らっきょうの簡単な漬け方ご紹介。漬ける時期や方法は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

こんにちは。料理男子らいふれんどです!

今日は、Deliious Meal編として「らっきょうの漬け方」について書いてみたいと思います。

カレーライスの付け合せや、漬物として楽しむことができるらっきょう漬け。あのシャキシャキとした食感がたまらない!という方も多いのではないでしょうか。

生のらっきょうは4月頃から店頭に並び始めますが、6月には旬が終わり、あっという間に見かけなくなってしまいます。この時期にしか手に入らない旬のらっきょうを使って、自家製のらっきょう漬けを作ってみませんか?

簡単にらっきょう漬けを作る方法・らっきょうを漬けるのに最適な時期などを紹介します。




らっきょうの旬は5~6月

新鮮な生のらっきょうを入手しようと思うなら、4月頃からスーパーをこまめにチェックするようにしましょう。流通の旬となる時期5月~6月です!らっきょうの旬は梅雨と同じくらいの短い間だけです。見逃さないようにしましょう。

生のらっきょうを見つけたら、全体的にふっくらとして丸くなっているものを選ぶようにしましょう。また、粒の大きさがそろっているものを選ぶこともポイントの1つです。粒の大きさがそろっていると、漬けた時に味のバラつきが出にくくなります。

また、らっきょうの芽が出ていないものを選ぶようにしましょう。らっきょうは成長速度が早いため、出荷から時間がかかっていると芽が出てきてしまいます。芽のないものの方が新鮮という目安になります。

そして、新鮮ならっきょうを購入することができたら、鮮度の高いうちにらっきょう漬けを作りましょう!

らっきょうの簡単な漬け方

では、らっきょうの漬け方を紹介します。

◎用意するもの

らっきょう 1㎏

塩 大さじ2

赤唐辛子 4本

米酢 600ml

砂糖 200g

塩 小さじ1

保存ビン 1つ

◎漬け方

らっきょうを手早く水で洗い、土を落とします。キッチンペーパーなどで水気を切ります。

らっきょうの芽・根元を浅く切り落とします。

らっきょうの外側についている薄い皮をむきます。

ボウルにらっきょうと塩を入れ、ボウルを上下に振りながららっきょう全体に塩をまぶします。ボウルにラップをかけて、1時間ほど室温で置いておきます。

④で塩をまぶしたらっきょうをサッと水で洗い、キッチンペーパーなどで水気をしっかりとふきとります。

らっきょうを新聞紙などの上に広げて1時間、乾燥させます。

鍋に米酢・砂糖・塩を入れて煮立たせ、砂糖が溶けたら火を止めて冷まします。

清潔にした保存ビンにらっきょうと唐辛子を入れ、7で作った甘酢をらっきょうが浸かるまで入れます。

しっかりとふたを閉めて直射日光の当たらない場所に保管します。

浅漬けであれば仕込から約10日ほどで、食べられるようになります。しっかりと浸かったものが好きであれば1か月後頃が食べ頃です。

慣れてきたら、甘酢の味を自分の好みに合わせて調節してみると楽しみがより一層増えます。

保存ビンかららっきょうを取り出した後に残るらっきょう酢は、マリネやタルタルソース・ドレッシングなどいろいろな料理に利用することができます。ぜひ活用してください。

まとめ

梅雨の時期が旬のらっきょうを、新鮮なうちにおいしく漬ける方法を紹介しました。

実はらっきょうには食物繊維が豊富に含まれていて、毎日少しずつ摂取することで腸の調子が良くなる効果が期待できるんです。

ぜひ自家製のらっきょう漬けを作って、楽しんでください。

では。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする




コメント

  1. 小林保 より:

    らっきょう漬けを初めて作ろうと思います。一番簡単な方法を選択しました。上手く出来る事を祈ります。

    • sey より:

      小林様
      コメントいただきありがとうございます。記事では一番簡単な方法をご紹介しました。
      いい味に浸かるといいですね!