【六義園】都内の紅葉オアシス。見ごろ、見どころ、混雑情報満載です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

~今回は東京都内の紅葉の名所「六義園」のお話です~

紅葉の季節だし紅葉狩りに行きたいけど、京都まで旅行にいけるような時間も余裕もない…という方にお勧めしたいのが、都内でも美しい紅葉を楽しめる六義園です。

紅葉といえば京都というイメージがありますが、都内にも美しい紅葉スポットがあります。その中でも六義園は特に美しいスポットで、京都などでよく行われている夜間のライトアップも行っています。

そこで、六義園の紅葉の見ごろ、見どころスポット、混雑状況などをご紹介していこうと思います。

≪関連投稿≫ ↓ ↓ ↓

>>京都の紅葉名所ランキング2018!見る価値あるベスト5はこちら 

>>関東で紅葉を堪能しよう!人気ランキング8選!!

>>【鎌倉の紅葉】見どころスポット5選!混雑ランキングも知っておこう!




六義園の紅葉の見ごろ

六義園の紅葉の見ごろ時期は、例年11月下旬~12月上旬となっています。

六義園は訪れる時期によって違った雰囲気の紅葉を楽しむことができ、一面に広がる勢いのいい紅葉を楽しみたいという方は11月下旬に訪れることを、落葉が始まり少し落ち着いた雰囲気の紅葉や紅葉の絨毯などを楽しみたい方は12月に入ってから訪れるのをお勧めします。

といっても紅葉の見ごろ時期はその年の天気や天候などによって変化するため、紅葉を見に行く際は、ツイッターやフェイスブックなどのSNSを利用するか、六義園に電話で問い合わせたりするなどして最新の情報を入手しておくことをお勧めします。

<記事と一緒にこちらの動画もどうぞ!>

引用YouTube

六義園の紅葉の見どころスポット

六義園の紅葉の色と日本庭園の調和

紅葉というと赤やオレンジ・黄色などを思い浮かべますが、六義園は全体的にの紅葉が多いのが特徴となっています。

真っ赤な紅葉は日本庭園の光景と合わさることで、紅葉の赤がアクセントになり、より鮮やかな雰囲気となります。

日常生活では中々味わえない純和風的な空間を楽しむことができるのも見所です。

渡月橋

園内を時計回りに散策していると最後に訪れることになるスポットがこの渡月です。

美しい紅葉が覆いかぶさるような位置に一本ずいっと通っています。

この池や川に架かる橋と紅葉の組み合わせなどは、浮世絵などの昔の絵画にもよく描かれていることから、昔の人々も美しいと思っていたことが伺えます。

渡月橋は六義園の最後を締めくくるのにふさわしい紅葉の美しさと橋と紅葉という過去にも現在でも美しいと評される景色を合わせ持ったスポットなのです。

つつじ茶屋

つつじ茶屋はその他に違わずつつじの古木材を使用して建てられているのが特徴で、秋になるとつつじ茶屋を包み込む様に色付いた紅葉が出迎えてくれます。

引用:https://gurutabi.gnavi.co.jp/a/a_1416/

つつじ茶屋~山陰橋までは定番の紅葉スポットなのですが、山陰橋をただ渡るだけではなく、つつじ茶屋から山陰橋をゆっくりと眺めるのもお勧めです。

吹上茶屋

吹上茶屋では、目の前の広い池と紅葉を尻目にゆっくりと抹茶と上生菓子をいただくことができます。

引用:https://www.tokyo-walk.com/park/rikugien.html

特に季節ごとの草花をかたどった上生菓子は、早々食べる機会もなく、とても美味しいため評判だそうです。

だんだんと洋式の生活になっている現代でも、紅葉を楽しむ間くらいは「和」を楽しんでみてはいかがでしょう。

ライトアップ:水香江

六義園には「蓮の花の季節には水までもが良い香りがする」という意味がこめられた「水香江」という蓮池がありました。しかし、現在では水や蓮は失われてしまいました。

ですが六義園のライトアップでは、ブルーライトや人工霧を組み合わせることによって川の流れを表現しています。霧と組み合わさりぼんやりと光るブルーライトと真っ赤に染まった紅葉がなんとも幻想的な雰囲気を醸し出し、ここでしか味わえないような雰囲気を作り出しています。

混雑について

六義園はライトアップを実施しているため昼と夜それぞれに混雑のピークが訪れます

日中の紅葉を見たい場合、六義園の営業開始時刻9:00を狙ってはいるのがベストとなります。

日中のピークは11:00~14:00ごろになると考えられるためその時間帯はできれば避けるようにしたいですね。

夜、ライトアップ時の紅葉を見たい場合は20:00以降に入るのがお勧めです。六義園のライトアップ時の営業終了時刻が21:00、入場終了時刻が20:30のため混雑が比較的ましだと考えられます。ライトアップ時のピークは18:00~19:00ごろと予想されます。

また、チケット購入で予想以上に時間をとられるので、前売り券を購入しておきましょう。

アクセス・ライトアップ期間等

【住所】 

 〒113-0021 東京都文京区本駒込6丁目

【アクセス】

 ・R山手線・東京メトロ南北線「駒込」下車 徒歩7分

 ・都営地下鉄三田線「千石」下車 徒歩10分

<六義園 マップ>

【開園時間】 

 9:00~17:00

【ライトアップ期間】 

 平成30年11/17~12/9

【期間中開園時間】 

 9:00~21:00         :

【入園料】 

 一般300円 65歳以上150円 

 ※小学生以下及び都内在住・在学の中学生 無料

【お問い合わせ】

 TEL 03-3941-2222(六義園サービスセンター)

【公式サイト】

 https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index031.html

まとめ

都内で手軽にいくことができ、ライトアップも行われ、美しさも申し分なしという夢のような六義園ですが、来園者によって園内だけでなく周辺道路も混雑する可能性があります。

ゆっくりと紅葉を楽しむためにも早め早めに行動するのが大切かもしれませね。

それでは、今回はこのへんで!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする