清水寺の紅葉2018!見どころコースや拝観時間、アクセスのご紹介。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

~今回は清水寺で紅葉を存分に楽しむための見どころコースや拝観時間、アクセスなどをご紹介します~

>>関連投稿「京都の紅葉名所ランキング2018!見る価値あるベスト5はこちら 」

海外からも多くの観光客が訪れる「清水寺」。四季折々様々に色鮮やかな山間を見せてくれますが、秋になるとモミジやカエデが紅色に染まり京都を代表する紅葉の名所として知られています。

特に夕方になると空と山のコントラストが見るものを魅了する景色となります。この秋は、清水寺に足を運んで素敵な紅葉たっぷりと堪能しましょう。

★清水寺のおみやげ情報ふんだんに盛り込んだ新着投稿はこちら★

            ↓ ↓ ↓

清水寺で買いたい京都のお土産ランキング。外せない10選はこれ!




清水寺の紅葉めぐり 見どころコースはここ!

京都の観光スポットとして知られる「清水寺」は、世界文化遺産として海外でも名を響かせています。

日本人なら、京都を訪れた事がない方でも、「清水の舞台から飛び降りる」というセリフは聞いたことがあるのではないでしょうか。

秋になると紅葉を一目見ようと多くの観光客が訪れます。訪れる前に少しだけ清水寺情報を知っておく事で、楽しみが一段と増します。

<こちらの動画も是非ご参考に!>

引用YouTube

仁王門

清水寺を訪れて最初に目にする大きな「仁王門」は別名「目隠しの門」と呼ばれています。

清水寺に訪れた多くの人が最初見ることになるのがこの仁王門です。

ここは写真映えするシャッタースポットとして知られています。写真を撮る際にはぜひとも仁王門から少し引いて、西門や三重塔をカメラに収めておくのがお勧めです。

両脇で仁王像が眼力を飛ばす仁王門は別名「目隠しの門」と呼ばれ、清水の舞台からこの仁王門を見た際にとあるものを隠すように造られたそうです。

そのあるものとは「御所」です。清水の舞台は京都市外を見下ろすような高い位置にあるため、仁王門が無いと御所を見下ろしてしまう格好になるのです。それは恐れ多いと言うことで、御所を見下ろしてしまうことが無いようにこの仁王門が建てられたのです。

随求堂

仁王門をくぐり鐘楼の横を抜けた先には随求堂があります。

本尊である大随求菩薩は人々の「求めに随(したが)って」願いを叶えてくれる仏様です。この随求堂ではお堂の下を大随求菩薩の胎内に見立て「胎内巡り」が行われています。

真っ暗闇の中、壁にめぐらされた数珠を頼りに大随求菩薩を象徴した梵字が刻まれた随求石を目指します。たどり着いたら随求石を回して祈りを捧げて出口に戻ります。その様子は白昼夢のようで「心が生まれ変わる様」とも言われています。所要時間は5分ほどですのでぜひとも体験してみてください。

清水の舞台~京都を代表する紅葉の名所

京都を代表する紅葉の名所です。

清水の舞台があるのは「錦雲峡」と呼ばれる渓谷ですが、秋になるとカエデの葉が色鮮やかな紅色になり境内が燃えているかの様な景色を織りなしてくれます。京都市内を見渡す事ができると言われており、山も空も紅色に染まる美しい夕景が見れるのも秋ならではの絶景です。

★夜のライトアップ

夜の清水寺と言えば夜間開放している春・夏・秋の特別拝観ですが、日が落ちる前とは違い、ライトアップされることで幻想的な雰囲気で紅葉を楽しむ事が出来るので、夜の清水寺の紅葉を見られる絶好のチャンスとも言えます。

★「清水の舞台から飛び降りる」理由

よく覚悟を決めた時の例えとして「清水の舞台から飛び降りる」といいますが、江戸時代には本当に飛び降りた人が大勢いたそうです。しかし、当時は下の地面が軟らかい土だったため生存者もいました。

当時は、清水の舞台から飛び降りて生きて帰れば願いが叶い、運が悪かったとしても極楽浄土にいけるというジンクスがあったため、願掛けとして行っていたそうです

三重塔

国内でも最大級の三重塔の高さは約31メートルもあり、重要文化財として清水の舞台とともに清水寺のシンボルです。この三重塔は京都東山を代表する建築物で、朱塗りが鮮やかで紅葉と相まって目に焼き付きます。雑誌やメディアなどで見た事のある方は多いのではないでしょうか。

音羽の滝

清水の舞台から北東にある「音羽の滝」は高さ約4メートルあります。音羽の滝の水は、昔「黄金水」「延命水」と呼ばれ清めの水とされていました。清水寺の名前も音羽の清水が由来と言われています。音羽の滝は3筋の水で成り立っており、向かって左「学業成就」、真ん中「恋愛成就」、向かって右「延命長寿」とご利益があるとされ、女性や学生の間ではパワースポットとして人気があります。




拝観時間とアクセス

公式HPで公表されている情報です。

拝観時間

★通常拝観時間6:00~17:50(季節により変動詳しくは公式HP参照)

★秋の夜間特別拝観(ライトアップ)15:30~21:00(開催日時は変動するため公式HP参照)

【ひと言アドバイス ~ライトアップ時の混雑を避けるには】

開始時刻の15:30~20:00は大変混雑するため、終了間際の20:00~21:00に拝観すると混雑をある程度避けることが出来ます。

住所並びにアクセス

★住所  〒605-0862 京都市東山区清水1丁目294

★アクセス

<JR京都駅から>

京都市交通局(市バス)206系統・東山通北大路バスターミナルゆき、100系統清水寺祇園 銀閣寺ゆきで五条坂下車、徒歩10分

<阪急電鉄 河原町駅(四条河原町)・京阪電鉄 祇園四条駅から>

京都市交通局(市バス)207系統・東福寺・九条車庫ゆきで清水道下車、徒歩10分

京阪バス83・85・87・88系統などで、清水道または五条坂下車、徒歩10分

★駐車場  なし

★お問い合わせ・公式HP

TEL 075-551-1234・FAX 075-551-1287

公式HP

http://www.kiyomizudera.or.jp/

まとめ

京都を代表する観光名所 清水寺で紅葉を存分に楽しむため基本となる情報をご紹介しました。

 😀 ちなみに清水寺の他にも京都を代表する紅葉スポットはたくさんあります。ご興味のある方はこちらからどうぞ 😀 

              ↓ ↓ ↓

京都の紅葉名所ランキング2018!見る価値あるベスト5はこちら

見ごろとなる時期ですが、やっつぱり最も色鮮やかとなる11月頃に行く事をオススメします。清水の舞台から一望できる紅葉に包まれる京都の景観を心行くまで堪能する事ができます。日頃の疲れも忘れ楽しめる事間違いなしですね。

また、清水寺には、たくさんのおみやげが変えるスポットもあります。紅葉を存分に楽しんだあとは、旅の思い出としておみやげショッピングを堪能するのもいいですよね!

😀 こちらの記事でご紹介していますので是非ご覧ください 😀 

            ↓ ↓ ↓

清水寺で買いたい京都のお土産ランキング。外せない10選はこれ!

では、今回はこのへんで!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする