日焼け後のケアは食べ物で!肌の新陳代謝を活性化させよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

こんにちは! らいふれんどです。

今回は「日焼け」にまつわるお話です。

夏にむけて、日差しがだんだんと強くなってきましたね。外出する際は日焼けが気になってくる時期ですが、日焼け止めを塗るのを忘れたり、女性の方などは日傘を家に忘れたりして、ついうっかり「焼けてしまった!」ということがあると思います。

そんな時は肌の外から日焼け部分をケアするのも大切ですが、体の内側からもケアができればいいなと思いませんか。

内側からと言えば薬やサプリメントなどが浮かびますが、もっとナチュラルな食物でケアしいていきましょう!

それでは日焼け後のケアにおすすめの食べ物を詳しくj紹介していきます。




「日焼け=やけど」の認識を

まずは「日焼け=やけど」であることを、今一度認識しましょう!

何も対策をしないで日の当たる場所にいると、1時間でも肌が赤くなってしまうほど日焼けしてしまいます。これは皮膚の細胞が紫外線(UVB)によって傷を受けて炎症を起こしている状態です。水ぶくれや痛みが起きたり、熱が出ることもあります。肌を冷やしたり、保湿したりすることで症状の軽減をはかりましょう。

紫外線にはもう一つ、UVAというものがあります。UVAには肌にあるメラノサイトが反応し、メラニン色素の生成が促されます。このことで、わたしたちのは日焼け後に黒くなります。炎症の原因にはなっていませんが、後々のシミ・そばかすの原因になります。

日焼けがひどい場合には熱傷になることがあります。日焼けの後、皮がむけるのは熱傷になっている証拠です。ひどい場合には吐き気やむくみ・発熱などの症状があらわれ、入院して治療を受ける必要がある場合もあります。

まずは、きちんと日焼け止めをぬって紫外線をカットすることが重要ですよね!

>>関連投稿「日焼け止め。正しい塗り方とタイプ別選択法!」

日焼け後のケアにおすすめの食べ物

さて、それでも日焼けしてしまった、というときのアフターケアについて。

日焼けした肌は、新陳代謝をすることで新しく生まれ変わります。通常、新陳代謝のサイクルは28日周期と言われていますが、その間も肌にいい栄養素を積極的に取り入れることで新陳代謝を活性化してあげましょう。

日焼け後のケアに摂りたい栄養素と、その栄養を多く含む食べ物を紹介します。

◎ビタミンA

紫外線を浴びることによって肌の中に発生する活性酸素を抑え、皮膚の新陳代謝を促進してくれる役割があります。免疫力を高め、肌の乾燥・カサつきを防いでくれる効果が期待できます。

ビタミンAはカボチャ・人参・トマト・シソなどの緑黄色野菜鶏・豚のレバー、うなぎなどに多く含まれています。

◎ビタミンC

活性酸素の発生を抑えてくれます。ビタミンEの吸収を促進してくれる役割も持っています。

ビタミンCはグレープフルーツ・オレンジなどの柑橘類キウイフルーツ・いちご・アセロラなどのフルーツブロッコリー・ピーマン・えんどうなどの緑黄色野菜などに多く含まれています。

ただし、摂取時に気をつけたいのが柑橘類です。柑橘類の成分の中には光毒性のあるソラレンが含まれています。ソラレンは摂取後2時間ほどで肌の表面に届き、光エネルギーを蓄積することが分かっています。朝に柑橘類を食べてしまうと、肌がより紫外線を吸収してしまうことになりますので、ビタミンCを摂取したいからと朝に柑橘類を食べることはおすすめできません。

朝は柑橘類以外のものでビタミンCを摂取するようにし、柑橘類は夕方以降に食べるようにしましょう。

◎ビタミンE

活性酸素の発生を抑制、除去するはたらきを持っています。血行を良くすることで皮膚の新陳代謝を高め、健康的な新しい肌を作ってくれる効果が期待できます。日焼けした肌が白く戻ることを手助けしてくれます。

ビタミンEはアボカドやゴマ、大豆、ナッツ類いくら・たらこなどの魚卵に多く含まれています。

◎リコピン

ビタミンEに比べると約1000倍もの抗酸化作用があると言われています。肌が黒くなる原因・メラニンの生成を促す酵素のはたらきを抑えるはたらきがあります。

リコピンはトマト・人参・赤パプリカなどの野菜スイカ・グレープフルーツ・柿・さくらんぼ・パパイヤなどのフルーツに多く含まれています。

◎βカロチン

抗酸化作用が高く、ビタミンAと同じはたらきをしてくれます。ビタミンのはたらきを十分に得るために必要な栄養素で、肌の老化も防いでくれます。

βカロチンは緑黄色野菜に多く含まれています。

まとめ

強い日差しにさらされて日焼けしてしまった後のケアについて、紹介しました。

食べ物からビタミンACE・リコピン・βカロチンを摂ることで、体の内側から肌の新陳代謝を促します。

こうやって見てくると、緑黄色野菜、フルーツ、豆類、魚を意識的に食べることで、美白への回復が少しでも早くなることがわかりましたね!

あわせて、肌を冷やして炎症を抑えたり保湿することで肌の外からのケアもするとより効果が高まることが期待できます。

さまよえる競技ゴルファーとして日焼けには格別のケアを図りたい、私らいふれんども、改めて自戒の念を込めたいと思います。

それでは、今回はこのへんで!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする