七五三のお祝い。祖父母からの相場金額やお返しは?食事会はする?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

~今回は、七五三のお祝い金やお食事会、お返しなどについてのお話です~

こんにちは!らいふれんどです。

七五三のメインは当然お子様の成長を祝うことですが、七五三を行う際に、実両親や義両親に声をかけるか、兄弟がいる場合はどうするのか、悩みますよね。

また、お呼ばれした義両親や実両親、いわゆるおばあちゃんおじいちゃんも、お孫さんにお祝い金やプレゼントを用意するのか、用意する場合金額の相場はいくらなのか、改めて言われると少し悩みますよね。

お母様お父様も、せっかく来てくださったおじいちゃんおばあちゃんに食事や膳はどうするか、お祝い金をもらった場合のお返しはいつなのか、悩まれるそうです。




七五三のお祝い金、相場はいくら?

まず、お孫さんや姪っ子、甥っ子さんにの七五三に呼ばれた場合お祝い金の相場についてです。遠方で行けなくてもお祝い金だけはあげたいという方も多いですよね。

七五三のお祝い金の相場ですが、近所や知人であれば3,000~5,000円親戚5,000~10,000円祖父母10,000~数万円、です。

😀 ちなみに「初穂料」の相場についてはこちらをごらんください!

七五三は基本的に内輪のお祝いですので、わざわざ身内でない方がお祝い金を送る必要はありませんが、送りたいという方もいらっしゃると思いますので、あくまでも相場という意味で書いています。

兄弟の七五三、主役じゃない子どもたちの服装や対応は?

次に、七五三で兄弟がいる場合です。

七五三は男女別にお祝いする年齢が異なりますので、年の近い兄弟姉妹でも七五三祝いの対象になる、ならないの違いがでることがあります。

兄弟はその年の七五三のお祝いの主役ではないため、特にお着物をきる必要もありませんし、お祝い金を送る必要もありません。むしろ、主役ではないことから、可哀想だからと主役であるお子さんと同じようにお着物を着せたり千歳飴を購入したりするのは、あまりおすすめできません。

ですが、お母様お父様もある程度きっちりとしたお洋服を着られると思うので、少しだけしっかりとしたおでかけ着、おめかしはしたほうがいいです。

ご本人の準備もでき、ご兄弟の用意もでき、おじいさまおばあさまはお祝い金の準備もできた・・・それぞれの方々が準備万端にできたら、集まる場はお食事会ですよね。

七五三が終わったら、お食事はどうする?解散してもいいの?

基本的に、七五三という行事お食事をするということは含まれないため、こうでなければいけないという決まりはありません。七五三祝いのお祝い膳のようなものもありますが、必ず食べなければならないという訳ではないので、安心してください。

しかし、朝からお子さんの準備をして終わるのはお昼過ぎ、せっかく親戚の方も集まっているのであればどこかでお食事されていくのもオススメです。

個室で、和室のような、静かに落ち着いて食事ができるところですと、皆さんリラックスして食事を楽めますよね。

大きな神社であれば、近くに七五三用のお食事膳というのが用意された料亭があるかと思いますので、そちらを利用するのも一つの手です。多少金額は高めですが、神社からすぐ近くで移動が簡単であることや、七五三お祝い膳があるということはお子様がいることを考慮にいれたお店ですので、それなりの対応をしてもらえると考えて問題ありません。

また、七五三でかなりお金がかかっているから、正直なるべくおさえたい・・・という場合は、ご自宅でお祝いをしても全く問題ありません。ご兄弟が多かったり小さかったりすると、むしろ自宅のほうが過ごしやすいというご家族も多いかと思います。

ご自宅でお寿司をとったり、ケーキを食べたりするのもとても楽しいと思います。




七五三のお食事代、基本的には誰が負担するの?

七五三のお食事代ですが、基本的にはお母さんお父さんが全員分負担します。

ですが、義両親や実両親がお祝い金をくださったり、お祝い金をださない代わりに食事代を負担する、という場合もあるようです。

また、お祝い金のお返しについては、お食事会=お返しとなるため、基本的にお返しは必要ありません。

考え方でいいますと、呼んでもらった親戚の方々がだすお祝い金と、そのお礼のお食事会ということですね。

とはいえ、お嫁さんの立場となるとお金をもらっていて何もお礼をしないわけには・・・と考えてしまう気持ちもわかります。祖父母さんが思った以上の金額を包まれた場合も同様のことを考えますよね。

お祝い金のおかえしは必要?お返しする場合は・・・

お祝い金のお返し考える場合は、手土産としてお赤飯や千歳飴を準備するといいかと思います。

それだけでは申し訳ない・・・結構な金額をいただいてるし・・・といった場合は、お祝いを受け取ってすぐか、遅くても1~2週間以内にお返しを贈るのがマナーです。あまり遅くなると、なんの贈り物?となりますので、中身よりも贈る時期に気をつけて、なるべく早くお返ししましょう。

お返しの金額ですが、3万円いただいても1万円以内5万円でも1万以内1万円いただいたら3千円程度のお返しがいいようです。お食事代がお返しに含まれるので、それも考慮にいれて考えましょう。

まとめ

祖父母様が一番うれしいのはお孫さんの成長です。

お母さんお父さんが、失礼のないようにとお食事やお返しを考えることはいいですが、祖父母さんがうれしいと感じるのはお孫さんの成長ですので、豪華な食事を用意することよりも、お孫さんの着物姿や、お食事会で気の抜けたお孫さんと和やかな時間を過ごすことが一番のプレゼントになるのではないでしょうか。

スタジオアリスなどプロに撮影をお願いしたものでなくても、また自分達で撮影する場合にカメラでなくてもスマホで撮った写真もコンビニエンスストアで簡単に印刷できます。

>>「七五三の写真はどこで撮る?3大スタジオの料金やサービスを比較しました! 

その時しかないお孫さんの写真をたくさん撮って、プレゼントしてください。そして沢山お孫さんとスキンシップしてもらってください、きっと、祖父母様は大喜びだと思います。

ですので、お食事会は「豪華で格式の高いところ」である必要はありません。どちらかというと、まだ幼いお子様がゆっくりのんびりできる場所を基準に選んでさしあげてください。七五三のお祝い膳を扱っているようなお店だと、お子様の対応にも慣れていますので、選びやすいです。

お食事会ではあまり気をはらず、祖父母さんやお子さんもゆっくりとできる場所を選んで、楽しい時間を過ごしてくださいね。

それでは、今回はこのへんで!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする