永観堂【禅林寺】の紅葉2018。混雑を避け見どころスポットを満喫!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

~今回は京都「永観堂」の紅葉の見ごろ・見どころについてのお話です~

こんにちは! らいふれんどです。

秋と言えば紅葉、紅葉と言えば京都、と言うわけで京都に紅葉を見に来る方は多いのではないでしょうか?

京都には様々な紅葉のスポットがあり、この時期から何処に行こうか悩んでいる方も多いと思います。

そこでお勧めしたいのが、古今和歌集で「もみじの永観堂」とも詠まれるほどの美しい景色を誇る永観堂(禅林寺)です。永観堂の様々な魅力をお伝えしていこうと思います。

関連投稿>>「京都の紅葉名所ランキング2018!見る価値あるベスト5はこちら 」




永観堂の紅葉の見ごろ

永観堂の紅葉の見ごろは「11月中旬~12月初旬」です。

夏の気温の変動によって多少前後するかもしれませんが、11月下旬を抑えていれば大きく見ごろ時期がずれない限り心配ないでしょう。

また、秋の京都は昼と夜の気温差が激しくなりやすいので、特に夜の紅葉を見に行こうと思っている方は一枚多めに羽織っていくか、マフラーなどを持っていくようにしましょう。

<まずはこちらの動画をどうぞ!>

引用YouTube

紅葉の見どころスポットはここ

永観堂には様々な紅葉スポットがありますがここではそのいくつかに絞ってご紹介していこうと思います。

放生池

放生池は永観堂の境内の中央に位置しています。池を取り囲むように木が植えられており、赤・黄色といった色鮮やかな椛が水面に写りこむさまは絶景といわれ、美しい紅葉が楽しめます。

永観堂のシンボルである「多宝塔」の周囲の紅葉も美しいのですが、放生池の紅葉もそれに負けず劣らずの美しさとなっています。

御影堂裏

阿弥陀堂から石段を下り、紅葉のトンネルを抜けると、永観堂の代名詞とも言われる「岩垣紅葉(もみじ)」が見えてきます。その美しさは古今和歌集で「奥山の岩垣もみぢ散りぬべし 照る日の光見る時なくて」と藤原関雄に詠まれるほどです。境内の急斜面に一面に色づいた岩垣紅葉は必見です。

引用:https://sunpomichi.com/1821.html

ライトアップ

夜に見る紅葉はその美しさをいっそう際立たせます。永観堂のライトアップ目当てに京都に訪れる方も多く、闇夜に映し出される紅葉の絶景に感動して良い思い出になること間違いなしです。

昼間の放生池や多宝塔とはまた違った趣の紅葉を楽しめます。

<ライトアップの情報>   期間:11月上旬~12月上旬

               時間:17:30~20:30

               料金:600円




混雑の回避方法

永観堂は大変人気のスポットのため、大変な混雑が予想されます。そこで、少しでも混雑を避けるための方法をご紹介します。

拝観時の混雑について

①平日の朝早めに行く

紅葉の時期に永観堂を訪れる場合、平日の朝早めに拝観するのがお勧めです。秋の拝観時間は9:00~なので、受付が始まる少し前に行き受付開始直後に入ってしまえばある程度混雑を回避できます。お昼前や後は特に混雑が予想されますので避けましょう。

②ライトアップ直後

永観堂のライトアップは人気イベントですが、道が大変混雑しますのでスタート直後は比較的空いていることが多い様です。そのため、開始時刻よりいくらか早めに到着して、受付が開始すると同時に入ってしまいましょう。

車の混雑について

車で永観堂まで行く場合、周辺の道が大変混雑します。さらに、永観堂の駐車場や周囲のコインパーキングなどは直ぐに満車になってしまいます。そのため、車から降りられず、道も混雑しているため長い時間周りをうろうろする事態に陥ってしまいます。

ですが、とある方法を使えば混雑を回避できるのです。それが「車と電車を併用する」方法です。

車だけで行けば混雑し、電車だけで行けば交通費がかさんでしまいますが両方を上手く使えば、混雑も回避でき、交通費も比較的押さえることが出来るのです。

永観堂の最寄り駅は「蹴上駅」です。そこからなら歩いて15分足らずで永観堂までいけるのです。

そこで、

1.京都市の中心から少し外れた「山科駅」の駐車場に車を停める

2.山科駅から、京都市営地下鉄に乗車し、蹴上駅へ(二駅5分 運賃250円)

3.蹴上駅で降車後、徒歩で永観堂に向かう(15分)

という方法で永観堂に行くと、運賃は250円程度ですみます。

この方法だと駐車場も確保できますし、車での混雑も回避できます。乗車時間が二駅5分+徒歩15分で合わせて20分程度と、山科駅から短時間で永観堂までたどり着くことができます。

アクセス・拝観料等

【住所】 〒606-8445 京都市左京区永観堂町48

【拝観料】 ①通常拝観:大人600円 ②小・中・高生400円

【お問い合わせ】  TEL:075-761-0007

          FAX:075-771-4243

          HP:http://www.eikando.or.jp/index.html

まとめ

いかがでしたでしょうか?

約3000本と言われる永観堂のイロハモミジやヤマモモミジ。

2018年今年の秋は「紅葉の永観堂」でこれらの芸術とも言えるモミジワールドにどっぷりと浸ってみたくなりますよね。

その為には、今回書いたように、混雑する時間や渋滞をさける方法を参考にして頂き、賢い京都の紅葉観光をしていただければと思います。

それでは、今回はこのへんで!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする