香嵐渓の紅葉の見ごろ。渋滞回避ルートで駐車場確保。ライトアップも見逃すな!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

~今回は東海地方の紅葉の名所「香嵐渓」のお話です~

紅葉シーズンになると何処に紅葉を見に行こうか迷う方も多いと思います。すると真っ先に出てくる選択肢は京都等ではないかと思います。

ですが京都以外にも紅葉を楽しめるスポットは沢山あります。

その中でも愛知県にある「香嵐渓」と言うスポットは特に紅葉が美しく、お勧めのスポットとなっています。

そこで、香嵐渓の紅葉の見ごろや見どころスポット、渋滞情報などを紹介していこうと思います。

≪関連投稿≫ ↓ ↓ ↓

>>京都の紅葉名所ランキング2018!見る価値あるベスト5はこちら 

>>関東で紅葉を堪能しよう!人気ランキング8選!!

>>【鎌倉の紅葉】見どころスポット5選!混雑ランキングも知っておこう!

>>大山(鳥取)の紅葉。見ごろ時期は11月前後!?スポットはここ!




香嵐渓の紅葉の見ごろ

香嵐渓の紅葉の見ごろは11月中旬~11月下旬です。

しかし、香嵐渓の紅葉は種類・数が多く椛だけでも約11種類・4000本も植えられているため、見ごろ時期が前後しやすいので注意が必要です。ツイッターやフェイスブックなどのタイムリーな情報を参考にすると見ごろを逃さずにすむのでお勧めです。

また、香嵐渓で美しい紅葉が見られるようになったのは地元に住む方々のおかげです。

寛永11年に香積寺の第11世住職「三栄和尚」が椛やスギを手植えしたことに始まり、昭和初期頃まで住民の手によって様々な種類の椛などが植えられてきました。

そのため、香嵐渓は様々な種類の紅葉がある、美しいスポットとなったのです。

♣ライトアップされた香嵐渓

香嵐渓の紅葉の見どころスポット

<こちらの動画から見て頂いてもいいですね!>

引用YouTube

巴橋と待月橋

香嵐渓には様々なスポットがあり、それぞれ違う表情を見せてくれますが、巴橋と待月橋からの眺めは特にお勧めです。

巴橋は香嵐渓入り口にある橋で、飯盛山がよく見えるポイントとなっています。赤や黄色などの紅葉で色鮮やかに染まった山が川の水面に映る様は大変美しいと評判です。

一方待月橋は香嵐渓の代名詞とも呼ばれる香嵐渓の中ほどにある橋です。待月橋から飯盛山側をみると「五色紅葉」とも呼ばれる絶景を見ることができます。

また、巴橋・待月橋はともに絶好のシャッタースポットなのですがそこまで幅が広くないので人通りが多い場合あまりゆっくりし過ぎないように注意しましょう。

もみじのトンネル

香嵐渓の沢山のポイントに中で、巴橋・待月橋と並び、特に人気なのが「もみじのトンネル」と呼ばれるスポットです。

待月橋に向かう道にあるもみじのトンネルでは、道の両脇の綺麗に色付いた紅葉がトンネルのように包み込んでくれます。

また、この道は元々、前述した香嵐渓ができるきっかけとなった和尚が勤めていた香積寺の参道だったそうです。




渋滞について

香嵐渓は周囲の道や駐車場が渋滞しやすいと言われています。そこで、渋滞回避方法や周囲の駐車場をご紹介していこうと思います。

◇朝早くor夜に出る

夜や朝早くに出て、できる限り早く出るのがお勧めです。

駐車場には平日で8:00、休日で7:00頃に到着すればかなり混雑を回避できます。

♣ライトアップが見たい場合

ライトアップを見物したい方は14:00頃に到着するようにすれば比較的混雑を回避できるでしょう。

帰りの混雑を気にする且つライトアップに興味がない方は14:00頃に帰路に着くことが多いそうなのでこの時間帯なら比較的スムーズに駐車まで出来ると思います。

◇渋滞回避ルート

こちらのルートで駐車場の付近まで渋滞を回避していくことができます。

上記のルートだとかなり遠回りをしているように見えますが、渋滞時にはこのルートのほうが断然早く到着することができます。

153号線方面から向かうと、多くの人が利用するため渋滞が起こりやすく、さらに追分交差点等で一般の方々も巻き込まれてしまうため、目的地に近づけば近づくほど混雑がひどくなってしまいます。

また、鞍ヶ池方面から香嵐渓へ向かう場合も追分交差点で合流してしまうため結局渋滞に巻き込まれてしまいます。

香嵐渓付近の駐車場

□公共駐車場

・宮町駐車場〔200台〕

・支所前駐車場〔120台〕

・西町第一駐車場〔30台〕

・西町第二駐車場〔70台〕

・川見駐車場〔100台〕

・落部駐車場〔60台〕

公共駐車場は基本的に24時間利用できます。

料金 : 普通車1000円/回

【駐車場 マップ】

□民間駐車場

・中央駐車場

(中央商店街でお買い物すると各加盟店にて中央駐車場の無料利用券がもらえます。)

営業時間 : 8:30~16:30

住所 : 豊田市足助町今岡5-4

定休日 : 火・土・日曜日

      (もみじ祭り・中馬のおひなさん期間は無休)

料金 : 400円/日 もみじ祭り期間800円/日 

     中馬のおひなさん600円/日

TEL : 090-1416-6511

【中央駐車場付近 マップ】

♣その他

香嵐渓付近には沢山の民間駐車場があり、地元の人が呼び込みをしていることがあります。場所によって値段もピンキリですが、中には500円や700円の場所もあるそうですので、見かけたら直ぐに駐車することをお勧めします。

◇渋滞情報・駐車場混雑状況について

以下のサイトでは香嵐渓付近の駐車場の混雑状況などが確認できますので、アクセスしてみてください。

https://www.sansyuasuke.com/香嵐渓駐車場/

まとめ

「香嵐渓」の名前は昭和5年に当時の町長らが大阪毎日新聞社社長が町を訪れた際に命名をお願いしたときに決められたものだそうです。

今でこそ紅葉の名所などと言われますが、前述したように住職が椛やスギを植えたことに始まり、住民が長い間見守ってきたことを考えるとよりいっそう紅葉の美しさが増すと思います。

歴史に思いを馳せながら眺める景観も素晴らしいものですよね!

それでは今回はこのへんで!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする