伊藤有希がかわいい!高梨沙羅への態度が話題に!弟や出身高校も調査

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

女子ノルディックスキー・ジャンプは意外なことに2014年のソチオリンピックで初めて正式採用になった競技です。

そのソチや平昌などで活躍したスキージャンパーの伊藤有希選手

今季リレハンメルで開催されているノルディックスキーのワールドカップで、4位と健闘し日本人としてはトップにつきました。

マスコミに一緒に取り上げられることが多い後輩の高梨紗羅選手とは競技のなかで切磋琢磨する間柄ではありますが、年下の高梨選手を始めとして、周囲に対する態度も好感が持てる、と評判です。

インタビューやオフショットで垣間見える、飾らない人柄がにじみ出たその笑顔がとてもかわいい!とSNSなどでも囁かれている伊藤勇希選手について、同じスキージャンパーのさんのことや、伊藤姉弟の実力を育んだといえる出身高校のことなどについてご紹介していきます。




伊藤有希のwiki的データ

引用元:https://www.sankei.com/photo/story/news/171203/sty1712030005-n1.html

名前 : 伊藤勇希(いとうゆうき)

生年月日 : 1994年5月10日(現在25歳)

出身地 : 北海道上川郡下川町

身長 : 161㎝

体重 : (非公開)

高校 : 後述

所属 : 土屋ホーム

使用メーカー : フィッシャー

伊藤勇希の愛嬌のある笑顔がかわいい!

スキー競技が盛んな土地で、スキー選手の両親のもとに生まれた伊藤有希選手は、幼い頃からずっとスキージャンプを続けてきました。

引用元:https://www.bgf.or.jp/bgathlete/no021/ito-yuki02.html

ハードな練習の日々だったはずですが、コツコツと実力を積み上げてきた伊藤有希選手は、その粘り強さと静かに秘めた闘志がきらりと光る素敵な女の子に育ちました。

普段はおっとり天然な面が目立ちますが、感情を素直に表した愛嬌のある笑顔や表情、誰に対しても誠実で分け隔てない受け答えがとてもかわいいのです。

引用元:https://news.livedoor.com/article/image_detail/8013653/?img_id=5268392

ノルディックスキーのジャンプ競技は、他の誰よりももっと速く!もっと先へ!とアグレッシブなメンタルが要求される競技にも関わらず、伊藤有希選手はいつも自分に納得できるような記録を残したい、として、清々しく、そして力強いジャンプを見せてくれています。

引用元:http://www.ntv.co.jp/power/backnumber171015.html

そうした自分のなかの積み重ねが、今のブレないジャンプとにこやかなかわいい表情を作り出しているのかもしれませんね。

伊藤勇希の高梨紗羅に対する態度が評判に!

同じ地域で同じ競技をしていた高梨紗羅選手と伊藤有希選手は幼馴染なのだそうで、年下の沙羅選手が競技者として台頭してきたときには、その間に複雑な感情が生まれてもおかしくないと思われるほどの近さでした。

引用元:https://www.asahi.com/articles/ASJDL4SJPJDLUTQP00Z.html

そんな中でも、高梨沙羅選手や周囲に対して全く態度が変わらなかった、という伊藤有希選手。

いつも穏やかで思慮深く、ライバルであっても共に戦う仲間ということで、とても大切に思っているのが伝わってきます。

引用元:https://mainichi.jp/graphs/20170805/hpj/00m/050/002000g/1

自分の目標に向けて、自分を高めていくために頑張っているアスリートは、他者を妬んだり羨んだりする暇もない、ということなのかもしれません。

そんな真っ直ぐな姿勢が彼女の記録・結果に直結し、ファンならずとも頑張る姿を応援したくなってくるのでしょう。

引用元:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO18203420Y7A620C1US0000/

周囲を大切にする人は、周囲からも大切にされる___そんな彼女のまわりには素敵な仲間が集まってくるのがわかる気がします。




伊藤勇希の弟の伊藤将充選手もジャンプ選手!?

4歳年下の伊藤将充(まさみつ)選手も伊藤有希選手と同じ土屋ホームに所属し、ジャンプ選手として活躍しています。

引用元:https://hochi.news/articles/20181214-OHT1T50315.html

将光選手も下川ジャンプ少年団時代から有望株として知られ、高校時代には全国大会で優勝し、2016年2017年にはジュニア世界選手権で団体・銅メダルを取り、現在では伊藤有希選手と同じく土屋ホームに所属して葛西紀明監督のもとで研鑽を摘んでいます。

引用元:https://news.jsports.co.jp/ski/article/20161107165054/

伊藤姉弟の身近にして最初の指導者である父親の克彦さんがノルディック複合で1988年~1989年とワールドカップに出場、叔父の直人さんが90年代にジャンプでワールドカップに出場、母真智恵さんもアルペン競技で全国大会上位入賞経験者ということで、素質は十分に持っているうえに、幼い頃から練習を積み重ねてきた成果が表れていると言えますね。

伊藤有希選手の出身高校は?

北海道下川商業高等学校は、伊藤有希選手・将充選手の出身高校です。

引用元:https://matsushima-biz.com/ito-yuki-kawaii-12948

伊藤有希選手らの出身地である下川町にある北海道立の公立高校で、スキー部が大変有名であり、ジャンプ、ノルディック複合の競技に於いては全国トップレベルの実力者を輩出しています。

寮もあり、全国からその環境を求めて選手が集まる中で、まさに地元出身の伊藤有希選手は身近に素晴らしい環境があったと言えるでしょう。

引用元:https://number.bunshun.jp/articles/-/88477

そんな中で、伊藤有希選手は在学中に世界選手権に出場するなど、優れた功績を残しています。

まとめ

本人曰く「女子力がない」、という伊藤有希選手ですが。。

確かに高梨紗羅選手がこの数年でメイクやヘアスタイルに劇的な変化があったことに比べると、地味な印象があるようです。

引用元:https://www.sora-ten.com/itoyuki-takahashisara-taido/

しかし、どちらかと言うと控えめな性格の伊藤有希選手は、いつもアスリートらしいナチュラルメイクで、その笑顔のチャーミングさ、くるくるとかわる愛嬌のある表情がかわいい!と言われるキャラクターです。

まわりが変わっても、確固たる自分を堅持しているところが彼女の強みなのかもしれませんね。

次の北京オリンピックに向けてコマを進めている伊藤有希選手の今季の活躍にも期待していきましょう!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする