玉ねぎは保存ができる野菜です!その方法・期間は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

こんにちは。料理男子らいふれんどです!

一年を通して購入することができる玉ねぎは、和・洋・中どのような料理にも使うことができるため、常備野菜になっているご家庭が多いのではないでしょうか。また、生でも煮ても炒めてもおいしくいただけますね。

時々、特価で箱売りなどされているのも見かけますが、「保存できないし・・・」と買いそびれてしまっていませんか?玉ねぎは上手に保存すれば、約半年はもつ野菜です。(新玉ねぎは除きます…)

そこで、意外と知らない玉ねぎの上手な保存方法とその期間をご紹介したいと思います。




玉ねぎの保存は常温で!天敵は「湿気」

玉ねぎには、パリッとした茶色い皮のついた一年中手に入る「玉ねぎ」と、春先に見られる白や黄色っぽいやわらかい皮のついた「新玉ねぎ」があります。どちらも同じ玉ねぎですが、新玉ねぎには水分が多いという特徴があります。

水分が多く含まれている新玉ねぎは傷みが早いので保存することは考えず、できるだけ早めに食べることをおすすめします。みずみずしさが特徴ですので、新鮮さを楽しんでいただきましょう。

多くの野菜は保存する際に湿気を保ちながら保存するというのが定番になっているかと思いますが、玉ねぎの場合は少し違います。どちらかと言うと「湿気は天敵」で、乾燥させておくのが長期保存のポイントです。

具体的にどのように保存するのがいいのか、詳しく見ていきましょう。

玉ねぎの上手な保存の仕方

玉ねぎを上手に保存するためには、ちょっとしたポイントがあります。買ってきた丸ごとの玉ねぎ・使いかけの玉ねぎなど、いろいろな状態での保存方法とその期間をお教えします!

◎丸ごとの玉ねぎ

玉ねぎはスーパーなどでネットに入れられて売られていることがありますが、ビニール袋に入っていることもあります。もし袋に入っていたら、購入後は袋から出すようにしましょう。少しでも通気性をよくした方が長持ちします。段ボールなどに入ってるものは、ある程度通気性はありますが、玉ねぎ同士がくっついている部分が傷みやすくなります。

そんな時には「吊るして保存」するのがおすすめです。

♣ストッキングで吊るして保存

使い古しのストッキングやタイツに玉ねぎを1つ入れたら、結びます。結び目の上に次の玉ねぎを入れて、また結びます。この方法で、いくつかの玉ねぎをストッキングの両足に入れてベランダなど風通しが良い日の当たらない場所に吊るします。

玉ねぎを使う際は、下に吊るしたものから順に袋をハサミで切り破って使っていきましょう。

どうしても吊るすことができない場合は、玉ねぎ1つ1つを新聞紙で包み、カゴや段ボール箱に入れておきます。玉ねぎ同士が直接触れ合わないことで湿気がこもりにくくなり、長持ちします。

梅雨から夏にかけての湿度が高い時期には、冷蔵庫の野菜室に入れるのがおすすめです。

保存期間は、

・常温保存:数か月

・冷蔵庫:1~2ヶ月

と、冷蔵庫保存の方が短くなることを知っておきましょう。

◎カットした玉ねぎ

調理過程で出てしまったカット済みの玉ねぎも、ひと工夫して保存することで劣化を防ぎましょう。

♣カットしたもの

切り口が空気に触れないように、ぴったりとラップを貼りつけ、冷蔵庫の野菜室に保存します。できるだけ早く使い切ってしまうのがベストですが、保存期間としては1週間程度となります。

♣スライスした玉ねぎ

切り口から劣化が始まるので、チャック付きの保存袋など(なければタッパー)に入れて中の空気をしっかりと抜いて冷蔵庫に入れて保存します。保存期間は3~4日程度です。

玉ねぎは冷凍保存できる?

玉ねぎは買ってきた状態のものであれば、常温で風通し良く置いておくと保存ができます。ですが、平日の家事にかかる時間を短縮したい場合などは週末などにカットだけして冷凍保存しておければ便利ですよね。

では、玉ねぎは冷凍保存できるのでしょうか?

◎スライスorみじん切りで冷凍保存

玉ねぎをスライスあるいはみじん切りにし、チャック付きの保存袋に入れて冷凍保存します。初めから1回ずつの使用量に小分けしてもいいですし、使いたい時に使いたい分だけを割って調理に使ってもいいですよ。

解凍後の玉ねぎは繊維が壊れているため、シャキシャキ感がなくなります。煮物・炒め物・飴色玉ねぎを作るのにおすすめです。冷凍した玉ねぎの保存期間は約1か月と考えましょう。袋に冷凍した日付を記入しておくと忘れることがありません。

◎調理後に冷凍保存

スライスやみじん切りにした玉ねぎを先に飴色に炒めてから冷凍保存もOKです。平日の夕食にカレーやシチュー、オニオンスープなどを作りたい時の時短になります。飴色になるまで時間をかけて炒めたら、しっかりと冷まして保存袋に入れて冷凍します。

保存期間は約1か月です。

まとめ

色々な料理に使うことができる玉ねぎ。安い時にたくさん買っておければ、家計的にも嬉しいですよね。せっかく安く購入したたくさんの玉ねぎを傷めずに長く保存する方法を紹介しました。

さっそく今日から実践してみてください。

では、このへんで!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする