入学祝いをいただいたらお返しは必要?返すならいつまで?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

こんにちは。らいふれんどです!

今日は、入学祝いのお返しについて書いてみたいと思います。

季節的に程よいテーマですよね 😀 

年賀状などで「いよいよ息子が4月から小学生(中学生)です」「娘が受験で大変です」などと親戚や親しい友人に報告をしていると、後に入学祝いをいただくことがあると思います。

報告する側としては、純粋に子どもの成長や自身の近況を伝えたいとの思いからなのですが、親戚などにとっては「お祝いをしておかなければ」という場面になるようです。

通常、結婚や出産のお祝いをいただいた場合には「内祝い」として、お返しをするのが一般的ですが、入学祝いの場合にはお返しは必要なのでしょうか?お返しをするとしたら、いつまでにするのがいいのでしょうか?

       スポンサーリンク




入学祝いにお返しは必要なの?

入学祝いというものは、学校に進学したお子さん自身に贈るものという考え方が一般的です。

入学祝いを贈った方にとっては「子どもにおめでとうの気持ちを伝えたい」だけであり、収入のない子どもからお返しをもらおうという考えはない、というのがその理由です。そのような贈り主の考えを尊重すれば、入学祝いについては「お返しは必要ない」という結論が出てきます。

ですが、祖父母ならまだしも親戚や親の友人からいただいたお祝いにお返しをしないというのは、少し気が引けてしまう方も多いのではないでしょうか。(お祝いをいただいた際に「お返しは要らない」と言ってくださった方には贈る必要はありませんが・・・)

お祝いをくださった方に「お祝いして良かった」と思っていただける入学祝いのお返しについて、時期や方法を紹介していきます。

入学祝いをいただいたらやっておきたいこと

入学祝いをいただいたらなるべく早く、可能であれば子どもから相手方に電話や手紙・ハガキで「ありがとう」の思いを伝えるようにします。子ども自身がお礼を伝えられなかったり相手に面識がない場合などは、親が代わりにお礼を伝えるようにしましょう。

きちんと「お祝いを受け取りました」という報告もかねていますので、お返しを贈る必要がない方にも忘れずにお礼を述べておきます。

加えて、誰からいつ何をいただいたのか、お返しは必要なのかどうかをきちんとメモしておくようにしましょう。後日、お返しを贈る際に役立ちます。

入学祝いのお返しはいつまでにどんなものを贈ればいい?

入学祝いをいただいた方々へのお返しは、入学式を終えてから入学式の写真を添えて贈ようにすると、相手方に喜ばれます。学校生活の始まりは家族も含めて落ち着くまで時間がかかるかもしれませんが、遅くても入学から1か月以内(GW明けくらいまで)に相手方に届けるようにしましょう。

お返しを贈る際には、現金や商品券でお祝いをいただいた方には「いただいたもので○○を買いました」と、使用用途を知らせることも大切です。子どもの入学式が無事に終えられたこと、いただいたお祝いが子どもの役に立ったことを相手方に報告するのがポイントです。

お返しの品(入学内祝い)としては、ご当地グルメや日持ちのするスイーツ・コーヒーや紅茶などの嗜好品を贈ると良いでしょう。品物の金額としては、いただいたお祝いに対して、1/3~1/2程度の金額を目安とするのがおすすめです。いただいたお祝いと同等・それ以上の金額のものは相手方に失礼になってしまいますので、注意が必要です。

まとめ

わが子の進学にあたり親戚や友人から入学祝いをいただいた場合に、どのように対応をすればいいかを紹介しました。

子どもへのお祝いでお返しを待っている方はいませんが、やはりお礼の電話・手紙・ハガキなどは礼儀としておこなっておく必要があります。また、お返しをするのであればいただいたものに合わせて入学式の写真とともにちょっとしたギフトを贈るようにしましょう。

では、今回はこのへんで。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする