森さくらの奇声がすごい!かわいい画像はある?ラケットや卓球の戦績は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

今回ご紹介するのは卓球森さくら選手

東京オリンピックでメダルが期待されている卓球競技ですが、昨年から日本初のプロリーグ「Ꭲリーグ」も開始され、より卓球への注目が集まっています。

そんなᎢリーグで一際目立つ奇声をあげる女子選手が、全日本で準優勝の実績をもつ、日本生命所属の森選手ですが、「奇声って?」と疑問を持つ方が多いと思います

そんな森さくら選手のかわいい画像や奇声をあげるほどの熱いプレースタイル、そして愛用ラケットやこれまでの卓球の戦績などに迫っていきましょう。




森さくらプロフィール

引用:https://tleague.jp/team/nissay-redelf/player/?season=2019&pno=3

名前 : 森さくら

生年月日 : 1996年4月17日(現在23歳)

出身 : 大阪府大阪市

中学 : 青森山田中学校(青森)

高校 : 昇陽高校(大阪)

所属 : 日本生命

森さくらが奇声!?プレースタイルが凄い!

さて気になる森さくら選手の「奇声」とは、森さくら選手が点数を取る度にガッツポーズや声を出して自分をこぶする際に発するものです。

特に試合の勝利の瞬間に出す声が印象的で、まさしく奇声」と呼ばれています。

引用元:http://www.asahi.com/sports/gallery/0505table-tannis/071.html

Ꭲリーグでは勝利の度に大きなガッツポーズとともに奇声を出して喜んでいます。

会場中に響き渡る声なので、全日本卓球選手権では 声だけで「森さくら選手が試合をしているな」とわかるほどです。

ちなみにこの奇声はいつから発しているのかというと、中学時の全国中学校大会にはすでにこの奇声をあげていました。

森さくら選手にとってこれは一つのルーティンになっているのかもしれませんね。

プレースタイルは右シェーク裏裏の攻撃マンで、両ハンドで威力があるボールを打つ選手です。

とても豪快なプレースタイルで男子に引きを取らないボールを打ちます。

引用元:https://www.mizuno.jp/tabletennis/news/zennihon/post-199.html

奇声やプレースタイルが気になる方はᎢリーガや1月に行われる全日本卓球選手権の会場に足を運んでみられてはいかがでしょうか。

森さくらがかわいい!画像はこちら

「奇声」を発するほどの熱いプレースタイルが注目される森選手ですが、ルックスもとてもかわい選手です。

いくつか画像を見てみましょう。

引用元:https://twitter.com/

関西出身で、高校卒業後プロになり現在23歳の森さくら選手。

髪はロングで色も染めていて大人っぽい印象が見受けられます。

引用元:https://twitter.com/

日本生命所属のチームメートである平野美宇選手とはとても仲がいいようです。二人で行動する時間も多いのではないかと思います。

引用元:https://twitter.com/

森選手のインスタグラムには、平野美宇選手との画像が載せられていて、二人の親交は深いことがわかります。

お揃いのパジャマも着ていて平野美宇選手は可愛らしく、森さくら選手は大人っぽい印象が見受けられます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

. お揃いパジャマ👗🍒

森さくら(@mori_sakura.kitty)がシェアした投稿 –

皆さんはどちらが好みでしょうか?w




森さくらのラケットやラバーは?

森さくら選手のこれまでの主な戦績として、2015年に全日本選手権のシングルスで準優勝を果たし、その年の世界選手権の代表になっています。

そして、世界選手権では団体のメダル獲得に貢献しています。

引用元:https://www.daily.co.jp/general/2014/05/06/0006935644.shtml?ph=1

ダブルスの成績はあまり無いと思われましたが、11月に行われたᎢリーグでは前田美優選手とダブルスを組み見事勝利を収めていて、ダブルスでも本領発揮をしています。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191124-00000014-rallysv-spo

そんな素晴らしい戦績のある森選手の愛用ラケットラバーを調べてみました。

豪快な両ハンドを打つ森さくら選手のラケットは、ニッタク社のトルネードキング

そしてラバーフォア面キョウヒョウneo3バック面ミズノ社のGFproを使用しています。

フォア面に中国製のラバーを使用していますが、これはパワーがないと使いこなせないラバーであり、森選手の力強さがしっかりとボールに伝わる用具となっています。

森さくらのTリーグでの戦績は?

森さくら選手の奇声が風物詩ともなっているᎢリーグの戦績は、(11月終了時)5勝5敗と勝率50パーセントを記録しています。

引用元:https://www.mizuno.jp/tabletennis/players/mba/morisakura.aspx

日本の石川佳純選手や早田ひな選手も出場していて、中国選手を除いた世界各国のトップ選手も所属して試合に出ている、(中国スーパーリーグを除けば)世界で一番レベルが高いリーグでのこの成績は大変すごいと言えます。

そのリーグで勝率50パーセントという戦績は、「世界で戦えるレベル」だと明しているといっても過言ではないでしょう。

そんなハイレベルの試合が展開されるTリーグですが、2019-2020シーズンも8月末の開幕から全国で熱戦が繰り広げられています。

引用元:https://rallys.online/topic/tleague/191228nagoya-nissei/

引用元:https://tleague.jp/gallery/article/3399/?tag=森さくら

森さくら選手が所属する日本生命も、12月30日には東京都立川で石川佳純選手率いる木下アビエルと対戦しました。

Ꭲリーグは試合の前の日にベンチメンバーを発表するので、直前まで出場選手はわかりませんが、世界最高峰のプレーを間近で見れるのは確実なので、一度は見に行ってはいかがでしょうか?

森さくら選手が確実に見れる試合が直近でもう一つあります。

それは1月13日から19日まで行われる全日本卓球選手権です。

大阪府の大阪市中央体育館で行われます。

日本1を決める一年に一度のビックイベント、金、土、日には多くのお客さんが入ります。

ぜひ見に行きましょう!

まとめ ~森さくらの実力は世界で通用する!?

Ꭲリーグでの勝率を見ると世界で戦える実力はあると見受けられます。

しかし、11月に行われたグランドファイナルというツアーファイナルの出場選手を見てみると、16人中、日本人が4人台湾が1人、他11人が中国人と圧倒的に中国人が過半数以上を占めています。

これを見ていると、世界で通用するには中国人に勝たないと上には確実に行けないことがわかります。

しかしながら、森さくら選手は対中国人選手の対戦成績はよくありません。

この壁を打ち崩さないと世界で戦えなくなってしまうというレベルが高い要求をされています。

引用元:https://twitter.com/

また日本の若手の台頭が著しく、若手に多くの経験を積ませるため、プラツアーに選ばれなくなってきているのも事実です。

世界ランキングの最高が17位と一年半前ではありますが、実力は確実にあります。

引用元:https://www.tv-tokyo.co.jp/tabletennis/news/2017/02/001568.html

来年の全日本卓球選手権で多くの強敵をなぎ倒して自己最高成績の優勝をすることができれば世界で戦う機会がもっと増え世界のトップになる日もあるかもしれません。

今後の森さくら選手の健闘を心から見守りたいと思います!!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする