お菓子作りに使う道具をスッキリ収納する方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

料理をする人にとってもそうですが、お菓子作りを趣味にしている方にとってはこまごまといろいろな道具が増えていくことで収納場所に困る、という悩みを持っている方も多くいるようです。

作るのは好きだけど、道具の準備・出し入れや片づけのことを考えると手が止まってしまう、という方のために、お菓子作りの道具を上手に収納する方法を紹介します。




まずはどれくらいの道具があるのかを確認&整理

お菓子作りの道具やラッピングのグッズは少しずつ増えていくことが多いと思います。

そのつど「ここに入れておこう」と収納をしていると、いろいろなものがバラバラに収納されてしまう傾向が強くなります。

そこで、一度お菓子作りに関係する道具をすべて出してどれくらいあるのか確認をしてみましょう。

そして、使用頻度などに合わせて分類をします。

・料理にも使っているもの

・月に1度以上使うもの・使わないもの

・もう使わないもの

いかがですか?

何かを作ろうと思った時に買ったけれど、それ以来使っていない道具もありますよね。

「もう使わないな」と思える道具は、思い切って処分してしまいましょう。

ケーキ型などは置いておくとかさばりがちですが、最近は使い捨ての紙製のものなどが100円ショップに売っていたりしますので代用できるのであれば、そちらを使うようにしましょう。

不要な道具を処分したら、残ったものを整理していきます。

◎料理にも使うもの

お菓子作り・料理作りに使うもの(ボウルや泡だて器・スパチュラなど)は、使用頻度が高いため使いやすい場所に収納します。

◎使用頻度は低いけれど使うもの

お菓子作りの時にしか使わない道具は、ひとまとめにしてシンクの下や吊戸棚など、普段使いする道具たちの出し入れの邪魔にならない場所に収納します。

重い道具がたくさんある場合には、シンク下がおすすめです。

軽いものが多い場合は吊戸棚の上段でも問題ありません。




お菓子作りの道具を収納するために便利なグッズ紹介

収納場所が決まったら、道具がバラバラになってしまわないようにまとめて収納すると、次回使う時に便利です。

◎無印良品 ファイルボックス ワイド

引用:https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4549738907596?searchno=9&sectionCode=S1070103

幅約15cm×奥行約32cm×高さ約24cmのしっかりとした厚さのあるポリプロピレン製のファイルボックスです。

A4サイズなので、レシピ本と一緒に道具を収納することができます。

また幅が15cmあるため、ケーキ型やハンドミキサーなども収納することができます。

余裕があればラッピング用のグッズも一緒に収納するといいですよ。

◎無印良品 ステンレスワイヤーバスケット1

引用:https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4547315117031?searchno=1&sectionCode=S00805

幅約18cm×奥行約26cm×高さ約18cmのステンレスワイヤー製のバスケットです。

中身が見えるので、吊戸棚に道具を収納する際におすすめです。

サイズもいろいろあるので、収納場所に合わせてぴったりのサイズを探してみましょう。

持ち手がついていますが、高いところに収納すると取り出しにくいことがありますので、低い位置にカードリングを取り付けると出し入れがしやすくなります。

◎カードリング

引用:http://urx.red/MLjA

◎カトラリーケース

引用:http://urx.red/MLjl

こまごまとしたものは、カトラリーケースに入れるとごちゃごちゃしにくくなります。




お菓子作りの道具をお菓子以外にも使ってみよう

お菓子作りのために買った道具も、工夫次第でお菓子以外の場面で役立てることができます。

◎クッキー型

サンドイッチを抜いてみたり、スライスチーズやハムを抜いてお料理にトッピングしたりしてみましょう。

あっという間に子どもが喜ぶカラフルな料理ができあがります。

◎ラッピング袋

手作りのお菓子をおすそ分けした後に、微妙な数だけ残ることがあるラッピングの袋は、知り合いに写真を渡したりする際に役立ちます。

食品を入れるには古くなったな、と感じた袋などは、再利用しましょう。

◎焼き型

マフィンカップやベイクカップなども、使わずに残ってしまったら小物入れなどにして再利用しましょう。

引用:https://item.rakuten.co.jp/asai-tool/yro-1208020/

アクセサリー入れやクリップ・輪ゴムなどの文房具入れ、ビーズなどを入れるのに便利です。

まとめ

作って、味わって、が楽しめるお菓子作りも、凝り始めると道具がどんどん増えてしまいます。そんなお菓子作りの道具を、すっきりと収納する方法を紹介しました。

使用頻度に合わせて分類し、それぞれに応じた場所に収納するのがポイントです。

道具は使いやすいように収納をして、ますますお菓子作りを楽しんでください。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする