寒中見舞いと喪中ハガキの文例や送付時期について。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

年末が近づくと、頭をよぎるのは年賀状ですが、それと同時に喪中や寒中見舞いと言った言葉も聞きますよね。

喪中とは、ご存じの方がほとんどだと思いますが、その1年に身内に不幸があったご家庭が喪に服している期間です。

寒中見舞いとは、寒さが厳しい頃合いに送付する季節の便りですが、喪中の方に年賀状代わりとして送付することもできます。

今回は、そんな寒中見舞いと喪中ハガキの文例や送付時期についてご紹介します。

★2019年の年賀状関連はこちらの記事で公開しています★

         ↓  ↓  ↓

 年賀状2019。いつまで投函?年明けは?喪中ハガキテンプレートもご紹介。

  年賀状に添える一言書き。相手先や用途に合わせた文例ご紹介! 

『年賀状の値段2019』郵便局・コンビニ・カメラのキタムラそれぞれでは?

『年賀状文例』上司や先生向けと結婚式後のテンプレートご紹介。

寒中見舞いと喪中ハガキの文例や送付時期について。

年賀状印刷をコンビニでお手軽に。セブン、ファミマ、ローソンの料金は?




喪中とは?

身内や近しい人が亡くなった場合に、日本では1年ほど、その人の死を悼み、身を慎みます。

古くはお酒やお肉を食べない、音楽を聴かない、嫁をとらず財を分けないといったしきたりがありましたが、現在ではそれらは部分的に受け継がれ、個々の裁量によって決まります。

明治7年に出された太政官布告では、続柄によって忌日数と喪日数が細かく決められていました。

例えば、父母であれば忌日数は50日、喪日数は13ヶ月、兄弟姉妹であれば忌日数は20日、喪日数は90日、祖父母(父方)は忌日数30日の喪日数150日、祖父母(母方)は忌日数30日の喪日数90日です。

しかし、当然ですが現在はこうした法令はすべて撤廃されています。

現在では、だいたい四十九日までが忌中、一周忌までが喪中とされています。

したがって、「喪中ハガキ」というのは、昨年身内に不幸があったお家が「今年は喪に服するので、お祝い事は辞退させてください」という連絡を親しい人たちに伝える手段なのです。

お祝い事、派手なこともその家々によって異なりますが、基本的に喪中ハガキが届いた家に年賀状は送ってはいけません。

喪中ハガキは、11~12月中に「翌年の年賀状(新年の挨拶)は遠慮します」といった意味を含んで出しますので、そのすぐ後に年賀状を送るのは大変失礼な行為にあたります。

喪中期間中は、そのお家はしめ縄や門松などの正月飾りを出したり、おせちや初詣を控えます。

しかし、例えば結婚や出産は避けられないこともありますよね。

喪中の期間中は、本来結婚や出産も控えるべきです。

しかし、場合によってはそうはいかないこともありますよね。

その場合は、各家々で、しっかりと相談して決めてください。

喪中ハガキの送付時期やマナーについて

喪中ハガキは、現在は基本的に1年以内に2親等内の親族が亡くなった場合に送っています。

2親等までというと、「両親、配偶者、子ども、兄弟姉妹、祖父母、孫」があたります。

喪中ハガキを送る対象者は、普段年賀状のやりとりをしている人です。

昨年の年賀状をもとに送るか、喪主を務めた場合には故人が生前に年賀状のやり取りをしていた知人、葬儀の参列者にも送ります。

気をつけるべきは、すでに喪中であることを知っている親族や親戚には送る必要はありません。

会社の取引先など、ビジネス関係者にも、わざわざ喪中であることを伝えてしまうと気遣わせてしまう可能性があるので、送りません。

喪中ハガキの投函は、12月初旬です。

喪中ハガキは前述の通り、「来年の新年の挨拶は控えさせていただきます」と事前に伝えるものですので、相手方が年賀状を投函する前に伝えなければなりません。

多くの人が年賀状は12月半ばになってから投函し始めるので、喪中ハガキは12月上旬には届くようにしましょう。

喪中ハガキは郵便局に売っていますし、弔事用切手も郵便局窓口で購入できます。

最近では通常の切手で代用しても問題ないといわれていますが、できれば喪中用の切手を貼ったほうがいいと思いますよ。

内容は「喪中であること」「挨拶を遠慮すること」「故人について」「結びの挨拶」「日付」「名前と住所」になります。

喪中ハガキの例文

まず「喪中であること」「挨拶を遠慮すること」・・・

喪中ハガキでは、一番に伝える必要があります。一番大きな字で

「喪中につき年末年始のご挨拶ご遠慮申し上げます」

「今年○月○日に○○が永眠いたしましたので 年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げます」

といった文章を書きます。

さらに続いて「故人について」・・・

喪中ハガキでは、亡くなった人の名前と、続柄(自分にとって母親であれば 母)、いつ亡くなったかと、何歳で亡くなったかを明記します。

「○○(名前)去る○月○日 ○○歳にて永眠」「本年○月○日に○(続柄)○○(名前)が永眠致しました」「今年○月○日に○(続柄)○○(名前)儀 ○○歳にて永眠いたしました」 

同じ年に相次いで二人亡くなった、という場合があれば、同じハガキに2名の名前を載せても問題ありません。

むしろ混乱を招くため、別々に出さないほうがいいです。

また、会社側が出す社用の喪中ハガキでは、関係者が亡くなった場合「弊社 ○○(役職名) ○○(名前) の喪中につき」などで出すこともあります。

最後は「あいさつ文」・・・

こちらは年賀状のようにあまり華やかで明るい内容は書きません

「本年中/賜りましたご厚情/深謝申し上げ/明年も変わらぬ/ご交誼のほどを/お願い申し上げます」

「なお/時節柄/一層のご自愛の程/お祈り申し上げます」

「向寒の折柄/皆様のご健勝/お祈り申し上げます」

しめに「日付」「住所」「名前」をいれます。

日付は、喪中はがきを出す年月(日までいりません)です。

漢数字で記載するため「平成 六月、十一月」といった書き方になります。

そして、下段左側によせて、差出人の住所と氏名を書きます。夫婦や子どもとの連名でも問題ありません。




寒中見舞いの送付時期やマナー、文例について

送付時期とマナー

寒中見舞いは、寒さが厳しい季節に送る「冬になりましたねぇ 寒いですねぇ お身体いかがですか?」といった季節の便りです。

寒さ厳しい冬は、野菜や果物も手に入りにくく、風邪も流行しやすいので、相手の体調を気遣うとともに自分の近況を伝えます。

その寒中見舞いのもう一つの使い方としては、喪中の方にあてての年賀状代わりの挨拶状です。

引用:https://www.jp-guide.net/manner/ka/k-mimai.html

寒中見舞いを出す時期は1月の5,6日頃~2月4日まで。松の内があけてから立春までとされています。

寒中ハガキを喪中の方あてに使う場合は

「喪中の方に、年賀状代わりとして使う」

「喪中と知らず年賀状を出してしまったので、お詫びの手紙として使う」

場合や、

「喪中と知らずに年賀状をくださった相手にお返事として使う」

場合があります。

さらには、松の内(1月1日~7日)を過ぎてしまったときに、年賀状を出すには遅すぎるけれど挨拶をする場合やお歳暮のお礼状として寒中見舞いを用いるといった使い方もできます。

文例テンプレート

寒中見舞いは、年賀状や喪中ハガキのように決まりきった例文や文面はないのですが、文面構成や時節の挨拶、年始の挨拶また故人宛に年賀状が届いた場合などの例をあげてみます。

【文面構成】

「挨拶」

「年賀状についてのお礼やお詫び」

「近況」

「今後もよろしくといった支援やお付き合いをお願いする言葉」

「相手の体調を気遣う言葉」

「日付」

<ここに注意>

寒中見舞いに用いるものは、ハガキでもレターセットでも構いません。ただし年  賀状や喪中ハガキではないので、年賀ハガキや喪中ハガキを使用することはやめましょう(普通の官製はがきは問題ありません)。

【時節の挨拶】

月毎に異なりますが1月であれば

「厳寒の候/初春の候/新春の候」や

「お正月気分も抜けて・・・」

「松もとれ・・・」

「松の内も過ぎ・・・」

「年が明け・・・」

「寒中お見舞い申し上げます」

といった書き出しがオススメです。

<ひと言アドバイス>

真っ白な手紙やハガキでは寂しいので、冬らしいシンプルで温かみのあるイラストを添えるとすてきですよ。

【年始の挨拶文】

「寒中お見舞い申し上げます/ご丁寧なお年始状をいただきありがとうございます/服喪中につき/新年のご挨拶を失礼させていただきました/欠礼のお知らせも申し上げず/大変失礼いたしました/本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます」 平成○年○月

といった文章がオススメです。

【故人あてに年賀状が届いた場合】

一層に連絡が行き届かなかった非礼を詫びることが必要です。 

「寒中お見舞い申し上げます/先日はご丁寧な年頭のご挨拶を頂戴し/誠にありがとうございます/皆様にはお健やかに新年を迎えられたご様子/何よりと存じます/○(続柄) ○○(名前)は、昨年○月○日に他界(急逝)いたしました/ご通知が遅れましたことを/深くお詫び申し上げます/故人との生前の交誼に深くお礼申し上げます/生前に賜りましたご厚情に深謝いたします/酷寒の折、何卒お身体を大切に/皆様の一層のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます」

というような文面がオススメです。

まとめ

寒中見舞いはあまり馴染みがないように感じますが、個人的な話として、茶道をたしなんでいる友人からたまに寒中見舞いが届きます。

季節の便りらしく、雪ウサギやツバキ、水仙や水鳥などが冬らしい淡いタッチで描かれていて、とても心があたたかくなります。

寒中見舞いであれば新年の挨拶をしてもいい、というわけではなく、寒中見舞いはあくまで季節の頼りですので、そういった心遣いを忘れないようにしてください。

10月にはいり、少しずつ秋めいてきましたが、今年の冬も寒くなりそうですね。

それでは、今回はこのへんで!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする