【七五三2018年総括】いつ?男女別年齢・着物は?親の服装は?神社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

~今回は2018年の七五三の総括的なお話です~

こんにちは!らいふれんどです。

 

七五三とは、7歳、5歳、3歳の子どもの成長を祝う日本の年中行事です。

 自らも子どもの頃、七五三をしたのよ~という話お母様やお父様から聞いたことがある人も多いかと思います。

 とはいえ改めて七五三はいつ何をする?と思ったときに悩まれる方は多いかと思います。

 今回は、2018年はいつか?数え年満年齢の別は?男の子と女の子の年齢・着物の違い親の服装神社など、七五三行事を総括的に見ていきます。




七五三は数え年と満年齢のどちらでお祝い?

 

七五三はその昔、数え年しかない時代は数え年が一般的でしたが現在では満年齢で行う方が一般的になっています。

ですがもちろん、数え年で祝うのがダメなんてこともありません。

要は、数え年でも満年齢でもどちらでもいいわけです 😉 

 

ちなみに、2018年の七五三の対象は次のとおりです。

【7歳】

 ・数え年で平成24年(2012年)

 ・満年齢で平成23年(2011年)

【5歳】

 ・数え年で平成26年(2014年)

 ・満年齢で平成25年(2013年)

【3歳】

 ・数え年で平成28年(2016年)

 ・満年齢で平成27年(2015年)

 

 😀 七五三をいつ(何歳)行うか!?については、こちらの記事でより詳しくご紹介しています!

>>「七五三2018。いつからいつまで生まれの子が対象?男女別に違う?」

七五三はいつ行われる?

 

七五三の行われる時期は11月15日です。徳川将軍家の「袴着の儀」がおこなわれた日が11月15日ですので、現在もそのまま受け継がれています。

 

ですが現在では必ずしも11月15日に行うのではなく、その前後の大安吉日ご家族の都合のつく日取りに行うのが一般的になっています。

 混雑をさけて10月頃に行う方も増えていますし、3歳ですとまだ風邪も引きやすいお年頃なので、お子様の体調も考えつつ無理のないスケジュールをお考えくださいね。

 

女の子の七五三、男の子の七五三

 

七五三は女の子の場合、歳と3歳のときにお祝いします。

男の子の場合は、5歳と3歳のときにお祝いします。

地域によっては、男の子は5歳だけの場合もあります。

😀 七五三の男女別の違いについてはこちらの記事でより詳しくご紹介しています!

>>「七五三2018。いつからいつまで生まれの子が対象?男女別に違う?」

早生まれの子はいつお祝い?

 

1月から3月に生まれた早生まれのお子さんがいらっしゃる場合は特に「今年か来年か」で迷われるようですが、数え年でも満年齢でもどちらを選んでも問題ありません。

特に3歳の七五三で3月生まれの場合、満年齢で1年8ヶ月、数え年で2年8ヶ月でのお祝いになります。

 

なので、お子様の成長によっては、1年後にお祝いする方も多くいらっしゃいますよ。




七五三のときの親の服装とお子さんの着物

親の服装

七五三お子さんが主役のお祝いですので、親御さんが着飾る必要はありません。

もちろん、お母様もお着物をきたり、お父様も礼服でもなにも間違いはありませんし着物姿のお子様と一緒にご両親も和装で並ぶ姿はとてもすてきです。

 

ですが、走り回るお子様を相手に野外でのお参りはなかなかに大変です。

3歳5歳くらいですとまだ抱っこをせがむ年頃ですし、せっかくのお着物や礼服を靴でげしげし・・・では親御さんもそれだけで疲れてしまいそうですよね。

 

お子様もお子様で、普段着ない袴や着物で終始泣いて大変だった・・・というお話もよく伺います。

 

近年は写真スタジオでお写真をとられる方も多いので、そこで親御さんも改めてお着替えをされる・・・ということも多いです。

 😀 七五三の写真の前撮りをするスタジオについてはこちらの記事でより詳しくご紹介しています。

>>「七五三の写真はどこで撮る?3大スタジオの料金やサービスを比較しました! 」

なのでお参りの際は、神社に訪れることやハレの日であるということを意識した服装であれば親御さんは十分だと思います。

 親御さんの服装は「あくまで主役はお子さん」であることを踏まえつつ「ハレの日」に相応しい正装を心がけることが大切です。

 

七五三の女の子のお着物

 

七五三で女の子が着る着物は、3歳のときと7歳のときで作りが違います。

 

3歳頃の女の子は「三つ身」とよばれるお腹周りの締め付けがゆったりとした幼児用のお着物が主流であり、7歳頃になると「四つ身」という子供用のお着物で大人と同じように帯を結びます。

 

購入する場合は、3歳と7歳で同じ着物を着まわせたら・・・と考える親御さんも多いとは思うのですが、かなり体格が変わりますので7歳頃にあわせて購入すると3歳ではかなり布の余った着物となり、お子さんにとって結構な負担になることを考慮しておいてください。

 

また、三つ身と四つ身では着方も当然変わります、三つ身は帯がとても柔らかくお子様にあまり負担になりません。

 

四つ身は大人の着物とほぼ変わりませんので、ぐっと帯を結ってしめます。

 

七五三の男の子のお着物

 

男の子が七五三で着るお着物は「袴儀」というように袴を着るのが一般的です。

 

羽織袴が正式で、兜や鷹などの勇ましい柄が描かれている物が主流となっています。

 

七五三の神社の選び方

 

七五三でお参りする神社は、基本的に近所の神社である氏神様のところで行います。

お子様の成長を祝う儀式ですので、育った場所、そしてこれから育つ場所である

氏神様のところにお参りにいくのが基本です。

 😀 七五三の神社についてはこちらの記事でより詳しくご紹介しています。

>>「七五三の神社はどこがいい?東京や大阪でのお勧めは?予約は必要?」

 

だからといって他の神社でお参りすることも全く問題はありません。

 

大きな神社や有名な神社でお参りされる方もたくさんいらっしゃいます大きな神社ですと七五三シーズンは予約を受け付けています。

 

逆に、事前に予約をしないと当日は受け付けてもらえないこともありますので注意してください。

 

当日はお子さんの着付けもあります、お着物をレンタルする場合は着つけ会場と神社の距離も重要ですよね。

 

神様にお参りにいくのが目的ですが、着物をきたお子様相手では時間が命であることも考えられます、お子様の負担にならない距離と時間をお考えくださいね。

 

七五三といえば千歳飴

 

七五三といえば必ずといっていいほど、千歳飴を持ちますよね。

 

この千歳飴ですが、子どもの長寿を願い、粘り強く細く長い形状で、縁起の良い紅白の飴…となっています。

 

また、千歳飴は「引っ張ると伸びる」ことから、子どもの健康を願う縁起物となっています。

 

千歳飴の本数は、年齢にあやかり年の数だけ袋にいれるとよいとされていますが紅白1本ずつの計2本でも十分ですよ。

 

また、千歳飴は縁起物なので、折って食べるのは縁起が悪いという方もいらっしゃいますが縁起物をわかちあう行為になりますので、折って食べても何ら問題はありません。

 😀 七五三の千歳飴の由来については、こちらの記事でより詳しくご紹介しています!

>>「七五三の由来は?知られざるその意味を子供と一緒に絵本で学ぼう! 」

 

まとめ 大変な七五三、ですが一生の素敵な思い出に

 

お子さんにお着物を着せ外でお参りすることは、お子さんが小さいと本当に大変です。当日のお母さんお父さんの負担を考えると、思わずため息も零れてしまいますよね。

 

ですが、七五三は一生に一度しかないお子様の成長を願う大事な行事です。

 

撮影した写真は、後日みれば楽しい思い出となって蘇りますし大人になったときにあの頃はね、と語ってあげることもできます。

 

当日は無理のないスケジュールを組んで、お子さん共々余裕をもちながらせっかくの行事を心行くまで楽しんでくださいね。

 

それでは、今回はこのへんで!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする