【お正月飾りの処分】いつやるの?神社や自宅での方法は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

みなさん、お正月にはしめ縄や鏡餅などのお正月飾りを用意すると思いますが、その飾ったお正月飾りの処分方法はご存じですか?

いつまで飾っていつ処分すればいいのか、どこに持っていけば処分してもらえるのか、自分で処分することはできるのか、など知らなくて困ったり、どうしたらいいのか悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか。

処分してもよい時期も、実は地域によって違いがあるのです。

今回はお正月飾りの処分時期神社自宅での処分方法などを、飾りごとにご紹介していきたいと思います。




しめ縄・門松・破魔矢の処分の仕方

〇処分する時期

しめ縄・門松・破魔矢などのお正月飾りは、「松の内」の期間を過ぎてから処分します。

「松の内」とは、歳神様がいると言われている時期です。

歳神様とは、先祖の集合霊のことを呼んだもので、家を災いから守ってくれる神様と言われています。

この「松の内」は関東、関西それぞれ地域によって時期が違います。

元旦から、関東は1月7日まで、関西が1月15日までが「松の内」の期間となります。

なぜ関東と関西で期間が違うのかというと、こんな理由があります。

以前松の内は一般的には小正月と言われる1月15日までで、鏡開きは1月20日に行われていました。

しかし、江戸時代の将軍だった徳川家光が4月20日に逝去された事で、江戸幕府は20日という日付を嫌い、11日に鏡開きを行うようになったのです。

このことから、関東を中心とした地域では、松の内の期間が1月7日までに変更となったようです。

〇処分の仕方

しめ縄・門松・破魔矢の処分方法は、一般的には神社での「どんど焼き」で焼いてもらう方法になります。

この「どんど焼き」には、火の神の力によって天界へ歳神様をお還しするという意味があります。

想いの込められた神事なので、都合がつくようであれば、なるべく神社に持って行って処分してあげるのが良いと思います。

神社で1月15日ごろに行われていることが多いので、住んでいる地域の「松の内」の期間が終わったら、持っていきましょう。

それぞれの神社にもよりますが、当日だけ受け付けているのではなく、その前から受け付けているところが多いので、使い終わったお正月飾りを早めに持って行っても大丈夫です。

また、どんど焼きが終わっても受け付けはしていて、その後に別途処分してくれることもあります。

念のため、時期や受付期間は、神社に事前に問い合わせてみると良いと思います。




〇自宅で処分することはできる?

お正月飾りを一般のゴミ収集に出すなんて、縁起が悪いかなと思う方もいるかもしれません。

でも、近くの神社で処分してもらえない場合や、 どうしても神社に行けない場合もありますよね。

実は、お正月飾りを自分で一般のゴミとして出すなどして処分することには何の問題もありません。

ただ、その場合はきちんとお清めをしてから処分するようにしましょう。

お清めの仕方は、大きな紙を用意し、その上に飾りを置いたあと、飾りに塩を左→右→中央の順番で3回かけます。

かけ終わったら紙でくるんでから処分してください。

大きな門松を飾った場合は、地域によっては大型ゴミに分類されるところもありますので、きちんと確認してから処分しましょう。

鏡餅の処分の仕方

鏡餅は、一般的には鏡開きとされる1月11日に1年間の無病息災を願って家族みんなで食します。

鏡開きで鏡餅を開くのは、「新しい年のはじまり」を意味します。

鏡開きの日も地域によって違いがあり、関西では松の内の1月15日まで飾っていたり、正月飾りを1月20日の「二十日正月」まで飾るという地域もあります。

住んでいる地域のしきたりをよく知っておき、飾る時期や処分の時期も合わせましょう。

気を付けてほしいのは、鏡餅は包丁などの刃物で切ることは、切腹を連想させるため禁忌とされています。

食べるときに硬くなってしまっている場合は、電子レンジでチンすると手でちぎれるほど柔らかくなりますよ。

包丁などで切らないようにして食べましょう。

まとめ

お正月飾りは「歳神様やご先祖様がやってくるのを歓迎するための準備として飾るもの」という意味があり、毎年しっかり用意したいところです。

近年はオシャレなお正月飾りも増えましたし、「捨てるのがもったいない」「翌年までとっておいて、また同じものを使っても良いんじゃないか」と考える方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、お正月飾りを、どんど焼きや神社で処分するのにはきちんと意味があるのです。

清い火で処分することで、おりてきた神様を煙と一緒にちゃんと天に送り返すという意味合いをもっています。

こういう本来の意味を知ると、その年使ったお正月飾りは処分し、翌年にはまた新しいものを用意して、新たな気持ちで氏神様やご先祖様をお迎えしてあげたいなという気もしますね。

それでは、今回はこのへんで!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする