お盆の期間っていつからいつまで?知っているようで知らない話。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

こんにちは! らいふれんどです。

今回は、夏のメイン行事「お盆」に関するお話です。

夏休みの計画を立てる時、「この時期はお盆だから・・・」と観光地や交通網の混雑具合を懸念する方が多いと思います。一般的には8月中旬がお盆の時期とされていますが、「いつからいつまでなの?」と聞かれると、きっちりと答えられない方も多いのではないでしょうか。

実はお盆というのは住んでいる地域や風習によって、7月だったり8月だったりします。

では、具体的にみていきましょう。




お盆の期間っていつからいつまで?

今は「8月」というイメージが強いお盆ですが、元々は7月の行事でした。それがなぜ8月に変わったのか、ということについては「暦」が大きくかかわってきます。

元々、日本では太陰暦(旧暦)が使われていて、そのころのお盆は7月13日~16日でした。それが明治時代になって太陽暦(新暦)が導入されたことによって、いろいろな考え方がされるようになったと言われています。

◎新のお盆:7月13日~16日

新暦が導入された後も新暦の日付でお盆を迎える風習が残り、7月13日~16日となっています。

◎旧のお盆:8月20日前後

 新暦が導入された後に旧暦の7月15日をお盆として迎える風習が始まり、新暦の8月20日前後がお盆だと考えられています。

◎月遅れのお盆:8月13日~16日

 新暦が導入された頃、多くの人が農業の従事者でした。新暦のお盆(7月中旬)の時期には農作業が忙しくゆっくりとお盆を迎えることができなかったので、1か月遅らせた「月遅れのお盆」としてゆっくりとお盆を迎えるようになったとされています。

お手元にあるカレンダーを見てもらうと分かりやすいかと思いますが、現在はカレンダーに旧暦の表示がされていないことも多くあります。また、暦は毎年変わりますから確認をするのも大変ですね。さらに子ども達の夏休みが7月下旬~8月末までということも関係しているのか、月遅れのお盆が定着しているように感じます。

みなさんがお勤めになられている企業でも、多くは月遅れのお盆期間を中心として夏季休暇が設けられているのではないでしょうか?

地域で異なるお盆の時期

一般的なお盆と呼ばれる期間が3つに分かれていることが分かったところで、地域ごとにどの時期のお盆が定着しているのかを紹介します。

◎新のお盆(7月13日~16日)

 一部地域を除く東京都、南関東の都市部、静岡・金沢の旧市街地、函館など

◎旧のお盆(8月20日前後)

 沖縄県、奄美などの南西諸島の一部など

◎月遅れのお盆(8月13日~16日)

 一部地域を除く南関東、西日本、北関東以北の地域など日本の大部分

◎その他(8月1日など)

 岐阜県(中津川市の一部)、東京都(小金井市・国分寺市・府中市・調布市など)

「お盆」と一言で言っても、お盆が表す時期にはこんなにも違いがあります。「お盆にお参りしてね」と親戚や知人に言われた場合には、その土地のお盆を知っておかないと周りの方との間で食い違いも出てきてしまいます。転勤や結婚で離れた土地に転居した場合や、先祖代々のお墓のある場所が遠い場合などには、その土地のお盆がいつの時期にあたるのかを事前に調べておくのがいいのではないでしょうか。

>>お墓参りについての墓掃除や日程などについてはこちらをクリック

生まれ故郷のお盆にお墓参りをするために、会社の夏季休暇の前後に有給休暇を利用する必要がある方も結構いらっしゃるということになりますよね。

お盆には何をすればいいの?

では、お盆の期間中は何をすればいいのかを見ていきましょう。

◎盆の入り(初日):迎え火

ご先祖の魂が迷うことなく自宅に帰ってこられるように、迎え火を焚きます。家の門や玄関先で素焼きのさらに「おがら」を乗せて火をつけます。現在は住環境が昔とは異なっているため、盆提灯を飾ることで代用することも多くあります。

◎盆明け(最終日):送り火

ご先祖の魂が、帰り道に迷うことなくあの世に帰ることができるように、送り火を焚きます。やり方は迎え火と同じです。地方によっては灯篭に明かりを灯し、川に流す「灯篭流し」を行う風習もあります。

>>送り火についての詳しく知りたい方はこちらをクリック

大きなイベントとして有名な長崎県・精霊流し京都府・五山の送り火などもこれにあたります。

長崎市公式観光サイト 精霊流し

京都市観光協会 京都五山送り火

ちなみに、近年日本でもすっかり秋の行事として定着してきた「ハロウィン」。これは、古代ケルトから伝わるもので、古代ケルト暦の終わりである10月31日に現世に現れるとされる先祖の霊や悪霊や魔物などを迎える儀式が始まりとされています。

日本のお盆ととても似ていますよね。

>>ハロウィンについて詳しく知りたい方はこちらからどうぞ!

まとめ

お盆について、詳しい期間や地域による違い・具体的に何をすればいいのかを紹介しました。自分の中の常識と思っていた部分が、実は違っていた・・・と思われた方もいらっしゃると思います。

私の生まれ故郷は月遅れのお盆期間を風習としています。その為、若いころは全国津々浦々同様にお盆は8月13日~と思いこんでいました。

会社の夏季休暇とも合致していましたので、よっぽど突発的な仕事やイベントが入らない限り、毎年必ず帰省して、親戚同士集まってお墓参りをしたりしてご先祖様を供養していました。

今回の記事で、お盆期間についてお知り頂けたかと思いますが、一番大切かなと思うのは、ご先祖様に思いを寄せるこことなんだろうと思います。

「最近、仕事やなんやで、お盆に実家に帰ってないな…」と思ってらっしゃる方。是非、今年は帰省して、生まれ故郷でお盆期間をお過ごし頂ければと思います。

では、今回はこのへんで。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする