おせち料理を手作りしてみよう!簡単レシピ紹介~和風編~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

おせち料理を購入しても、好きなものはすぐになくなり苦手なものは残りがちになります。

かといって好きなものを買おうとしても、おせち料理は高額なものが多くなかなか手が出ないのが現実。

それならいっそ、好きなものをたっぷりと食べられるように手作りしてみませんか?

難しいことはありません。

簡単手作りできる和風おせち料理のレシピをご紹介します!




定番・和風おせち料理の一品を手作りしてみよう!

和風のおせち料理から、黒豆・田作り・筑前煮・栗きんとんの簡単なレシピを紹介します。

◎じっくりコトコト、やさしい甘さの黒豆

★用意するもの

 黒豆 300g

 砂糖 200g

 塩 小さじ1/2

 しょうゆ 小さじ1/2

 重層 5g

 水 8カップ

 差し水 1カップ

★作り方

①黒豆を洗い、ザルに上げます。

②厚手の鍋に水を入れて沸騰させます。お湯が沸いたら火を止め、黒豆・砂糖・塩・しょうゆ・重層を入れて一晩(6~12時間)置いておきます。

③2の鍋を中火にかけ、沸騰させます。アクをとったら1/2カップの差し水をし、再び沸騰させます。再度アクをとります。

④差し水の残り1/2カップを3に入れ、紙製の落し蓋をしたら鍋のフタをして弱火で煮詰めます。
※鍋の種類によって3~5時間ほどかかります。時々豆の硬さを確かめましょう。

⑤豆が煮あがったらフタをしたままで冷まし、味を染み込ませてできあがりです。

 🙂 できました!

引用:https://cookpad.com/recipe/3596756

<ポイント>

を良く仕上げたい方は2の工程で「さびた釘」や「鉄玉子」「おまめちゃん」などの鉄製品を入れるとよりいい色に仕上がります。

◎レンジであっという間!簡単田作り

★用意するもの

 煮干し 30g

 グラニュー糖 8g

 みりん 3g

 しょうゆ 8g

 ごま 2g

 ピーナッツ 5g

★作り方

①煮干しを平らな耐熱皿に広げて乗せ、レンジで3分加熱します。

②グラニュー糖・みりん・しょうゆを混ぜ合わせます。

③1に2をからませて、さらに3分加熱します。

④3にごまと刻んだピーナッツを混ぜ合わせて、できあがりです。

🙂 できました!

引用:https://cookpad.com/recipe/4155434

<ポイント>

煮干しのカルシウムと、ごま・ピーナッツで抗酸化作用のあるビタミンEが摂取できます。




◎おせち以外でも役立つ、シンプル筑前煮

★用意するもの

 鶏もも肉 1枚

 れんこん 1節

 にんじん 1本

 こんにゃく 1枚

 干ししいたけ 4枚

 絹さや 8枚

 ごま油 大さじ1

 水+干ししいたけの戻し汁 250㏄

 酒 大さじ2

 顆粒だし 小さじ1

 砂糖 大さじ1と1/4

 みりん 大さじ1と1/4

 しょうゆ 大さじ2と1/2

★作り方

①干ししいたけを水でもどします。水気を絞ったら石づきを切り落とし、4つに切ります。

②れんこんは皮をむき、一口大の乱切りにして酢水で下ゆでをします。

③鶏肉を一口大、にんじんを一口大の乱切りにします。こんにゃくは洗って一口大にちぎります。

④絹さやの筋を取り、さっと湯がいたら斜め半分に切ります。

⑤鍋にごま油を入れて熱し、中火で鶏肉・れんこんを炒めます。鶏肉に焼き色がついたらにんじん・こんにゃく・しいたけを加えて炒めます。

⑥全体に油が回ったら、水+干ししいたけの戻し汁・酒・顆粒だしを5に入れます。

⑦煮立ったら砂糖・みりん・しょうゆを入れて、炒めながら汁けを飛ばし照りを出します。

⑧煮汁がほとんどなくなったら器に盛りつけ、絹さやをトッピングしてできあがりです。

🙂 できました!

引用:https://cookpad.com/recipe/3190696

<ポイント>

こんにゃくあく抜きが不要なものを使うと簡単です。
あく抜きの必要なものは事前にあく抜きをしてから使いましょう。

ゴボウやタケノコなど、好きな具材を入れてもおいしくいただけます。

できたてよりも時間をおいた方が味がしみておいしくなります。

◎甘露煮使用で簡単!栗きんとん

★用意するもの

 さつまいも 400g

 栗甘露煮 1瓶

★作り方

①さつまいもを蒸して熱いうちに皮を取り除き、マッシャーなどでつぶします。

②1に栗甘露煮の汁を加えて、練り混ぜます。

③ラップに2を適量とって伸ばし、栗の甘露煮を包み込んで茶巾しぼりにすればできあがりです。

🙂 できました!

引用:https://cookpad.com/recipe/3599018

<ポイント>

甘みが物足りないと感じる場合には2の工程ではちみつを加えるのがおすすめです。

★まとめ

定番の和風おせち料理も「我が家の味」にすることができる簡単な作り方をご紹介しました。

やっぱりおせちはスーパーなどで出来あいを購入するよりも、家庭で手作りするほうがお正月気分もより暖かみのあるものになるのではないでしょうか。

今年のお正月はぜひ手作りおせちに挑戦してみてください。

では、また。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする