年越しそばの意味や由来は?いつ食べる?縁起のいい具材は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

普段は「早く寝ろ」と言われる子どもの頃でも、年末は少し夜更かしをして家族と一緒に年越しそばを食べた記憶がある方が多いのではないでしょうか。

夜更かしできることが嬉しかったという方はいると思いますが、なぜ年越しそばを食べるのかについて疑問を持ったことのある方は少ないかもしれません。

今回は、そんな年越しそばの由来や歴史・食べるタイミング、演技のいい具材について紹介します。

年越しそばはいつから始まった?なぜ食べるの?

年越しそばについては、地域・地方によって呼び方の違いがあります。

晦日そば・運そば・年取りそば・縁切りそば・寿命そば・福そば、etc…聞いたことのあるものはありますか?

いろいろな地方でいろいろな呼び方をされている年越しそばですから、由来にも諸説あります。

そのうち代表的なものを5つ紹介しましょう。

◎長寿を願って食べたという説

作る過程で、細く長く伸びるそばは「縁起がいい」とされてきました。

そばを食べることで、細く長く、健康に生きられるようにという願いが込められています。

◎縁を切るという説

そば粉100%で作られたそばは、とても切れやすいものです。

そこで、一年の間に起きた厄災を断ち切るためにそばを食べたという説があります。(人との悪い縁も切る、という説もあります)

◎金を集めるという説

金や銀を取り扱っていた細工師たちが、飛び散った箔や金粉・銀粉を練ったそば粉で集めていました。

そのことからそばは金銀やお金を集める縁起物だと考えられています。

◎体の中をキレイにしてくれるという説

そばは体内の毒を浄化してくれると言われていたり、健康にいい食べ物であるとされています。

そばを食べることで体内をキレイにして新年を迎えましょう、という考えがあります。

◎「世直しそば」で運気がアップしたという説

鎌倉時代に、福岡県・博多のお寺が貧しかった町の人達に「世直しそば」をふるまったところ、町の人たちの運気が上昇したことから習慣が始まりました。

どの説そばが縁起物として扱われているという点で共通しています。

では、この風習はいつから始まったのでしょうか。

書物として年末にそばを食べたと記載されているものは、1756年(宝暦6年)に書かれた眉斧日録のようです。

「闇をこねるか大年の蕎麦」という記述がされています。

このことから、江戸時代には年越しそばは定着していたと考えられています。

また、そばよりもうどんを食べることが文化として定着している大阪でも、明治・大正時代にはうどん屋で「年越しそばの注文が殺到した」という記述が残っています。

年越しそばはいつ食べるのがいいの?

年越しそばの由来を知ると、おのずと答えも見えてきましたが…

年越しそばには一年のいろいろなものを断ち切ったり、心身をキレイにして新年を迎えるという意味が込められていますから、12月31日のうちに食べてしまうのが一般的です。

「年越し」のそばだからといって、年をまたいで食べるのは少し意味が違ってしまうようですね。

ただし、地域・地方によっては1月1日にお正月を祝うためにそばを打って食べるという風習があるところもあるようです。

それぞれの地域の人たち、それぞれの願いを込めて食べられれば、それが一番いいのかもしれません。

年越しそばにおすすめ!縁起のいい具材は何?

縁起を担いで年越しそばを食べるのですから、具材も縁起のいいものを乗せられると嬉しいですよね。

縁起がいいとされている、年越しそばにぴったりの具材を紹介します。

◎海老

おせち料理にも入れられる海老は長寿の象徴です。

長いひげに、曲がった腰、年老いても元気にいられるように、との願いが込められます。

大きなエビ天を乗せるもよし、小さな海老をかき揚げにして食べるのもよし、です。

◎ニシン

たくさんの子どもを持つニシンは「二親(にしん)」とも書かれ、子孫繁栄・子宝の願掛けにも用いられます。

◎卵

黄身の黄色が金運アップにつながり、商売繁盛の意味があるとされています。

伊達巻・卵焼きなどを乗せてもよし、生のまま月見そばでいただくもよし、です。

◎鶏肉

元旦にも最初に鳴くとされているは、年越しそばにとって縁起のいい具材です。

◎油揚げ

稲荷神社の神様に仕えているキツネの好物である油揚げ。

五穀豊穣や商売繁盛の願いを込めて食べましょう。

まとめ

何の疑問もなく「12月31日に食べるもの」と思っていた年越しそばですが、たくさんの由来があり、多くの人がいろいろな願いを込めて食べていることがわかりました。

どのような願いを込めて年越しそばを食べようかと考えると、今年の年越しそばは、いつもとは少し違った味になりそうな気がしてきますよね。

次回は美味しい年越しそばの作り方についてご紹介していきます。

では、また!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする