七五三の着物はレンタル、それとも購入?肩上げと腰上げのやり方は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

~今回は七五三の着物はレンタルか購入どっちがいいのというお話です~

こんにちは!らいふれんどです。

子どもさんがすくすくと成長し、さて今年は七五三の祝いだな、思った時、まずどうしようか考えるのがお子さんの着物についてですよね。

レンタル?購入?年齢によって着物に違いはあるのか…、また肩上げや腰上げにやり方など、今回は着物に関する色々をご紹介させていただきます。




着物のレンタルと購入。それぞれの費用、メリット・デメリットは?

購入する場合

まず購入する場合の値段ですが、選ぶお店、素材や生地によって大きく異なりますが、通販などで購入する一般的な相場1万円~10万円台くらいでしょうか。

>>参考HP:楽天市場

上を見れば、正絹の高級品であれば30万円以上の着物もあります。逆にリーズナブルなものだと、小物など一式揃えてセットで購入しても1万円以下で買えるお店もあります。

購入する場合のいいところは、好きなデザインの、誰も着ていない新品の着物を着ることが出来るというところです。

また、購入するとずっと手元に残しておけるので、女の子だと七五三以外の行事で着られますし、兄弟や姉妹、そして孫の七五三の時まで残しておけますよね。

ただ、やはりレンタルよりは値段が高くなりますし、保管もきちんとしておかないと状態の良いまま残しておけないので、注意が必要です。

レンタルする場合

次にレンタルする場合ですが、やはりなんと言っても着物の費用を抑えられるのが良い点ですね。プライスも下は6800円~上は29800円くらいの幅から、生地やセット内容によって選べます。

参考HP:ィーきものレンタル

そして、保管の手間を考える必要もないですし、レンタルであれば必要なものが一通り揃ってセットで用意してもらえる場合が多いので、七五三の着物について知識のない方でも安心です。

ただ、レンタルだとデザインは限られた中から選ぶので、好みのものが着られるかはわかりませんし、体調不良などでお参りできなくなった場合、日程変更するのは難しい場合もあります。

着物をレンタルする場合と購入する場合では、値段の違いや、それぞれにメリット、デメリットがあるので、考慮して選ぶといいでしょう。

 😀 着物の保管と処分についてはこちらの記事でもご紹介しています↓

>>「着物の保管と処分の仕方。専門クリー二ング店や買取・リメイク業者の利用を。」

年齢によって着物の違いはあるの?

次のとおり、男女別に年齢による違いがあります。

女の子の年齢による違い

女の子の3歳と7歳の場合では、仕立て方も違う着物となっています。

3歳の着物は「三ツ身」と呼ばれるもので(お宮参りの時に着た、初着、一ツ身と呼ばれる着物でも大丈夫です)。

特徴としては、着物を帯で締めるのではなく、袖なしの上着を羽織ります。負担が減って楽に過ごせるようになっていて、着付けの時間も短縮できます。手元には巾着を持たせてあげると、幼い可愛らしさが演出できます。

7歳の着物は「四ツ身」と呼ばれるもので、大人と同じように帯を締めるのが3歳の場合との違いです。

この帯は近年では作り帯になっている場合が多いようです。7歳の子には、手元にはハンドバッグを持たせてあげると、お姉さんらしさが出せると思います。

男の子の場合は?

男の子の場合は、「袴儀」と言われる袴を着ます。

作りは大きくは異なりませんが、体格が変わってしまうので、3歳と5歳ではそれぞれで体にあったサイズを用意してあげた方が良いと思います。

小物は3歳と5歳の時で同じものを使用しても問題ないでしょう。




肩上げと腰上げについて

女の子、男の子共にお宮参りの着物を3歳の七五三で使用する場合には、肩上げ腰上げを行い、そのほかに袖の丸みを付ける必要がありますので、注意が必要です。

子どもの着物の「肩上げ」には、まだまだ成長する存在、すなわち、子どもや半人前といった意味があります。子どもが無事に成長するようにと親の願いが込められているんです。

引用:YouTube

肩上げと腰上げは、ネットなどで方法が紹介されていますし、裁縫が出来る方なら案外簡単にできるかもしれません。袖の丸みを付けるのは少し難しいかもしれないので、その場合は専門店などへ、当日に間に合うように余裕をもって依頼してみてください。裁縫が苦手な方は、肩上げと腰上げも専門店で受け付けてくれますよ。

着物を購入した場合、するべきことは?

子どものために好みのデザインの着物を購入した場合は、良い状態で残しておくために、七五三が終わった後すぐにクリーニングに出すことをおすすめします。

小さな子どもは汗をかきやすい上に、動き回って汚れがついてしまっているかもしれませんよね。クリーニングは本来、着物の専門のクリーニング店に出した方が良いといわれていますが、お近くの街のクリーニング店で受け付けてくれるところも多いと思います。

引用:YouTube 「着物クリーニング本舗|京都【なをし屋】お手入れ事例 」  

値段はそれぞれの年齢の着物によって違うところがほとんどです。ネットでもクリーニングを出せるお店があるので、行く時間がなかなか取れないという方は活用してみるのも1つかもしれません。

そのまま長年保管していて、久しぶりに開けたときに着られない状態になっていた…なんていうことがないように、購入した方はぜひ、時間を空けずにクリーニングに出しておいてくださいね。

まとめ

着物を着る機会なんて一生のうちにそう何度もあることではないですし、着るとそれだけで特別感を味わえ、主役になった気分で子どもながらにとても嬉しく感じると思います。

写真や記憶にも残るでしょうし、ぜひ家族でお子さんにあった着物を選び、我が子の可愛い姿を楽しんでほしいと思います。

それでは、今回はこのへんで!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする