お正月飾りはいつから飾る?しめ縄や門松、破魔矢、鏡餅の正しい飾り方は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

1年の終わりも近づき、お正月の準備が頭に浮かぶ時期になってきました。

お正月の準備と言って思い浮かぶのが「お正月飾り」ですが、お正月飾りを飾るにあたって、位置やどのように飾るかなど、本来の正しい飾り方はご存知ですか?

今回は、お正月飾りいつから飾るのか?しめ縄や門松、破魔矢、鏡餅の本来の飾り方についてご紹介したいと思います。




お正月飾り いつから飾る?

まず、お正月飾りはいつから飾っていいものなのか。いつから飾り始めるべきなのか。をご紹介します。

本来は、「松の内」に入る期間から飾っても良いとされており、この「松の内は」地域によって日にちが異なりますので、関東では12月8日、関西では12月13日から飾っても良いということになります。

ただ、今の日本ではクリスマスの文化が習慣づいているため、クリスマスが終わった12月26日頃から飾る家庭が多いですね。

では12月26日以降でいつ飾るのがベストかというと、1番良いのは12月28日です。

「8」が付くので末広がりとされ、縁起が良いと言われる日なのでこの日が飾るのに1番適している日です。

注意したいのは、12月29日は二重苦として縁起が悪いです。

30日は旧暦で「晦日」つまり月の最後の日となり31日と同じ扱い。

この2日間はお葬式と同じ、一夜飾りになりますので縁起が悪いとされています。

つまり、お正月飾りを飾るのは12月28日までに済ませておきましょう!ということになります。

もしも12月28日までに飾ることが出来なかった場合は、29日と31日よりは30日に飾るのが良いかもしれません。

お正月飾り それぞれの意味は?

飾り方をご説明する前に、色々なお正月飾りがありますが、それぞれのもつ意味はご存知ですか?

主なお正月飾りのもつ意味を、改めてご紹介します。

〇門松:降りてくる歳神様の目印として

〇しめ飾り:不浄なものを断ち、家を祓い清めるため

〇破魔矢:魔を破り、災厄を祓うため

〇鏡餅:歳神様へのお供えものとして

それぞれ、このような意味をもっています。

正しいお正月飾りの飾り方

次に正しい飾り方について順に見ていきましょう!

〇門松

門松は、歳神様が天から降りてくるときに目印になるように飾るという意味があります。

本来の門松には松竹梅を使うとされています。

松は家の前に一対で飾る門松は門を挟み向かって、左に「雄松」右に「雌松」を飾ります。

竹は成長が早いので生命力の象徴とされ使われるのと、梅は新春に咲く事から、1年の始まりに飾る門松には紅梅や白梅が一般的に使われています。

〇しめ縄

しめ縄は、家では玄関、会社ではオフィスの入り口のドアに飾り付けます。

歳神様を迎え入れる目印になるものです。

ここはきちんとお清めしていますよと、清浄な場所であることを知らせる意味もあります。

なので、飾る際には掃除もきちんとしておきましょう。

玄関をおしゃれにする飾り付けの記事はこちら!是非ご覧ください

>>玄関のドアをおしゃれに変えよう!飾り付けやリフォームがおすすめ。

また、しめ縄には、結界として神様の領域を表すという意味もありますよ。

不浄なものや災いが入ってこないようにするのです。

そう考えると、ただ飾ればいいというわけではなく、きちんと綺麗な場所にして飾ろうという気持ちになりますね。

〇破魔矢

破魔矢は、神棚や梁など目線より高い位置に飾ります。

破魔矢には漢字からも想像がつきますが、「魔を破り、災厄を祓う矢」という意味があり、飾ることによって魔除けになると考えられています。

そして、飾るときには神様を敬う気持ちを表すために、目線より高い位置に飾るのです。

うまく置けない方には、「破魔矢置き」という置台も売っているので、それを用意して置くとうまく飾れますよ。

〇鏡餅

お正月飾りの中でも1番定番な鏡餅。

鏡餅は歳神様に捧げる神聖な食べ物とされ、最高のお供え物とされています。

鏡餅の丸い形は円満を表していて、それを2つ重ねるのは「かさねがさね」という意味があるからです。

飾ることによって、新しい一年を力強く生きてく為に必要な力を歳神様から与えて頂くといわれており、これがお年玉(=お年魂)だとされています。

鏡餅の1番上には、みかんを乗せるイメージがありますが、これは実は本来は橙なのです。

橙はその呼び名から「代々栄える」という縁起があるものとされているからです。

これを聞くと、みかんではなく、橙を飾ることに意味があるのだと改めてわかりますね。

今では家の中の1か所置く家が多いですが、昔は家の中の数か所に鏡餅を飾りました。

これは、歳神様の他に、家神様がいるとされている場所にも飾っていたからです。

鏡餅には、飾っていたお正月の間に歳神様が宿るとされ、これを家族みんなで食べることによって、そこに宿った力を分けていただき、1年間の家族の健康や幸せを願うものだとされています。

まとめ

核家族化が進んだ近年では、お正月飾りも簡略化されたり、飾らなくなった家も出てきたように思います。

しかし、お正月飾りを飾って新年を迎える準備することには大きな意味があり、そこには昔から、毎年家族の健康や幸せを祈ってきたという背景があります。

このようなことを改めて考えると、お正月飾りをきちんと飾ってお正月を過ごすということは、いつまでも大事にしていきたい文化だと思いますよね。

それでは、今回はこのへんで!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする