さくらんぼ狩りを楽しもう!関東なら群馬がおすすめ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

こんにちは。らいふれんどです!

ここ最近の投稿で、らっきょうやそら豆を調理してより美味しく食すためには、スーパーなどの店頭に並ぶ旬の時期を逃さないことが大事です、ということを書いてきましたよね。

これは、野菜や果物など特に調理する必要なく食べられるものも同様ですが、その旬をより楽しみたいと思うなら「味覚狩り」に行かれることをおすすめします。

もちろん、スーパーなどでも新鮮な野菜・果物は入手することができますが、木や苗から直接採って食べることができる味覚狩りでいただくものは、やっぱり味が違いますし、なんと言っても風情があるじゃないですか。

そこで、今回は、これからレジャー計画を立てるうえでちょうど手ごろな時期となる6月頃がおすすめの「さくらんぼ狩り」について、紹介をしたいと思います。

お勧めしたい名所は日本全国にありますが、今回ご紹介する地域は関東そして都道府県は群馬です!




群馬県はフルーツ王国

日本全国47都道府県の中で、認知度や魅力度が低い(40位台)と言われている群馬県ですが、実はフルーツがたくさん採れる県であることはご存知でしょうか?

いちご・ブルーベリー・さくらんぼ・桃・梨・ぶどう・りんご・栗など、一年を通して様々な種類のフルーツが育てられています。

そして、たくさんの農園がその場で味覚狩りを楽しめる「フルーツ狩り」を体験させてくださいます。木で熟した果実をその場で味わうことができるフルーツ狩りは、一度体験すると病みつきになってしまいます。

6月からシーズンを迎えるのは、さくらんぼです。高級品種として有名な「佐藤錦」もさくらんぼ狩りなら食べ放題!

東京から自家用車利用で日帰りで楽しむことができるさくさんぼ狩りを、家族や同僚・恋人などと楽しんでみてはいかがでしょうか。

群馬県でおすすめのさくらんぼ狩りスポット紹介

群馬県内でも、さくらんぼ狩りにおすすめのスポットは沼田市とみなかみ町です。どちらも東京から車で約2時間半で着きますので、日帰りもOK!それぞれの地区で、代表的な農園を紹介します。

◎沼田市

東京・練馬ICから関越道を新潟方面に北上、沼田ICで下りると沼田市に着きます。

♣美果実フルーツ園(沼田市上発知町1888)

>>HPはこちら

6月中旬~7月中旬にかけて、正光錦・紅さやか・佐藤錦などの品種を堪能することができます。

♣さくらんぼの斉藤園(沼田市上発知町2192)

>>HPはこちら

6月中旬~7月中旬にかけて、さくらんぼ狩りを楽しむことができます。ペットとの入園も可能な農園です。

♣果実の里原田農園(沼田市横塚町1294)

>>HPはこちら

6月上旬~7月中旬にかけて、高砂・ナポレオン・紅秀峰などの品種を楽しむことができます。

◎みなかみ町

東京・練馬ICから関越道を新潟方面に北上、月夜野ICで下りるとみなかみ町に着きます。

♣月夜野まるか園(みなかみ町下津1562)

>>HPはこちら

6月中旬~7月中旬にかけて5か所の栽培園で17品種ものさくらんぼを楽しむことができます。

♣たくみの里たにがわ園(みなかみ町東峰372-2)

>>HPはこちら

6月中旬~7月中旬にかけて低農薬で育てられたさくらんぼを味わうことができます。

沼田市・みなかみ町ともに、上記以外にもたくさんの農園があります。食べられる品種・時期などが園によって異なりますので、事前に調べてからお出かけください。

さくらんぼ狩りの価格や体験時間は?

さくらんぼ狩りは農園にもよりますが、大人は約1,500円子どもは約1,000円で楽しむことができます。体験時間は約30分ですが、厳密に時間をチェックされることはなく自己申告制のところが多いです。(とはいえ30分間もさくらんぼを食べていれば満腹になります)

その年の気候によって実のなり具合が変わるため、開園時期・時間・価格や体験時間などは事前に各農園のHPなどで確認しておくとスムーズです。

栽培されているさくらんぼの品種も各園によって異なりますが、木には品種の明記がされていないことが多いようです。そのため、「値段の高い品種を食べたい」と思うより、自分が「おいしい」と思った木のさくらんぼを食べるのがおすすめです。

さくらんぼの木は背が高く、日当たりのいい部分の実がジューシーで甘いという特徴があります。たいていの農園では、体験者が自由に使うことができる脚立を用意してくれています。動きやすい服装で出かけるのもさくらんぼ狩りを満喫するにはポイントとなります。もちろん、低い位置になっている実もありますので、お子さんでも背の届く範囲でさくらんぼ狩りを楽しむことができます。

また、お土産用の容器に自分で採ったさくらんぼを入れて持ち帰ることもできます。重さで値段が変わりますので、さくらんぼを持ち帰りたい方は事前に値段を確認しておくようにしましょう。

まとめ

首都圏から日帰りでさくらんぼ狩りに出かけるのにおすすめの、群馬県のスポットを紹介しました。

ジューシーで甘みのある、ぷりぷりのさくらんぼを食べ放題で楽しむことができるさくらんぼ狩り。大人も子どもも楽しめますので、ぜひ体験してみてください。

さくらんぼを食べた後の種をプッと好きなところに飛ばして捨てられるのも、さくらんぼ狩りならではの風情の1つです。家族や友達と種の飛ばしあいをするのも楽しいですよね!

うーん、記事を書いていたら、さくらんぼが食べたくてしょうがなくなってきました、、

6月が待ちどおしい、、今年はどの園に行こうかゆっくりと考えます!

では、今回はこのへんで!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする