箱根駅伝2019 シードについて~今年のシード校上位5校の戦力は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

2019年1月2日・3日に開催される、第95回箱根駅伝

記念大会となる2019年は、シード校10校に加え、1校増枠された予選会通過校11校、関東インカレ成績枠1校、そして関東学生連行チームの23校が出場します。(2020年は通常通りの21校に戻るとのことです)

今からワクワクですね!

「…ん?シード校ってよく聞くけど、何となくわかっているようでわかっていないかも」

そんな方のために、箱根駅伝のシードについて、まとめてみました。

箱根駅伝は優勝争いのほかにシード権争いも激しくなるので、シードについて知っておくと、より観戦が楽しくなりますよ。

新着投稿 ~箱根の温泉情報のご紹介記事を投稿しました(12/7)

>>箱根駅伝は温泉とセットで楽しもう!レース観戦できる旅館や日帰り施設のご紹介




シード校とは?シード権とは?

シード校とは、前回大会において「総合成績10位以内」に入り、次回大会への出場権を獲得した大学(チーム)のことです。

つまり、10位以内に入れば、予選会をすっ飛ばして次の箱根駅伝への出場が決まるというルールですね。

ちなみにシード権とは、この出場権のこと。

予選会免除権の意味合いで扱われることもあります。

シード権争いとは?

箱根駅伝のシード権は10位までです。

どれだけ僅差だったとしても、11位の大学はシード権を獲得できません。

まさに、10位と11位は、天国と地獄。

「まぁ次の予選会を突破すればいいんだし、シードにはこだわらなくても~」なんて考えている大学は、まずないです。

シード権は、絶対に死守しなければならないものなのです。

引用:https://gigazine.net/news/20110103_hakone_ekiden_87th_kokugakuin/

なぜなら「予選会を勝ち上がるということは、とんでもなく大変なことだから」。

要因はいろいろとありますが、簡単に言えば、コンディションの問題が一番と言われています。

実は予選会の時期には予選会以外にも大きな大会があるため、疲労が溜まり、選手たちの良い状態のピークを箱根に持っていくことが非常に難しくなる…というとわかりやすいでしょうか?

逆に、シード校は予選会がない分、負担が減る=選手たちのコンディションを整えやすくなる、という訳です。

箱根を万全の状態で戦うためには、シード権獲得は絶対!

こうしたことから、毎年、シード権争いは熾烈なものとなっています。

2019年・第95回箱根駅伝シード校について

前回大会でシード権を獲得した、第95回箱根駅伝シード校10校です。

1.青山学院大学

2.東洋大学

3.早稲田大学

4.日本体育大学

5.東海大学

6.法政大学

7.城西大学

8.拓殖大学

9.帝京大学

10.中央学院大学

2019年、シード校・上位5校の戦力まとめ

<青山学院大学>

2019年、5連覇を目指す、王者・青山学院大学

主将の森田歩希選手、小野田勇次選手、橋詰大慧選手、梶谷瑠哉選手、林奎介選手…と、力のある選手だらけの4年生がやはりチームの主軸。

引用:https://manabi.benesse.ne.jp/daigaku/school/3231/index.html

さらに3年生の吉田祐也選手が今年の全日本インカレ10000mで総合3位、日本人1位という成績を残しました。

各大学が「打倒・青学」を掲げていますが、相変わらず層の厚い青学、2019年も盤石です。

<東洋大学>

2018年、往路優勝したものの、復路や総合の優勝は逃し、総合2位という成績でした。

しかし「打倒・青学」に最も近い大学と言われています。

何と言っても驚いたのは、前回大会において、10区間中7区間を1・2年生が走ったこと!

これはつまり、大学生チームの宿命でもある「今年は主力が卒業しちゃったからな~」がないということなんです。

引用:http://www.toyo.ac.jp/nyushi/about/campus/kawagoe/

山登りの5区ですばらしい走りを見せてくれた田中龍誠選手は、1年生でした。

さらに、出場校中ただ一人1年生で1区を任され、7年ぶりに1区1年生区間賞を獲った西山和弥選手もいます。

2019年、東洋大学の逆襲は果たされるのでしょうか?




<早稲田大学>

2018年、2年連続の3位となった早稲田大学。

2011年の第87回大会での優勝が最近で、青学の連覇を阻止できていません。

今年の早稲田大学のニュースと言えば、やはり「スーパー高校生の入部」でしょう!

中谷雄飛選手、千明龍之佑選手、半澤黎斗選手、太田直希選手、向井悠介選手、と高校陸上で活躍した大物が戦力に加わりました。

引用:https://manabi.benesse.ne.jp/daigaku/school/3325/index.html

中でも、佐久長聖高校からやって来た中谷選手は、日本人高校生トップというとんでもない逸材です。

スーパー高校生は、箱根路のスーパールーキーとなるのか?

彼らが、2019年、古豪復活の鍵を握っていると言っても過言ではありません。

<日本体育大学>

前々回大会の7位から2018年は4位へとランクアップしました。

日体大のすごさは、その連続出場記録に表れています。

2019年もシード権を獲得しているので、71年連続出場と記録を更新しました。

日体大のカラーは、チームの総合力

「ずば抜けて良い成績を持つ選手はいないけど、チームの力で戦う」といった評価が多いです。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BD%93%E8%82%B2%E5%A4%A7%E5%AD%A6

層の厚さも定評アリ。

ですが、今年はパワハラ問題、監督解任、とスキャンダルで揺れましたね。

新体制での2019年・箱根駅伝に注目が集まっています。

<東海大学>

箱根駅伝「3強」のひとつにも数えられている、東海大学。

ところが前回大会では、往路は9位に終わり、10区終盤で早稲田と日体大に抜かれ、5位となってしまいました。

2017年・出雲駅伝の優勝があっただけに、東海大にとって2018年の箱根駅伝は悔しさの残る大会だったと言えるでしょう。

しかし、東海大には黄金世代がいます!

2016年入学組が大豊作だったと言われているのです。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%B5%B7%E5%A4%A7%E5%AD%A6

館澤亨次選手、關颯人選手、鬼塚翔太選手、阪口竜平選手…などなど、錚々たるメンツ。

彼らは今年3年生、まさにチームの主軸です。

頼もしく成長した黄金世代が、2019年、念願の初・総合優勝を目指します。

拠点が平塚市にある湘南キャンパスなので、地元の応援も心強いですね。

まとめ

シード校やシード権のことを知ると、俄然、シード権争いに興味がわいてきます。

大手町のゴールが優勝校への祝福でワイワイする中、傍らでは10位以内をめぐる戦いがバチバチと…。

2019年、シード権を獲得するのはどの大学か、目が離せません。

では。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする