役者と言っても過言ではありません。

そして2017年、世間に衝撃を与えた31歳での引退。

そして、翌2018年に結婚。

果たして今、藍ちゃんはどうしているのでしょう?

結婚された旦那様のことや、ゴルフの生涯獲得賞金成績についても総まとめしてご紹介していきます。




宮里藍の結婚した旦那はどんな人?

大きなニュースになったので、皆さんご存知かと思いますが、宮里選手は2018年に結婚されました。

引用元:https://twitter.com/

お相手の旦那様は、アメリカへの本格参戦をスタートさせた2006年からマネージャーを務めていた座親匠(ざおやたくみ)さん

4つ年上とのことです。

引用元:https://www.excite.co.jp/news/article/TokyoSports_1045501/

2018年6月19日の宮里選手の33歳の誕生日に入籍したことをブログで発表しています。

座親さんは高身長イケメンかつ語学堪能で、アメリカの女子ゴルフツアー関係者の間では知らない人はいないほどの実力者だそう。

さすがはスーパースター藍ちゃんを射止めただけのことはありますね~。

引用元:https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2018/06/22/kiji/20180622s00043000018000c.html

そして、お嫁さんが藍ちゃんだなんて、うらやましい限りです!

10年越しの愛を実らせてのゴールインとのことですから、さぞやラブラブなのでしょうね!

そんなアツアツの新婚さんなお二人は、今も現役時代と変わらずアメリカで暮らしています。

ロサンゼルス近郊にお住まいがあるようです。

宮里藍の現在は?

また、気になる宮里選手の現在ですが、引退発表後、すっぱりとゴルフから退いてしまったわけではありません。

もちろん、試合には出ていませんが、日本のゴルフ界に今でも関わっています。

引退後の2018年には、宮里選手のこれまでの功績を讃え「サントリーレディスオープンゴルフトーナメント」が「宮里藍 サントリーレディスオープン」に改称。

サントリーと言えば、デビューからの所属先ですから、感慨深いものがあります。

引用元:http://kobe-koln.jp/info/post-910.html

本人は同大会のアンバサダーに就任、トーナメントへのアドバイスやアマチュアとの交流、ジュニアゴルファーの育成強化に務めていくとのことです。

今年の6月も大会の開催にあわせて、精力的に活動していらっしゃいました。

さらに、ジュニアの大会「宮里藍インビテーショナル」を新規に立ち上げ、2019年9月に開催することを発表。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

公式練習日が無事に終わりました!今日は選手達の練習やラウンドを少し見ながら、 @lynnpia54 の2人にジュニア達とのレッスン会、親御さん向けの講習会、 @oakleyjapan さんとのトークセッションなど、盛りだくさんで充実した一日になりました!皆さん初めての事だらけで、頭をフル回転させた時間もあったと思いますが、ジュニアの選手達の真剣な表情や話を聞く姿勢、取り組み方など、本当に素晴らしかったです! 私自身も改めて色んな事をリマインドして、吸収出来る時間でもあり、とてもいい練習ラウンドになりました😊明日から天気が心配ですが、キラキラ輝く選手達が何を吸収して試合に繋げていくのか本当に楽しみです! #親御さん達もありがとうございました #才能ある選手ばかりで #とにかくワクワク #そしてやっぱり #ピアとリンは凄い #私も勉強あるのみ Official practice day completed!! We did talks with parents and a clinic for the juniors afterwards! They were so great and loved to see all the talented girls all day!!:)) I reconfirmed the greatness of #Vision54 !!!! Pia and Lynn, you two are amazing!!!!😆✨ Can’t wait to see what’s coming at the first round tomorrow!! #aimiyazatoinvitational #宮里藍インビテーショナル #possibilities #humanskills

Ai Miyazato(@ai_miyazato)がシェアした投稿 –

そして、開催されたトーナメントで初代チャンピオンに輝いたのは、宮里選手の出身高校の後輩となる、東北高校の鶴瀬華月(つるせかげつ)選手でした。

引用:https://www.alba.co.jp/tour/news/article/no=135683

初代優勝者が高校の後輩とは、やはり宮里選手がもっている何かを感じずにはいられません。

「ジュニアに何かしら携わりたい気持ちがあった」と語っているので、指導者としてのこれからに期待・大ですね!

宮里藍の生涯獲得賞金はいくら?

さて、ここでちょっとお金の話を。

日本ゴルフ界を牽引してきた宮里選手、ゴルフでいくら稼いだのか、その生涯獲得賞金が気になりませんか?

ちなみに、国内で賞金女王になったことはなく、最高ランクで2位でした。

いや~しかしトータルではすごい額ですよ!

引用元:https://www.gew.co.jp/column/g_44434

まずは日本での生涯獲得賞金を計算してみましょう。

2003年 ¥1,060,800

2004年 ¥122,972,349

2005年 ¥114,377,871

2006年 ¥58,604,501

2007年 ¥4,318,305

2008年 ¥27,892,338

2009年 ¥46,430,116

2010年 ¥16,911,853

2011年 ¥7,885,289

2012年 ¥3,493,200

2013年 ¥6,279,000

2014年 ¥3,109,000

2015・2016年 ¥0

2017年 ¥4,738,000

(LPGAサイトより)

合計 4億1807万2622円です!

引用元:https://www.lpga.or.jp/stats/careerprize

上のデータから見て取れるように、順位こそ49位ですが、特筆すべきは試合数。

近いランクの選手が300~500試合で達成しているこの金額を、宮里選手はわずか98試合で稼いでいるんです!

そしてアメリカでの生涯獲得賞金が$8,302,365で、レートによりますが日本円にすると約9億円

さすが、米ツアーを主戦場にして、通算9勝をあげただけの金額ですね。

日米あわせると…約13億円とちょっと。

引用元:https://news.golfdigest.co.jp/news/lpga/article/70692/1/

それと、2011年には欧州女子ツアー優勝、約3800万円を獲得して賞金女王になるなど、日本とアメリカ以外でも活躍。

あくまでもざっくりではありますが、約13億円+α、一般人の我々からすると目玉が飛び出そうな額です!!

また、忘れてはならないのがスポンサー料

ブリジストン、サントリー、Honda、JAL、久光製薬…名立たる企業がズラリ。

引用元:ttps://victorysportsnews.com/articles/4129/original

スーパースター藍ちゃん、CMにも引っ張りだこでしたから、収入はものすごいことになっていると思われます。




宮里藍の経歴と競技成績を振り返る

引用元:https://www.nikkansports.com/sports/golf/news/201908050000359.html

名前 : 宮里藍(みやざとあい)

生年月日:1985年6月19日(現在34歳)

出身地:沖縄県国頭郡東村

身長:155センチ

出身校:東北高校

家族構成は父・母・兄2人の5人家族。

お兄さん2人、宮里聖志さんと宮里優作さんもプロゴルファーというのは有名ですよね。

引用元:https://matome.naver.jp/odai/2138650524554577201/2138653918273541803

まさにゴルフ一家。

宮里選手が4歳でゴルフを始めたのも、この兄たちの影響と言われています。

引用元:https://www.okinawatimes.co.jp/articles/gallery/99655?ph=6

ジュニア時代から頭角を現し「沖縄ジュニアゴルフ」や「全国中学ゴルフ選手権」で連覇を果たします。

2001年、東北高校に進学。

高校時代も国内・国外の数々の選手権で優勝を飾り、レギュラーツアーでも活躍、優勝争いに加わることも。

そして高3の2003年9月、アマチュアとして出場した「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント」優勝

18歳101日でのプロツアー優勝は当時の最年少記録であり、その後のプロ宣言で史上初の高校生プロゴルファーとなると、一躍「藍ちゃんフィーバー」が巻き起こりました。

引用元:https://news.golfdigest.co.jp/jlpga/2576/photo/35639/4/59885/

プロ入り後の初Vは2004年の「第17回ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント」。

この年は年間5勝の成績を収めます。

引用元:https://www.tbs.co.jp/tbs-ch/item/s1469/

2005年には「日本女子オープンゴルフ選手権競技」で公式戦初優勝。

こちらも、20歳3か月でのツアー通算10勝と同大会優勝は史上最年少記録でした。

2006年には主戦場をアメリカへ。

拠点もロサンゼルスへと移します。

米国LPGAツアーでは、2009年、アメリカ参戦4年目にして「エビアン・マスターズ」初V

2010年「ショップライトLPGAクラシック」で優勝すると、日本人初となる世界ランキング1位となりました。

1位のランクは計11週、保持。

2012年、米ツアーで模範的な選手に贈られる「ウィリアム&モージー・パウエル賞」日本人で初めて受賞。

引用元:https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2012/11/18/gazo/G20121118004576360.html

同年の「ウォルマートNWアーカンソー選手権」が最後の優勝となり、5年後の2017年に引退を発表しました。

国内ツアーでは14勝米国LPGAツアーでは9勝という生涯成績は輝かしいものです。

まとめ

実は宮里選手、2020年東京オリンピックの日本代表女子ゴルフのコーチ就任を要請されていたんですよね。

経験不足といった理由で断ったようですが、うーん、残念!

引用元:https://news.golfdigest.co.jp/news/article/75244/1/

コーチに就任していたら、かなりの盛り上がりになったと思います。

でも10代後半からずっと第一線で戦い続けてきたわけですから、今はなるべくゆっくりと過ごしたいのかもしれませんね。

今日の隆盛を極める日本女子ゴルフのブームを作り上げた立役者として、これからもゴルフ界の発展のために大活躍をみせて頂きたいですね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする