おせち料理にはどのような意味があるの?種類(一覧)ごとに知りたい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

デパートやスーパーおせち料理の予約開始のポスターやパンフレットを目にする時期になりました。

豪華なもの・昔ながらのものなどいろいろ揃っていて目移りしてしまいますね。

昔からお正月に食べられている「おせち料理」ですが、いつごろから食べられるようになったか・なぜその料理がおせちに入っているのか、といった由来などは知っている人が減ってきました。

そこで今回は、おせち料理について知識を深めるべく種類ごとの意味や由来などを一覧にして紹介したいと思います。

この時期を読めば、あなたも「おせちにはどうしてコレが入っているの?」という子どもからの質問にも答えられるようになります!




おせち料理について~歴史や由来・いつ食べるのか~

おせち料理は今や、お正月に食べるお祝いの料理と思っている方が多いことでしょう。

ですが、本来は「御節供(おせちく)」と呼ばれ、元日や五節句(年に5つある節句のこと)などの節目となる日に神様にお供えした後に食べられていた料理のことを指していました。

それが、江戸時代になって一般庶民に「御節供」の行事が広まった際に、一年で一番大切なお正月に食べる料理が「おせち料理」と呼ばれるようになりました。

もともとはそれぞれの土地で収穫されたものを調理していただいていましたが、暮らしや食文化の変化とともに海の幸・山の幸がふるまわれるようになり、現在のおせち料理になったと伝えられています。

いつも家事に追われている主婦を家事から解放するために、日持ちのする食材を中心とした調理が行われ、正月の三が日に食べることになっています。

おせちに入っているものに意味はあるの?

おせち料理に入っているものには、種類ごとにきちんとした意味が込められています。1つずつ紹介していきます。

◎数の子

たくさんの卵を持つニシンは「子孫繁栄」の象徴です。

子孫繁栄を願って、数の子を入れます。

◎田作り

干したカタクチイワシの稚魚を飴炊きにしたものが田作りです。

農作物の肥料としてカタクチイワシを使ったところ、豊作になったことから五穀豊穣の願いが込められています。

「ごまめ」とも呼ばれますが、その際は「五万米」の文字をあてます。

◎黒豆

黒豆には邪気払いの意味が込められています。

さらに、真っ黒に日焼けするほどマメにしっかりと働けるように、との願いも込められています。

◎たたきごぼう

ごぼうは地中に深く根を張って育ちます。

その様子から家の基礎がしっかりとすることを願われています。

◎紅白かまぼこ

かまぼこ赤には魔除け白には清浄の意味が込められています。

◎伊達巻

見た目を巻物に見立てて、知識が増えるようにと願われています。

◎昆布巻き

昆布は「こぶ」と発音し、「よろこぶ」につながるので、縁起の良い食べ物とされています。

◎栗きんとん

黄金色に輝く財宝に見立てられている栗きんとんは、豊かな一年になるように願いが込められています。

◎ちょろぎ

古くから漢方薬や薬膳料理の材料として使われてきたちょろぎには「長老喜」や「千世呂木」という字があてられ、長寿が願われています。

◎錦卵

の黄身と白身を金・銀に例えて、入れられています。

◎ぶり

成長とともに名前が変わる出世魚のブリは、出世を願っています。

◎鯛

「めでたい」のごろ合わせでもありますが、七福神の一人である恵比寿様が持っている魚でもあるため、お正月の食卓にふさわしいとも考えられています。

◎エビ

長いひげをもち、腰を曲げている様子から「長生きの象徴」として入れられています。

◎れんこん

が開いていて向こう側までよく見えることから、「将来の見通しがきくように」との願いが込められています。

◎サトイモ

親芋から多くの子芋が実るサトイモの様子から、子孫繁栄を願っています。

◎八つ頭

八つ頭も子芋がたくさん実ります。子孫繁栄と「頭となって出世ができるように」との願いが込められています。

◎くわい

子球がたくさんつく実り方から、子孫繁栄と「大きな芽が出る」ことがめでたい、ということで入れられています。

◎なまこの酢漬け

なまこは外見が俵の形に似ているので、豊作を祈願して入れられています。

◎紅白なます

大根の白・人参の赤は水引を表しているといわれています。

平和・平安を願って入れられています。

◎菊花蕪

冬が旬の蕪を、邪気払いと不老長寿の縁起物とされる菊の形に飾り切りをして入れます。

重箱のどの段にどの料理を詰めればいいのか、についてはこちらの記事を参考になさってください。

【参考記事】おせち料理の盛りつけにルールはあるの?重箱は必須?

まとめ

これまで何気なく食べていたおせち料理について、歴史や由来・食べる時期・種類ごとの意味などについて紹介しました。

子どもの頃は「またこれかぁ・・・」と思っていたおせち料理にも、いろいろな意味があることがわかると、ありがたく感じますね。

昔から受け継がれてきたものを、将来を担っていく子どもたちにも、きちんと引き継いでいきたいものです。

それでは、今回はこのへんで!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする