着物の保管と処分の仕方。専門クリー二ング店や買取・リメイク業者の利用を。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

七五三や結婚式など着物を着る機会は頻繁には無いですが、何度かやってくるものですよね。

着る機会があまりないからこそ、着終わった後どうすればいいか悩む方も多いのでは?

今回はそんな着物を保管する場合のクリーニングや保管袋の活用、処分する場合の買取やリメイク業者の利用、そしてレンタルで済ませる場合などの有益な情報をお届けしたいと思います。




購入した着物を保管しておくためには?

★まずはクリーニング

着物というものは決して安い買い物ではないですよね。購入された方は、きっとお気に入りのデザインを見つけ、自分にとって大事な1着となったはずです。

そんな着物を良い状態で保管しておくためには、まず着終わったあと、なるべく早くクリーニングに出すことをおすすめします。

着物は何枚も重ねて着ますし、着なれないこともあって、着ているときに汗をかいている方も多いと思います。

すぐには目立たなくても、時間が経ってから汗ジミが目立ってくることも。

そんなことがないように、着終わった後は時間が経たないうちにクリーニングに出しましょう。

家の近くにある街のクリーニング店でももちろん受け付けていると思いますが、大事な着物だからこそ、着物専門のクリーニング店へ出すのがやはり安心かと思います。

ご参考としていくつかご紹介しておきます。

◎「きものサロンながしま」

  URL : https://kimono-nagashima.jp/wash/

◎「着物お手入れ専門 つるや」

   URL : http://www.tsuruya-kimono.jp/index.html

専門店では着物の扱いにも慣れていますし、衿や袖口など、どの部分に汚れがつきやすいかをよく知っています。

近くのクリーニング店で安く済ませられるのももちろん良いですが、丁寧にクリーニングしてもらえることを考えれば、専門のお店へ出す方が良いかもしれません。

★専用の保管袋で大事に収納

クリーニングへ出したあと、自宅保管する際には保管袋へ入れておきましょう。

手に入れやすいのは、新技術きもの保管袋「きものキーパー」です。

約2,000円で、amazonでも購入することができますよ。

引用:http://ur0.biz/MXzn

保管袋は、着物の変色を防いだり、湿気、カビ、虫害から着物を守ってくれるので、そのまましまわずに、ぜひ保管袋を利用してください。




せっかく購入したけれど、もう着る機会は無さそう…

★買い取ってもらう

購入した方の中には、大事に着たけれど、もう着る機会は無さそうなので、処分しようかなと考える方もいると思います。

そのまま処分してしまうのはもったいないので、買取に出してみるのも1つかもしれません。

その場合、よくある総合リサイクルショップに出すのではなく、きちんとした着物専門の買取業者へお願いすることをおすすめします。

着物は、専門の知識がないと正確な価値を判断できないからです。

実店舗へ行ける場合には持ち込んで査定してもらえますが、近くに専門のお店が無かったり、なかなか出向くことが出来ない方もいると思います。

そんな方にはネットで申し込みをして査定してもらえる買取業者もいます。

<ご参考>「着物宅配買い取りのヤマトク」

     URL : https://kaitori-yamatokukimono.jp/

引用:https://kaitori-yamatokukimono.jp/

宅配で着物を送り、査定額に納得できなければ、面と向かってではなくメールなどのやりとりで着物を送り返してもらえるので、気軽に利用できます。

直接店舗へ持ち込むより時間はかかりますが、ネット買取を使うのも便利だと思いますよ。

★リメイクする

また、大事な着物だからこそ、形を変えて手元に残しておけないか、と考える場合もありますよね。

そんな時には着物のリメイクはいかがですか?

着物リメイク専門とする業者もたくさんあります。

<ご参考1>「着物リメイク専門店 エンゼルクローズ」

     URL : https://www.a-clothes.com/

<ご参考2>「ずっと素敵に着られる洋服 着物リフォーム大阪」

     URL : https://ameblo.jp/25259696yukikodesu/entry-12311699919.html

引用:https://ameblo.jp/25259696yukikodesu/entry-12311699919.html

ワンピースやバッグなど、オシャレに使えるアイテムに変身させる手もあります。

気に入って購入した着物を、形を変えて、長く使い続けられるのは嬉しいですよね。

着物を購入しても保管やその後の取り扱いに自信がないという方は…

購入したあとの保管、着なくなった後の取り扱いなどは手間もかかるし、出来る自信もないという方は、着物を着る機会ごとにレンタルすることもできます。

今はネットで簡単に手続きが出来て、宅配でレンタルをしている業者もたくさんありますよ。

<ご参考>「きもの365」

     URL : https://www.kimono-365.jp/

引用:https://www.kimono-365.jp/

実際に着て選ぶことができないというのはありますが、忙しくてお店に行く時間が無い方や、家でじっくりネットで見ながら決めたいという方にはおすすめです。

レンタルを利用すると、着た後のことをあれこれ考えなくて済むというメリットがありますね。

まとめ

着物を着る機会というのは、人生の中で数えるほどしかない人がほとんどだと思います。

せっかくの機会だからこそ、気に入った着物を着たいですし、せっかく購入したならば大事に取り扱いたいですよね。

保管や処分の仕方にどんな方法があるのかわからないという方も多いと思うので、何か参考になれば幸いです。

では。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする