熱中症予防にはこれ! ~食べ物・飲み物編。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

こんにちは。らいふれんどです!

今回は熱中症のお話です。

ここ数年、非常に暑い夏が続いていますね。。まさに毎年「猛暑」にさらされているわけですが、暑さによる脱水症状で、立ちくらみがしたり、吐き気、頭通などの熱中症の症状に見舞われる方々が年々増えてきています。

特に、スポーツ、レジャーなどのアウトドアシーンにおいては、きちんとした対策をとらなければ重篤な体調不良に陥ることも覚悟しなければいけませんね、、

ですので、今のうちから猛暑対策の知識を頭に浸透させて、酷暑の夏を気持ちよく乗りきりたいものです。

そこで、今回は熱中症予防に効果があると言われている食べ物・飲み物についてご紹介したいと思います!




熱中症はなぜ起きる?

熱中症を予防するためには、まず熱中症がなぜ起きるのかを知っておきましょう。

◎体の熱が逃げない

わたしたちの体は、寒い場所ではブルブルと筋肉を震わせることで熱を作り体温を上げようとしますし、暑い場所では汗を出して気化熱を利用して体温を下げようとしています。こうして、体温はだいたい36℃くらいになるように調節されています。

ところが、気温の高い場所・湿度の高い場所に長くいてしまうと、体温を調節してくれる機能がうまく働かなくなり、体にたまった熱が逃げなくなってしまいます。大量に汗をかいて体内の水分・塩分が不足するとめまい・吐き気・頭痛などの熱中症の症状が出てしまいます。

◎温度と湿度

夏の暑い日に、外に長時間いると立ちくらみやめまいを感じることがあります。そのような時は日陰で風通しのいい場所で休憩をとる必要があります。また、室内でも湿度が高く風通しが悪い場所にいると、熱中症を発症することがあります。「室内にいるから安心」ということはありません。

体から失われた水分と塩分をしっかりと摂って、適度な温度・湿度の整っている環境にいることが熱中症予防のポイントになります。

熱中症予防に効果がある食べ物は?

熱中症を予防するためには、さきほどお伝えした水分・塩分以外にもカリウム・ビタミンB1/C・クエン酸・抗酸化成分などの栄養素を摂るのがおすすめです。栄養素別に、どのような食品に多く含まれているのかを紹介します。

♣カリウム

汗をかくと塩分とともに体外に出てしまうのがカリウムです。カリウムには水分を保持する役割があるため、体から失われると脱水症状が起きやすくなります。

じゃがいも・ソラマメ・いんげん豆・小豆・ほうれん草・パセリ・海苔・ひじきなどに多く含まれています。

♣ビタミンB1

体に疲れを溜めにくくしてくれる役割があるのがビタミンB1です。夏バテ特有の「体がだるい」を避けるためにも、しっかりと摂っておきましょう。

豚肉・うなぎ・玄米・大豆・大豆製品・モロヘイヤ・海苔などに多く含まれています。

♣ビタミンC

免疫力を高めるためにとっておきたいのがビタミンCです。熱中症だけでなく日焼けによるシミ・そばかすの予防、美白などにも効果があります。熱に弱いという特徴があるので、加熱せず生で摂取するのがおすすめです。

レモン・オレンジ・グレープフルーツなどの柑橘類、キウイ・スイカ・トマト・パプリカ・ブロッコリーなどに多く含まれています。

♣クエン酸

疲れを感じる原因となる乳酸の発生を抑えたり、疲労回復に役立ってくれるのがクエン酸です。ビタミンB群・ミネラルの吸収を促進してくれる効果もあると言われています。

レモン・オレンジ・グレープフルーツなどの柑橘類、梅干し・酢などに多くふくまれています。

♣抗酸化成分

紫外線が多くなる夏は、私たちの体の中を老化させる活性酸素が発生しやすくなり疲労を感じやすくなります。抗酸化成分はそんな活性酸素を抑えてくれる役割があるため、疲れにくい体になることが期待できます。

トマト・人参・モロヘイヤ・スイカ・アーモンド・鮭などに多く含まれています。

熱中症予防に効果がある飲み物は?

汗とともに体から出てしまった水分・塩分を補給するためには、水を飲むだけではいけません。何を飲むのがいいのでしょうか。

♠経口補水液

細胞より浸透圧が低く作られているため、体に水分が吸収しやすくなっています。熱中症の症状を感じたら、経口補水液を飲みましょう。薬局やドラッグストアで入手できます。

♠スポーツドリンク

塩分・糖分・アミノ酸などが配合されており、手に入れやすく飲みやすいのが特徴です。

♠梅こぶ茶・みそ汁など

ミネラル・塩分が含まれているため、熱中症の予防に効果が期待できます。

♠自作できる熱中症予防のドリンク

・食塩水

水1Lに食塩1~2g・砂糖20~40gを加えて混ぜます。

はちみつレモン水

1Lのスポーツドリンクにはちみつ20㏄・レモン汁150ccを加えて混ぜます。

まとめ

さて、今年の夏も早々に猛暑となることが宣言されましたね、、

エアコンなどの空調機器も今のうちからクリーニングして、いつでも使えるようにしておいたほうがよさそうです。今回ご紹介した食べ物や飲み物も大事ですが、室内では空調機器による体調管理も必須となります。

関連投稿>>「エアコンの掃除の仕方 ~室内と室外Wで完璧!」

書きそびれましたが、飲み物は、喉が渇いたと感じる前から少しずつ摂取することで熱中症になりにくくなりますので、その点も知っておきたいですね。

水分・塩分・ビタミンやミネラルなどの栄養素が不足しないように気をつけて、熱中症予防に役立ててください。

では、今回はこのへんで!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする