明治神宮パワースポット4つのゾーン(場所)のご利益を徹底研究!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

今回は明治神宮のパワースポットについてのお話です。

明治神宮といえば、東京都渋谷区にある神社で、明治天皇と昭憲皇太后を御祭神としており、お正月の初詣では例年日本一の参拝者数を誇っていて、七五三のお参りでも人気で紅葉の名所でもある日本人なら知らない人はいないであろう有名な神社です。

フランスのミシュランから指定を受けた東京を代表する「ミシュラン三ツ星観光地」でもありますね。

そんな明治神宮は2020年で100周年を迎えます。

全国青年団の勤労奉仕によって植樹された広大な「鎮守の社」が包み込む明治神宮にはその敷地そのものがパワースポットとなっています。

今回は、明治神宮のパワースポット4つのゾーン(場所)で得られるご利益をそれぞれ徹底研究してみます。

合わせて、パワースポットを堪能した後に、チャージしたパワーを更に増幅させてくれそうな、神宮周辺のランチや懐石料理店などもおまけとしてご紹介します。




神に守られた「鎮守の杜」~明治神宮を取り囲む「龍穴パワースポット」

明治神宮は植樹された木々「永遠の杜」に取り囲まれています。

この木々は、神宮が創建された大正の時代に全国青年団が植樹したもので、太陽の光を浴びてキラキラと成長し大都市の中心にありながらも、大神宮を包む神秘的な「鎮守の社」へと育ちました。

神に守られたこの社は、富士山から皇居へ向かう龍脈が合流する土地にあり、大地の気がみなぎる強力な龍穴パワースポットになっています。

つまり明治神宮そのものが強力なパワースポットに包まれているということですね。

この広大なエリアを包む神秘のパワーは明治神宮のゾーンごとに異なったご利益があると言われています。

南表ゾーン、社殿ゾーン  … 「良縁成就・縁の滞りの改善・癒し」

宝物殿ゾーン、御苑ゾーン … 「精神リセット・道を切り開く浄化」

次から1つ1つ見ていくことにしましょう。

南表ゾーンのパワースポット

南表ゾーンは、原宿駅から大鳥居をくぐる表参道を通るルートです。

一の鳥居である大きな鳥居をくぐって、生い茂る森林の中を進んでいくと日本酒が奉納されている酒樽前にでます。そこから二の鳥居手前の灯篭がみえてきます。

さらに、奥に進むと、三の鳥居が見えてきます。

こちらのルートは、青々と茂る森林が心地よく、参拝者を包み込んでくれるような静観で澄んだ空気や雰囲気を感じてほしい癒しのパワーを与えてくれると言われています。

社殿ゾーンのご神木「夫婦楠」は良縁のパワースポット

拝殿の左手前にある2本のご神木は、「夫婦楠(めおとくす)」と呼ばれており、夫婦円満や家内安全を象徴するパワースポットです。

非常に強い良縁のエネルギーがあふれていますので、恋人や夫婦の縁を深めたい人、結婚につながる良縁がほしい人は、拝殿で参拝した後、夫婦楠の前から拝殿に向かって参拝するのが効果的です。

1点注意しなければいけないこととして、「夫婦楠」はしめ縄をしめたご神木であり神様の依り代ですので、絶対に触れてはいけません。

気をつけてくださいね。

引用:http://hidepost66degu.blog40.fc2.com/blog-entry-25.html

神様を怒らせずにきちんと参拝するには、夫婦楠の前から拝殿に向かって手を合わせてください。

宝物殿ゾーンは「道を切り開く浄化」のパワースポット

社殿の奥、境内の一番北に位置するは「宝物殿」です。

大鳥居から1.5kmとかなり歩きますが、都内屈指のエネルギーパワースポットとされています。

南参道から社殿を歩いている間はとても柔らかい癒しの気を感じられますが、宝物殿ゾーンに入った瞬間きりっと引き締まったシャープな気が感じられるかと思います。

宝物殿は「道を切り開くパワー、浄化のパワー」があふれているとされ、進むべき道を迷っている時などに訪れたいですね。

引用:http://www.meijijingu.or.jp/homotsuden/2.html

宝物殿前の芝生広場では、芝生に寝転がってエネルギーチャージをしている人が多くいらっしゃいます。レジャーシートを敷いてゆっくりくつろぐことができるスポットです。

そして芝生広場の北池のあたりにある、亀の甲羅のような形をした奇岩「亀石」は、いつ訪れてもぽかぽかとした体が熱くなるほどのエネルギーがでていますので、ぜひ触ってみてくださいね。

拝観料500円で宝物殿が見学できますので、お時間があれば拝観してみてください。殿内には明治天皇・皇后ゆかりの御物が並んでいます。

御苑ゾーンのパワースポット

最後に紹介するのは神宮御苑です。

入苑料500円で午前9時~午後4時30分(6月のみ午前8時~午後5時)まで入場することができます。

明治神宮内にある御苑で、清正井から流れ出る清浄な水が流れるこちらは浄化パワーがあふれています。

6月の花菖蒲が咲く時期は花菖蒲のもつ新しい道を切り拓くエネルギーが加わるため、特に強い気が流れていると言われています。

こちらは、心を穏やかにする浄化や新しい道を切り開くパワーがあふれていますので、心機一転新しい何かを始めるとき、逆に現状が滞っていると感じたときなどに訪れるのがオススメです。

こちらにかなり有名な「清正井(きよまさのいど)」があります。

清正井はスピリチュアルで有名な島田秀平さんが紹介し大変ブームになったのですが、清正井は陰と陽がはっきりとでる「陰呼」というつくりです。

ブームになったことで大勢の人が集まり、人の気や邪念が溜まりやすくなっている場所でもありますので、陰の気が満ちる夕方以降や雨の日ですと、悪い気をもらいやすいので気をつけてください。

ですが、清正井は本来強い浄化作用に満ちているので、日の光がよくはいる晴れた日の午前中までであれば全く心配はいりません。




周辺の美味しいランチでチャージしたパワーを更に増幅

明治神宮周辺には美味しいランチや懐石が食べられるお店がたくさんあります。パワースポットを堪能したら、チャージしたパワーを更に増幅させてくれそうなお店をいくつかご紹介しておきます。

「MIZU cafe」

明治神宮から徒歩1分ほどにあるカフェ。

カフェですが店内が開放的で広いため、ベビーカーでの入店もスムーズです。

また、テラス席もあるので、外であればよりお子様連れでも気兼ねなく一休みができる場所かと思います。

引用:http://mizucafe.jp/concept/

カフェにしては珍しく、お子様用の小さな椅子も用意されていますよ!

飲み物はもちろん、簡単な食事も楽しめます。

「明治記念館 懐石料亭 花がすみ」

明治記念館にある懐石料亭。

七五三お祝いプランもあります。

引用:https://www.meijikinenkan.gr.jp/restaurant/plan/detail/2018/06/entry2018062684.html

お値段は張りますが、七五三で利用されるご家族は多いです。

「明治記念館 中国料理 竹游林」

中国料理店。

こちらも七五三お子様セット(3000円)があります。

引用:https://www.meijikinenkan.gr.jp/restaurant/plan/detail/2018/06/entry2018062703.html

寿コースは9500円。

こちらもお値段は高めですが、七五三で利用されるご家族は多いですよ。

「明治神宮文化館 レストランよよぎ」

140席あるレストラン内は広々としていて、1500円でキッズプレートもあります。

引用:http://www.meijijingu-bunkakan.gr.jp/kaishoku.html

5~7歳向けのお子様ランチは3300円。

七五三お祝い膳もあります。

「松原庵 欅(けやき)」

鎌倉で有名な松原庵。

神宮前原宿クエストの4階にあり、個室もあります。

引用:http://matsubara-an.com/shops/keyaki_menu.php

店内はしっとりと落ち着いていて、七五三の参拝で疲れたときにもゆっくりとくつろぐことができます。

「KEISUKE MATSUSHIMA レストラン アイ」

本場フレンチのお店。

神宮前パークコート神宮前1階にあるお店。折りたたむことなくベビーカーが入れる個室があります。

引用:http://keisukematsushima.tokyo/information/

大個室は最大20名、個室は2~5名です。

ランチは11時30~15時。ディナーは18時~23時です。

まとめ

明治神宮のパワースポット、いかがでしたでしょうか?

敷地内にあふれるエネルギーは、訪れるだけで私たちの心と身体を癒し軽くしてくれます。

夕方は陰の気が増えるので、訪れる際はぜひ日の明るい午前中から訪れてみてくださいね。

七五三はもちろん、ご夫婦やカップル、お1人で訪れても楽しむことができ、心からリフレッシュできます。

お食事処はご家族で訪れられる場所をセレクトしましたが、個人で楽しめる場所も沢山あり、リーズナブルで美味しいお店もいっぱいありますので、ぜひ探してみてください。

なお、神社ではサンダル履きを良しとしていませんので、歩きやすいスニーカーやパンプスをおすすめします。

沢山歩いて、参拝し、体内にしっかり良いパワーを集めてリフレッシュしてきてくださいね。

では。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする