豊川稲荷初詣|日本三大稲荷の地名と屋台人気で大混雑!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

豊川稲荷といえば日本三大稲荷にも数えられていることで有名ですよね。

そのため、初詣にお参りする方も多いと思いますが、「豊川稲荷がお寺である」ことはご存知でしょうか。

正式には「円福山豊川閣妙厳寺」という名前なのですが、祀られている「吒枳尼真天」という天女が白狐の背に乗っているため、稲荷信仰と合わさり豊川稲荷と呼ばれるようになりました。

そのため、お寺なのにお稲荷様の守護があるため鳥居が建てられているのです。

そんなちょっと変わったお寺、日本三大稲荷「豊川稲荷」の初詣情報として、混雑状況・時間帯や交通規制、駐車場や屋台の詳細をお伝えしていきます。




初詣の混雑時間帯とねらい目の日時は?

豊川稲荷はお稲荷様の守護があることに加え、ご本尊が千手観音であることから東海屈指の霊場となっており例年三が日だけで100万人以上もの人々が訪れます。

そのため、1月1日は特に混雑し、~3:00頃まではピークが続き、3:30~9:00前までは一時的に混雑が落ち着くものの、その後は終日混雑が継続します。

2日も1日に比べればほんの少し落ち着くものの、変わらず混雑が続きます。

早朝5:00~7:00頃なら混雑することが少ないので、早朝参拝が狙い目です。

しかし、7:30頃からだんだんと混雑してきますのでご注意を。

3日も同じく早朝参拝が狙い目ですが8:00頃まではあまり混雑しませんので、三が日の間にゆっくり参拝したいという方は、3日の早朝がおすすめです。

4日は9:00~15:00ごろまで少し混雑が続くものの、大分混雑が落ち着きます。

5日以降ともなればほとんど混雑することはありませんので、混雑を確実に避けたいといった方や三が日の参拝にこだわらない方は4日以降の参拝をおすすめします。

豊川稲荷での初詣の屋台出店情報

初詣の時期になると駅から豊川稲荷にかけての道や境内などに多くの屋台が出店されるほか、門前の商店街なども大いに賑わいます。

それぞれある程度の違いがありますが大晦日~1月1日にかけては23:00~21:00まで営業され、2日、3日においても9:00~21:00頃まで屋台が営業されます。

4日以降も10日ぐらいまでは屋台が出店されますが、やはり徐々に出店数が減ってしまうので、三が日にいけないという方も屋台を楽しみたいなら4日か5日くらいに参拝しに行きたいですね。

引用:https://blog.goo.ne.jp/souwahome2/e/77adde1f743e5956488686ca8cbf6743

屋台は食べ物系がやはり多く、お好み焼き・焼きそば・たこ焼きといった定番のものから、ご当地B級グルメまで幅広い品物が出店されています。

中でも人気なのが「美河フランク」だそうで、お肉のうまみが詰まったジューシー且つボリューミーな一品が手軽に味わえると好評です。

引用:https://goo.gl/maps/VtZXL2FTd6y

そのほかにも豊川稲荷名物「稲荷ずし」もオードソックスな物から、「稲荷天ぷら」「稲荷まん」といったちょっと変わったものまで、様々なバリエーションのものが揃っているため、食べ比べするのも人気な様です。

★豊川稲荷周辺の「いなり寿司」の人気店のご紹介はこちら★

→「豊川稲荷のいなり寿司。キムタクご贔屓店や持ち帰り可能な人気店は? 」




豊川稲荷での初詣の駐車場情報

豊川稲荷には400台駐車可能な有料駐車場があります。

有料といっても24時間で500円なので、財布に影響することはあまりありません。

しかしながら、やはりその利便性や安さのため、三が日には直ぐに満車になってしまいほとんど停めることはできないと思っていた方がよいでしょう。

引用:https://www.toyokawainari.jp/about/access/

他にもいくつかの有料駐車場があり、豊川駅東立体駐車場の場合、521台収容でき、価格も24時間で500円です。

豊川商店街前駐車場は96台駐車可能で20分100円、名鉄協商豊川駅東口前第二駐車場には80台駐車可能で1時間100円となっています。

どれも豊川駅に近く、豊川稲荷まで徒歩5~10分ほどですが、当然3が日は満車になりやすいですね。

現地まで行ったけど駐車できない、なんてことになるなら最初から電車で訪れるほうがいいかもしれませんね。

初詣時の交通規制情報

豊川稲荷での初詣の際には、スムーズな参拝をするため、又、事故を防止することを目的として、豊川稲荷周辺、並びに門前通りなどに交通規制がかかります。

全面交通止め・一部交通止め・一方通行指定などの規制の種類・範囲といったものは、毎年年越しが近づいてくると、豊川市のHPなどで公開されますので、車で行こうと考えている方は必ず目を通すようにしましょう。

アクセス・参拝時間等

【アクセス】

  JR豊川駅より徒歩5分/名鉄豊川稲荷駅より徒歩5分

<アクセスマップ>

【例年の参拝者数】

  100万人~110万人

【参拝時間】

  1月1日0:00~21:00

  2日・3日5:00~21:00/4日以降5:00~19:00

【御利益】

  商売繁盛・開運成就

【御本尊】

  吒枳尼真天 千手観世音菩薩

【お問い合わせ先】 0533-85-2030

【豊川稲荷公式HP】 https://www.toyokawainari.jp/

まとめ

豊川稲荷に初詣に行くなら、屋台のB級グルメは必ず堪能して帰ることをおすすめします。

特に稲荷ずしは先述したように、皆さんの想像以上のバリエーションがありますので、ぜひとも食べ歩きしながら、ゆっくりと楽しんでみては如何でしょうか。

では。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする