さっぽろ雪まつりは全国発のツアーで楽しもう。雪像解体やテレビ塔を満喫。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

~今回はさっぽろ雪まつりのツアーの話題をとりあげます~

こんにちは、らいふれんどです!

毎年2月初旬頃に行われるさっぽろ雪まつりに行かれたことはありますか?

ここ数年では200万人の来場者が訪れる一大イベントになっています。

雪像だけでなく雪を使ったアクティビティや音楽ライブもあるので子供から高齢者までの各世代で楽しめる催しです。

「行ってみたいけど、どこを見ていいのかよくわからない」という人はさっぽろ雪まつりのツアーを利用してみてはいかがでしょうか。

ツアーであれば雪まつり以外の北海道を楽しめます。

今回は関東(羽田)、関西、名古屋、福岡などの全国各地から出発できる「さっぽろ雪まつりツアー」のコースとメニューなどをご紹介します。




さっぽろ雪まつりの雪像の解体が見られるツアー

2019年のさっぽろ雪まつりはつどーむ会場では1月31からで大通・すすきの会場は2月4日からでいずれも11日までです。

引用:https://www.club-t.com/special/japan/sapporo/

ところがツアーであえて12日も含むものがあります。

なぜかと言うと、さっぽろ雪まつりで展示していた雪像の解体の様子を見学するためなんです。

普段はあまり間近で見ることができない重機を使用して雪像を解体していく様子はかなりの迫力です。

もちろん、ちゃんと前日に展示している雪像も見ることができます。

クラブツーリズムで雪像解体を含むツアーは羽田空港からの東京発関西空港からの大阪発があります。

東京発はWeb限定のみの申込みのようです。

他にも支笏湖氷濤まつりを見学するなど、雪像とは違った湖水の氷像が楽しめます。

さっぽろ雪まつりは最終日に200分の見学があるので昼間からライトアップされた夕方までの雪像を見ることができます。

こちらのツアーは大阪発のものでちょうど時期である流氷を見ることができます。

引用:https://youtu.be/paZf9bF_i-s

お城の雪像が解体される様子です。

見物の人もかなり近くで見ているのがわかります。

街ではショベルカーが土を掘るのを見ますが雪像の解体はまた違った楽しさがありますね。




大通公園を一望 テレビ塔に昇ることができるツアー

近畿日本ツーリストのツアーでは、さっぽろ雪まつりの会場の1つ大通公園を一望できるさっぽろテレビ塔に昇ることができます。

大通会場は雪まつりの期間に雪像が並んでいるので近くで見るのとはまた違った風景で楽しいですよ。

用意されているのはテレビ塔の途中にある特設展望休憩室と地上90mの天空展望台入場券、オススメはライトアップされた雪像が見ることができる夕方、幻想的な景色が素晴らしいです。

東京発は羽田、名古屋発は中部国際、大阪発は伊丹・関西・神戸のそれぞれの空港、福岡発は福岡空港からとなっています。

フリープランで申し込めるツアーになってます。

通常、特設展望休憩室はテレビ塔のスカイラウンジと呼ばれていて、お土産のショップやレストランがあります。展望台への入場券売場もあり、そちらで引換券を渡し天空展望台へ行きます。

引用:http://meito.knt.co.jp/1/tr/2070398/

ライトアップされた大通会場の幻想的な景色は旅のいい思い出になるはずです。

注意したいのは混雑状況、16:00~19:00はみなさんライトアップを見たいようで混むようです。

その時間帯は避けて行くのがオススメです。

このツアーのポイントはホテルをいくつかから選べるところです。

すすきの会場にも行きたい人はすすきの周辺のホテルを選べて、大通会場にあるさっぽろテレビ塔の展望台にも登れます。

ご自分の旅行プランに合わせて選べるのがいいですよね。

夜、お酒を飲みに行くならすすきのが繁華街なのですすきの周辺のホテルを選ぶのもいいかもしれません。




ご夫婦でちょっとリッチにフェリーで優雅なツアー

名古屋発のみですが阪急交通社のツアーにはフェリーで一泊できるものがあります。

リッチな気分でフェリーに乗って、さっぽろ雪まつりを体験してみませんか。

5日間のツアーの帰りの4日目夕方に苫小牧港から仙台港までフェリーに乗ります。

客室は特等客室なのでご夫婦のみの特別な時間を過ごせます。

引用:http://www.taiheiyo-ferry.co.jp/senpaku/new_ishikari/index.html

フェリー以外の長距離移動は新幹線に乗るのですがご夫婦の年齢合わせて88歳以上のフルムーンパスを利用してるので、すべてがグリーン車というのもポイントです。

中高年のご夫婦向きのツアーで途中には青森ではストーブ列車や八甲田山のロープウェイに乗ったりと楽しそうです。

引用:http://www.hankyu-travel.com/tour/detail_d.php?p_course_id=1V039&p_hei=20

さっぽろ雪まつりには4時間も滞在できるのでたっぷりと見学できます。

津軽鉄道のストーブ列車では白銀の世界を車窓から見渡せます。

引用:http://www.hankyu-travel.com/tour/detail_d.php?p_course_id=1V039&p_hei=20

行きは名古屋発で東京駅まで東海道新幹線、新青森駅まで東北新幹線、新函館駅までは北海道新幹線ですべてがグリーン車なのでゆったりとした旅を満喫できます。

太平洋フェリー「いしかり」の特等客室はホテル並の設備なので苫小牧から仙台港まで優雅な時間を過ごせますね。

2日目には新函館北斗駅から湯の川温泉へ行き宿泊、希望すれば函館山の夜景鑑賞をセッティングしてくれます。

有名な函館山からの夜景は必ず見ておきたいですね。

まとめ

さっぽろ雪まつりのツアーをいくつかご紹介してみましたがいかがでしたでしょうか。

雪像解体のツアーは面白そうですね。

さっぽろ雪まつりを含むツアーはいろいろありますがここ数年、雪像解体ツアーは人気の1つになってます。

ツアーと言ってもフリープランなら集合・移動・ホテルだけがツアー客と一緒なだけなのでかなり自由に行動できるのでオススメです。

リッチにフェリーのツアーも一度は体験してみたいですね。

では、今回はこのへんで。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする