家電量販店での値引きのコツと実勢価格の比較を大公開!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

~今回は家電量販店の値引きについてのお話です~

こんにちは、らいふれんどです!

皆さんは家電商品を何処でお買いになられていますか?

昔から付き合いのある家電屋さんがあるという方も中にはおられるかもしれませんが、昨今では大多数の方が「家電量販店」で購入されるのではないでしょうか。

ただ、同じ商品でもお量販店ごとに値段が違うことも多いですよね。それは、仕入れ価格に対する利益分などが考慮されているからなのですが、他のお店の価格が自分のお店より高かった場合などは交渉次第で大抵は値引きしてくれます。

「もっと値引きしてもらいたい!」「値引きできるはずだ!」という方も多いと思いますので、今回は、主要家電量販店での値引き交渉のコツや、ヤマダやビックなどの量販店とメーカー直販、ネット通販の実勢価格の比較などについて大公開します。

★家電量販店の「福袋」の記事についてはこちらをどうぞ!

>>【福袋家電量販店2019】ビックカメラとヨドバシの夢の中身は?

>>【福袋家電量販店2019】~ジョーシン・ヤマダ・コジマ編




各家電量販店での表示価格と値引きの関係

表示価格の「高い、安い」による値引き幅の傾向

各家電量販店での表示価格によって値引きのしやすさが変わるのをご存知でしょうか?

傾向としては、安くも高くもない所 > 安い所 ≧ 高い所といった感じで値引きやすいといわれています。

<高いお店の場合>

「元々の値引ける最低ラインが高い(=値切れる金額が少ない)」

若しくは「単に利益率が高い(=値切れる金額が大きい)」のどちらかなので、値引ける金額が予想しにくいです。

<安いお店の場合>

「単に利益率が低く設定されている(=値引きを渋る)」、

「送料・設置費等が別(or高め)」のどちらかであることが多くあまり商品自体の値引きは出来なくとも、ポイントを付与してくれたり、送料・設置費用の方でおまけしてくれたりします。

<安くも高くもない場合>

「利益率が程々」若しくは「ポイント率が低め」、「送料・設置費がかかる」の場合が多いため、交渉次第で、

1「そこそこ値引いてもらえて」

2「ポイント率を増やしてもらって」

3「送料・設置費をおまけしてもらう」

という三コンボの値引きができる場合があるんです。

量販店、メーカー、ネット通販による実勢価格比較

上記の「傾向」を頭にいれつつ、TV・冷蔵庫について

・メーカーから直接買う場合の価格

・ネット通販(価格.com)での価格

・ビックカメラ

・ヨドバシカメラ

・ヤマダ電機

上記5パターンでの価格についてご紹介していこうと思います。

【㊟2018年10月時点の価格比較ですのであくまでご参考としてお願いします】

<TV編>

ここでは「東芝 50M520X REGZA 50V型」の値段についてご紹介します。

4Kチューナーが内蔵されている有名なモデルですね。

引用:https://www.toshiba.co.jp/regza/lineup/index.html

<メーカー直売価格(東芝ダイレクト)>

税込 172,670円

基本的に送料負担なし

5年延長保証サービスつき

<ネット通販 価格.com 最安値‘

税込 88,355円

送料無料

延長保証サービス追加可能(5年、+4500円)

☆家電量販店

<ビックカメラ>

税込 136,177円 ポイント10%(13,617ポイント)

送料無料

無料5年保証つき

<ヨドバシカメラ>

税込 136,180円 ポイント10%還元(13,618ポイント)

日本全国配達料金無料

購入金額の5%分ゴールドポイントで5年間保証付与可能

設置費1080円(自分で設置する場合不要)

<ヤマダ電機>

税込111,900円 ポイント1%還元(1,119ポイント)

送料無料

有料長期保証付与可能(購入料金の5%)

<冷蔵庫編>

参考にするのは「5ドア冷凍冷蔵庫 GR-M470GW」

横幅60cmながら465リットルの大容量が特徴です。

引用:https://www.toshiba-lifestyle.co.jp/living/refrigerators/gr_m600fwx/gw.html

<メーカー直売価格>

税込 278,640円

送料基本負担なし

<ネット通販 価格.com ‘最安値‘

税込 138,800円

配送無料

有料保証可能(5年で+7000円)

☆家電量販店の場合

<ビックカメラ>

税込 164,829円 ポイント10%(16,482ポイント)

送料無料

無料10年保証

<ヨドバシカメラ>

税込 164,830円 ポイント10%還元(16,483ポイント)

送料・設置費無料

購入金額の5%のゴールドポイントで5年保証付与可能

<ヤマダ電機>

税込 148,346円

送料無料

6年間無料保証付き

どうでしょうか? どこが値引きしやすいかのイメージは湧きましたでしょうか?

価格comは表示価格もちろん一番安いですが、当然ですが底値ですのでそこからの値引きはできませんし、故障時の修理対応の煩雑さやポイントが付かない点なども考慮にいれて、どこから購入するか検討したいですね!!




値引きの流れ・交渉のコツ

値引きには様々なテクニックやコツがありますが、分かりやすいように実際の流れに沿ってご紹介します。

1.買いたい商品の下調べをしておく

買いたい商品を決め、相場、性能、他店の価格などをしっかりと調べておきます。

情報は力です。

2.店員に話しかける

「ある程度の力がある役職付きの人」や「ベテランっぽい人」に話しかけておくことで値引きの交渉にスムーズに対応してもらえます。

新人の方だと「上司に聞いてきます」と言われてしまい最低限の値引きしか対応してもらえなくなる事が良くあるようです。

3.いざ価格交渉(ポイントは以下の通り)

・まずは率直に「この商品を買いたい」という気持ちを伝える

・その上でもうちょっと値段が下がらないか聞く

・渋られたら他店の価格や他店で値引いてくれた価格を出すと効果的

・「この価格なら即決」というのも効果的ですよ

・どうしても現金値引が無理、若しくは他に欲しい商品がある場合はポイント率について交渉してみるのもあり

・また、別の商品(例:デジカメ)が欲しい場合には「そうですか…」と一度引くそぶりを見せながら、「一緒にデジカメもまとめて買おうと思ったんですが…」などといい、食いついてきたらそちらに案内してもらう

・そして、「さっきのもまとめて買ったらデジカメを値引いてもらうことって出来ますかね」と「別の商品の値引」を頼むのは超効果的です

まとめ

例示した家電量販店の店舗ではヤマダ電機が圧倒的に安かったですね。

ビックカメラとヨドバシカメラでは値段が同じくらいですが、ビックカメラの方が保証サービスを無料で受けられるので保証が付いている分お得ですね。

価格だけ見ればネット通販(価格com)は他を寄せ付けませんが、修理対応やポイントの点については上述のとおりですので、購入の際は慎重にご検討くださいね。

また、値引交渉テクニックのおまけですが、「○○と一緒に買うから△△ををあとこれだけ値引きしてよ!」という「まとめ買い」のテクニックは、店員からしたら結構怖いそうですよ。

そして、どうせ値引しに行くなら、付近に複数の家電量販店があるいわば「激戦区」にいくとより効果的です。

では、今回はこのへんで!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする