七五三の由来は?知られざるその意味を子供と一緒に絵本で学ぼう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

~今回は、七五三の由来についてのお話です~

こんにちは!らいふれんどです。

七五三とは、7歳、5歳、3歳の子どもの健やかな成長を祝う年中行事のひとつです。毎年11月15日を中心に、11月の七五三シーズンは七五三でお祝いする人々で神社はにぎわいます。

子は宝(かすがい)と言われるように一昔前ははやり病や貧困による餓えなどで乳幼児の生存率は現代と比べればとても低いものでした。医療の発達した現代でも、出産は命がけですし、産まれてきたお子様は小さくてふにゃふにゃ。すぐに風邪をひきますし、一時たりとも目は離せません。大人に比べたら、小さな淡い命です。そんなお子様が大きく育ってくださったことは、昔も今も変わらず奇跡ですよね。

そんな子どもたちが無事に育ったことを祝い、3,5,7歳を節目として今後もすくすくと健やかな成長を祈願する目的で、神社や氏神様にお参りする行事が「七五三」として現在でも残っているのです。




七五三の由来は?歴史はいつから?

天和元年11月15日(1681年12月24日)に館林城の主である徳川徳松、江戸幕府第5代将軍徳綱吉の長男ですが、この方が健康を祈って祈願したことが始まりとされる説が有力です。

旧暦の15日というのは、かつては「二十八宿の鬼宿日」、鬼が外に出歩かないことから何事を行うにも吉(きち)であるとされた日となります。

また、旧暦の11月は、1年の農作物の収穫が終わりその「実り」を神のご加護に感謝する月であり、満月となる15日に、氏神への収穫の感謝を兼ねて子どもたちの成長を祈りまた感謝し、神のご加護を祈るようになりました。

江戸時代に始まった神事であり、元来は関東圏における慣例です。ですが、関東圏で七五三が定着し広まるにしたがって、京都や大阪などの関西圏でも行われるようになり、それがだんだんと九州や北海道など全国に広まっていきました。

ですが、北海道や東北などの寒さの厳しいところでは、寒さを避けて一ヶ月早い10月15日に行う場合が多いようです。

七五三の意味は?なぜ3,5,7歳が節目なの?

数え年3歳を「髪置きの義」、数え年5歳を「袴儀」、数え年7歳を「帯解きの儀」としています。

江戸時代では3歳までは髪を剃るという慣例があったため、それを終了する儀式です。5歳では袴を着れる歳として男児が袴を、7歳では女児が幅の広い大人と同じ帯を結べるようになるため、帯解きの儀としました。

また、出雲地方では「3歳で言葉、5歳で知恵、7歳で歯」を神から授かることに感謝し、同時に3、5、7は子どもの厄の一種でもあるという考えから、それを払いにいくという考え方があります。

<こちらの動画もご参考にご紹介しておきます!>

YouTube引用

千歳飴を持つのは何の為?

七五三といえば必ず、千歳飴を持ちますよね。これには由来とされる2つの説があります。

由来の一つ目は、元禄の時代、浅草界隈で飴売りの商いをしていた「七兵衛」が紅白の棒状の飴を「千年飴」「寿命糖」と名付けて長い袋にいれて売り歩いたという説。2つ目は、1651年(具体的な数字ですよね!)、大阪の平野甚左衛門という商い人が江戸に出て飴を売り始めたという説です。

どちらにしろ七五三のご祈祷と直接関係するものではなく、千歳飴そのものが子どもの長寿を願い粘り強く細く長い形状で縁起のいい紅白でつくられていることから、子どもの成長を祝う儀式にぴったりの品物として、七五三には欠かせないものとして定着していったようです。

ほんとは怖い七五三の由来と意味。神隠しの謎とは?

七五三のお祝いは子どもの成長を祝う儀式です。ですがその七五三、怖い怖い話が隠されているのはご存知ですか?

先ほど、今ほど医療が発達しておらず昔は子どもが亡くなることが多かった、と書きましたが、そもそも7歳までは「人としての存在」すらしっかりと認められていませんでした。

それは、7歳までは未熟で使えないという意味ではなく、7歳までは貴重で生きていることが尊い「神からの授かった預かり物」としての扱いであると同時に、食料が不足したりすると真っ先に消されてしまうという存在だったんです。

預かり物とは、7歳まではまだ預かっているものだから、いなくなっても神に返しただけ、という考え方です。恐ろしいことですが、こういった考え方が通っており、江戸末期までの日本では子どもは7歳になって初めて人間社会に受け入れられていたのです。

神隠しという言葉は、そういった7歳未満の子どもが間引きされることを「神に隠された」とごまかした行為だったということです。

将軍綱吉が地方のこういった風習をどこまで知っていたかわかりませんが、そんな恐ろしい習慣を思いとどまらせるために「7歳未満の子どもの成長を祝う儀式」を長男とともに始めたのかもしれませんね。




子どもと一緒に七五三を勉強しよう!お勧め絵本はこれ。

お子さんに七五三を説明するときに、便利なお子様向けの絵本がいくつかありますのでご紹介していきます。

★子供さん向けの絵本についてはこちらの記事で幅広くご紹介しています★

            ↓ ↓ ↓

<絵本>3歳・5歳・小学校低学年向けのおすすめ人気特選本のご紹介。

「七五三すくすくおいわいの日!」

ますだゆうこ作/たちもとみちこ絵

引用:amazon

次の日に七五三のお祝いを控えた5歳の男の子そらくんと7歳のお姉ちゃんのおはなしです。風邪をひいてしまったお姉ちゃんのために、ちとせあめを作るそらくんに思わず涙腺が緩む心温まる絵本です!

「みんなげんきで七五三」

寺村輝夫作/いもとようこ絵

引用:amazon

「くりのきえんシリーズ」の七五三行事をモチーフにしたお話しです!

「七・五・三きょうだい」

なはえよしを作/上野紀子絵

引用:amazon

七歳の女の子、五歳の男の子、三歳の女の子の三きょうだいのお話。幼い三歳の妹をあたたかくやさしくサポートするおねえちゃんおにいちゃんのお話です!

「ぎゅっとだっこ七五三」

内田麟太郎作/山本孝絵

引用:amazon

7歳の女の子、5歳の男の子、3歳の男の子の3姉弟が登場。このお話に登場するお父さんがいいです!こどもの心がよくわかる優しいパパですね!

まとめ

医療の発達した今でも、出産は命がけであり、産まれた命は尊いです。小さな命をお腹の中で育み、産まれた赤ん坊は自ら食事をとることもできません。そんなお子様が、大人と同じような食事を食べれるようになり、二足歩行ができるようになり、言葉を話すようになります。その成長は著しく、一日一日があっというまに過ぎ去っていきます。

しかし、子どもたちは決して1人では生きられません。お母さんお父さんの愛情と、周囲の人々の支えの中で成長していきます。

お子様の成長を祝うと同時に、ぜひともお母様お父様も自分を労ってあげてください。お子様の成長は、ご両親の努力の賜物です。ぜひ、お子様と一緒に、一生に一度の七五三の儀式を楽しんでくださいね。

それでは、今回はこのへんで!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする