紀平梨花のすっぴんや私服画像がかわいい!衣装やフリー・ショート曲もチェック!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

もう彼女を知らない人はいませんね!

今回ご紹介するのは、フィギュアスケーター紀平梨花選手です。

四大陸選手権、男女シングル史上初の連覇&世界ランキング、堂々の1位!

まだシニア2季目なんて信じられない成長ぶりに驚かされます。

有無を言わせぬ実力と、ほんわかとしたかわいいルックス。

今回は、リンクを降りれば現役女子高生チックな紀平選手のすっぴんや私服などのプライベートや、本業で魅せるスケートウェア(衣装)や、フリーショート演技曲などもご紹介していきます。




紀平梨花のプロフィールと経歴

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/紀平梨花

生年月日:2002年7月21日

出身地:兵庫県西宮市

身長:153センチ

出身校:西宮市立上ヶ原中学校→N高等学校在学中

所属:関西大学KFSC

紀平選手は3歳の頃にスケートと出会い、5歳からスケート教室に入りました。

初めは数あるお稽古事のうちの1つという感じだったらしいのですが、当時のコーチが彼女の非凡な才能を見出し、土日は最低6時間、平日も2時間という練習漬けの日々が始まったそうです。

引用元:https://twitter.com/

学校の昼休みですら、リンクに通っていたというエピソードもあります。

14歳からは宮原知子選手を指導している濱田美栄コーチに師事。

そして14歳65日で、女子では史上7人目となる「3回転アクセル」に成功します。

これは史上最年少の快挙です!

引用元:https://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK60699_U6A920C1000000/

高校は通信制のN高等学校に進学。

同じ年の2018-2019シーズンからシニアデビューしています。

そこからの活躍はもう「衝撃!」の一言ですね~。

日本人シニア1年目にしてグランプリファイナル制覇を達成したのは、あの浅田真央さん以来13年ぶりのこと。

引用元:https://www.tv-tokyo.co.jp/sports/articles/2018/12/003285.html

四大陸選手権の連覇は男女(シングル)を通じて史上初です。

これでまだ“発展途上”とのこと。

何てったって、まだまだ高校2年生ですからね。

将来が楽しみすぎます。

紀平梨花のすっぴんがかわいい!

現役女子高生で世界ランキング1位…ついつい、普段はどんな女の子なのか気になるトコロ!

試合の時はバッチリメイクですが、すっぴんってどうなんでしょう?

引用元:https://news.livedoor.com/article/detail/15732625/

メイクを落とすと「あれ?」なんてことはなく、すっぴんも相変わらずかわいいです。

むしろ、お化粧をしている時とのギャップで、より可愛らしさが増している気もします!

小さなお顔にパーツのバランスも良くて、整っているといった印象です。

引用元:https://www.daily.co.jp/general/2018/09/07/0011617275.shtml

何しろバツグンに色白なのが羨ましい限り。

小顔、整った顔立ち、透き通るように白い肌。

「お人形さんみたい」と言われているのも頷けます。

引用元:https://twitter.com/

ネット上では「すっぴんだと別人」みたいな声も聞かれますが、うーん、そうですか…?

もしかすると、そう感じる人は、紀平選手の目元が気になっているのかもしれません。

紀平選手の目は、どちらかと言えばパッチリ二重というよりは和風美人な切れ長です。

切れ長さんは化粧映えするタイプなので「すっぴんだと別人」という印象になってしまうのかな、と思いました。

試合の時のバッチリメイクでは凛としたイメージで、すっぴんの時はナチュラルキュートなイメージ!

紀平選手の素顔は、年相応な17歳らしい、あどけない可愛さです。

その素朴さ、ずっと変わらないでほしい!




紀平梨花の私服画像も気になる!

さて、そんな紀平選手ですが、私服も気になります。

ネット上ではたくさんの私服画像を見ることができますね。

彼女自身のSNSにも、私服を着た画像が多数アップされていますよ~。

やっぱり多いのはジャージ姿!

競技が中心の生活ということで、スポーツブランドのウェア多めです。

引用元:https://twitter.com/

あとフィギュア関係だと、試合後のバンケットでのドレッシーな装いの紀平選手がアップされています。

タイトなシルエットが大人っぽい!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#NHK杯 #banquet

Rika Kihira 紀平梨花(@rikaskate0721)がシェアした投稿 –

いろんなトップスケーターとのオフショットもあり、チェックしてみると楽しいです。

よりプライベートに近い画像だと、このステラ・ルーを抱っこしている写真でしょうか?

東京ディズニーリゾートに行ったときに撮ったようで、フリルたっぷりのガーリーなコーデです。

引用元:https://twitter.com/

他の私服姿の画像でもフリルやレースの服をしばしば見かけるので、女の子らしいアイテムを愛用していると推察します。

紀平梨花のスケート衣装が美しい!

フィギュアスケートの演技では様々な表情で観客を魅了する紀平選手。

衣装も非常にバラエティ豊かで、美しく、彼女のスケートに華を添えています。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191121-00000090-dal-spo

シニアデビューの去年は16歳らしく「THE・清楚」といった妖精のような衣装を着ていましたが、今季はショートもフリーもグッとオトナのイメージですね!

調べてみると、衣装制作会社「チャコット」と、フリーランスデザイナー・伊藤聡美さんが紀平選手の衣装を手掛けているそうです。

チャコットも伊藤さんも、有名スケーターの衣装を担当していることで知られています。

紀平梨花のフリー・ショート曲は?

そして、衣装とともにフィギュアの演技において注目されるのが曲目です。

今季の紀平選手の曲目と振付は以下の通り。

<ショートプログラム>

・曲目:ブレックファスト・イン・バグダット

・振付:シェイリーン・ボーン

「ブレックファスト・イン・バグダット」は、韓国出身の女性ジャズシンガー、ユン・スン・ナ(ナ・ユンソン)の曲です。

シェイリーン・ボーンは、羽生結弦選手の「SEIMEI」を振付しました。

<フリースケーティング>

・曲目:インターナショナル・エンゼル・オブ・ピース

・振付:トム・ディクソン

「インターナショナル・エンゼル・オブ・ピース」は、世界の宗教音楽を織り交ぜた曲で、世界平和への願いがテーマとなっています。

トム・ディクソンは昨シーズンのFS「ビューティフル・ストーム」に引き続き、振付を担当しました。

まとめ

来季はもちろんのこと、やはり2022年の冬季北京五輪の金メダルを期待してしまいます!

四回転ジャンプの成功も、そう遠くはなさそうです。

引用元:https://www.tv-tokyo.co.jp/sports/articles/2019/03/003764.html

紀平選手の今後から目が離せません!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする