ニューイヤー駅伝コースマップ2019。全区間の攻略ポイント総まとめ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

お正月の風物詩、ニューイヤー駅伝2019年1月1日に開催されます。

日本一の実業団駅伝チームを決める大会です。

舞台は群馬県、上州路。

全7区間、100kmを襷でつなぎます。

トップランナーがたくさん登場するので、見ごたえバッチリですよ!

スタートは群馬県県庁前で、ゴールもまた県庁前に戻ってきます。

果たして、上州特有のからっ風を攻略して優勝するチームはどこなのか?

旭化成の3連覇なるか?

ニューイヤー駅伝2019のコースについて、区間ごとに特徴や攻略ポイント区間記録などをまとめてみました。




コースマップ

まずはコースの全景をマップで見ておきましょう!

引用:https://we-love.gunma.jp/event/ekiden

群馬県庁前をスタートして、高崎公田伊勢埼太田桐生西久保という各中断所を経由。

そして再びゴールとなる群馬県庁前に帰ってくるルートです!

途中、上州名物「からっ風」に選手たちが苦しめられることも。

赤城山の眺めはとてもキレイなんですが、そこから吹き下ろす寒風はランナー泣かせと言えますね。

特に4区以降が風との戦いになってくるそうです。

それでは、次から各区間ごとの特徴や攻略ポイント、区間記録などを見ていきたいと思います!

【1区】

群馬県庁 → 高崎中継所 12.3km

年が明けて最初の駅伝大会、その1区ということで「新春の1区」とも呼ばれています。

引用:http://www.pref.gunma.jp/07/b21g_00134.html

起伏の少ない平坦な区間なため、それほど順位にバラつきは出ず、ほぼ毎年、団子状態で中継所へ。

歴代最高記録:マーティン・イルング・マサシ(スズキ・2007)34分16秒

【2区】

 
高崎中継所 → 公田中継所 8.3km

全区間で一番短い区間です。

また、2009年のルール変更により、全区間中、外国人が出走できる唯一の区間「インターナショナル区間」となりました。

外国人選手のエントリーはこの2区にのみ、限定されています。

そうした理由から、2区はかなりのスピード勝負になることが多いです。

引用:https://blogs.yahoo.co.jp/citizen8823/13999874.html

別名「高速の2区」。

日本人選手のみのチームは、ここでどれだけついていけるかが今後のカギとなります。

歴代最高記録:ジョセファト・ムチリ・ダビリ(小森コーポレーション・2009) 21分54秒

【3区】

公田中継所 → 伊勢崎中継所 13.6km

エース区間である次の4区により良い順位で襷をつなげたい各チームの選手たちが、バチバチと火花を散らします。

なだらかな下り坂が続き、順位にも差が出始める区間です。

引用:https://blogs.yahoo.co.jp/n443210/39397534.html

別名「変動の3区」

歴代最高記録:宮脇千博(トヨタ自動車・2012) 37分52秒

【4区】

伊勢崎中継所 → 太田中継所 22.4km

全区間中最長にしてエース区間「花の4区」です。

各チームのエース格の選手が集まります。

まさにニューイヤー駅伝のヤマ場、見どころと言ってもいいでしょう。

引用:https://plaza.rakuten.co.jp/hyoutantopachi/diary/201301010000/

この辺りから、上州名物「からっ風」が吹くことも。

この風が向かい風となれば、後半の上り坂は選手たちにとって非常に苦しい場面となります。

ちなみに、前回大会から距離が変更されていますが、変更前(参考記録)も変更後も、区間1位の記録を保持しているのは、箱根駅伝で活躍したあの設楽悠太選手です。

歴代最高記録(現行区間):設楽悠太(ホンダ・2018) 1時間4分19秒




【5区】

 
太田中継所 → 桐生中継所 15.8km

別名「試練の5区」。

その由来は、高低差66mの上り坂と強い向かい風。

全区間中、最も過酷な区間と言われています。

引用:https://ota373.blog.so-net.ne.jp/2018-01-01

冷たい向かい風と戦いながら、上り坂を駆け上がらなければなりません。

選手に求められるのは、スタミナ、タフさです。

また、上り坂と向かい風が選手を苦しめる5区では、しばしばドラマチックな逆転劇が起こることも。

「逆転の5区」とも呼ばれ、2位以下のチームが虎視眈々と逆転を狙っています。

歴代最高記録:坪田智夫(コニカ・2002) 44分57秒

【6区】

 
桐生中継所 → 西久保中継所 12.1km

前回大会から距離が変更され、2011年にはコースも大幅に変更された区間です。

アップダウンがあり、直角カーブも多いため、距離は短いながらも走りにくいコースとされています。

引用:https://blog.goo.ne.jp/hokepie/e/75f132eaef4ed41237ef431d4ff2a211

つまり、走りにくい=ランナーがペースを乱しやすいということ。

次に待つアンカーに少しでも良い順位で襷を渡したい監督は、ここに誰を起用するかでかなり悩むそう。

ペースを乱さず、最後まで粘り強く走れるのは誰か。

別名「戦略の6区」

歴代最高記録(現行区間):市田宏(旭化成・2018) 35分49秒

【7区】

西久保中継所 → 群馬県庁 15.5km

朝スタートした群馬県庁に戻ってきます。

日本一の駅伝チームが決まることから、別名「栄光の7区」とも呼ばれている最終区間・7区です。

引用:http://ur2.link/NqJe

全長100kmをつないできた襷が、ゴールへ。

全体的に平坦なコースで、走りやすく、デッドヒートが展開される可能性も秘めています。

2019年、熾烈なアンカー対決を制するのは、果たして。

最後の最後まで目が離せません。

歴代最高記録:ジェームス・ドゥング(ホンダ浜松・2002/2003) 44分53秒

まとめ

それぞれ別名があるのがおもしろいですね!

各区間の特徴をよく表していると思います。

予備知識として覚えておくと、より深~く観戦を楽しめそうです。

では2019年元日を楽しみに待ちましょう!

では、また。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする