しめ縄作り。意味や由来を噛みしめ正しい飾り方で彩るお正月。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

お正月に飾られる「しめ縄」。

お正月飾りの中でも特に風合いの強さが際立っています。

今回はこのしめ縄の意味や由来、作り方や本来の飾る向きなどをご紹介していきます。




しめ縄の意味と由来

しめ縄には実は「標縄」「七五三縄」「注連縄」と複数の漢字の表し方があります。

どうしてこのようにいくつかの表し方があるのか、それは、しめ縄の元々の由来が関係しています。

1つずつご紹介していきたいと思います。

○標縄

これは元をたどると万葉集に出てきた表し方です。

頭にある漢字の「標」は「占める(専有する)」という意味があります。

標縄が張り巡らされている場所やものは、現世とは異なった神聖な場所や神聖なもので、そこには神霊が占めるとされておりました。

このことから「標縄」となったのです。

○七五三縄

これには、七、五、三は陽数(奇数)であり、それは神域に陰が入らないように封じるという、陰陽道の影響を受けた説があります。

○注連縄

これが現代で使われている、最も一般的な表し方になります。

注連縄の「注連」は、古代中国の文献にある「注連(ちゅうれん)」を用いた言葉です。

注連というのは、亡くなった人の出棺の後に、死者の魂が家に戻ってくることがないように、家の入口に水を注いで清め連ねて張った縄のことです。

日本で現世と神域を区別するために使われていた「しめ縄」と似ているため、この「注連縄」という文字が使われるようになったと考えられています。

この3つの表し方の意味や由来を見てわかるように、「しめ縄」は、神様の領域と現世を隔てる結界の役割をするとされています。

そしてしめ縄を飾ることで、災厄や不浄なものが入ってこないようにしているのです。

また、神様をまつるのにふさわしい神聖な場所であることを示す意味ももち、神様がそこに宿る印ともされています。

しめ縄の作り方

しめ縄は昔から飾られてきたもので、作り方も伝統的なものがありますが、自分で作るなら簡単なリース状にするものがおすすめです。

これはいくつかあるしめ縄の形のうち、「輪飾り」と呼ばれるものになります。

では、作り方をご紹介します。

[材料]

・藁(なければ紙紐やラフィアなどでも代用できます)

・はさみ

・タコ糸など、藁を縛る糸、針金

[作り方]

  1. まず、藁を必要な長さにはさみで切り、束の端をタコ糸などで縛ります。
  2. 束にした端を縛ったら、二等分して、ねじりながら絡ませます。
  3. (そのままねじっていくと、自然と二つの束が絡まっていきます。)
  4. 必要な長さになったら端をタコ糸などで縛ります。
  5. 形を整え、輪にしてリース状になったらまた紐で縛って留めます。
  6. (針金などを使って留めても良いかもしれません。)

藁を使う理由には意味があり、「今年の豊作に感謝し、次の年もまた豊作でありますように」という願いが込められていますので、できれば藁で作った方が好ましいと思います。

土台のしめ縄が出来上がったら、飾りつけをして、しめ飾りの完成となります。




しめ縄の本来の飾り方、向き

しめ縄にはいくつかの形があります。

東日本でよくみられる「玉飾り」、上記で作り方をご紹介した「輪飾り」、そして西日本でよくみられる「ごぼうしめ」です。

まず全ての形のしめ縄に共通していることは、「玄関の方を向けて飾る」ということです。

これは、東西南北の方角とは関係なく、神様をお迎えするという意味で神様が入ってくるとされている玄関に向けて飾るからです。

しめ縄は玄関の外に飾ることが多いのであまり気にしなくてもいいかもしれませんが、屋内に輪飾りを飾るときには覚えておくと良いと思います。

「玉飾り」と「輪飾り」は単純に正面が見えるように飾れば大丈夫です。

ただ、「ごぼうしめ」は注意する点があります。

「ごぼうしめ」の形は片方が細く、もう片方が太く作られています。

神様から見て左側が上位であるため、神棚に飾るごぼうしめは人から見て右側に太い部分がくるように飾らなければならないのですが、玄関ではになるのです。

玄関にごぼうしめを飾る場合、外から神様が入ってくるので、外(神様)から見て左側(上位)に太い部分が見えるようにしなければなりません。

ただ、この向きに関しては地域によって差があり、正しい飾る向きが異なります。

神棚には東日本でも「ごぼうしめ」を飾ったりするのですが、東日本では主に向かって右側に太い部分がくるように飾られ、出雲式(西日本)では左に太い部分がくるように飾られているといったことがあります。

「ごぼうしめ」を飾るときには、住んでいる地域の氏神様が祀られている神社に、向きを確認してから飾ることをおすすめします。

【まとめ】

お正月に飾られるしめ縄には複数の漢字の表し方や由来、そして形にもいくつかの種類があることを初めて知った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

最近ではお正月飾りを飾る風習も簡略化されつつありますが、昔ながらのこういった伝統的な風習は、いつまでも大事にしたいものだと思いました。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする