節分の豆まき情報|読めばわかる由来、やり方や時間帯、豆の種類など。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

~今回は節分の豆まきのお話です~

こんにちは、らいふれんどです!

節分では「鬼は~外!福は~内」と掛け声をしながら豆まきをしますよね。

そして年の数だけ豆を食べますが、なぜ節分にはこのような風習があるのでしょうか。

節分の豆まきの由来ややり方、時間帯、鬼の概念、豆の種類などなど豆まきに関する情報をまとめてをご紹介します。




節分に「豆まき」の由来

「節分」の行事で豆まきをする由来はいくつかの説があるようです。

ここでは代表的なものをご紹介します。

・古代中国から来た説

「大晦日に『追儺(ついな)』という鬼を追い払う邪気祓いの行事」が、奈良時代に中国から日本に伝わり、平安時代には日本の年中行事となって、江戸時代に「豆打ち」が「豆まき」として庶民に広まった事が始まりという説があります。

農民の豊作を願う気持ちと豆をまくしぐさをあらわしているからと言われています。

・語呂合わせ

「魔目=豆・まめ」「魔減=豆・まめ」となっており、魔は鬼とされ豆を鬼の眼に投げつけることで鬼を追い払うという説。

・京都の鞍馬山

昔、京都にある鞍馬山から鬼が出て都を荒らしていた時に炒った豆で鬼を追い払うのに使用したことから、豆まきが始まったという説。

豆まきの由来の諸説は地方や風習によって様々かと思いますが、鬼(邪気)を退治する(祓う)という事には変わりはないようです。

豆まきの意味

予期せぬ災害や飢饉、病気など人間の想像を超えた恐ろしい出来事を起こすのは鬼の仕業と考えられ鬼は邪気の象徴とされていました。

大豆は五穀の中でも穀霊(穀物の精霊)が宿ると言われており、「魔滅」を豆、豆を炒る事で「魔の目を射る」という煎った大豆を使い「福豆」と言われています。

この福豆を邪気の象徴である鬼に投げつけ「邪気払い」をするというわけですね。

節分に鬼の理由

節分では豆まきをして鬼を祓うイメージですが、鬼は「邪気」の事を指しており、かの昔、人々は季節の変わり目に体調を崩しやすく、これは邪気のせいだと思われていました。

そして同じく邪気がもたらすものと思われていた災害や流行り病、飢饉(ききん)など、起きてしまえば人力ではいかんともし難いようなことを「寄せ付けない」ための風習が大切にされていました。

過去記事でもご紹介しましたが、昔は1年の始まりの節目ともなる「節分」にこの邪気を払おうと、「鬼」を邪気の象徴とみたてて、退治する、寄せ付けないという概念を作り上げたと言われています。




豆まきのやり方

地方によってさまざまですが基本的な豆まきのやり方をご紹介します。

・豆は炒り豆を使う事

目が出る寸前の豆は生命力の象徴とも言われ縁起が良いとされていますが、節分の豆まきに使用する豆は炒ってあるものを使用しましょう。

豆まきをした後、拾い忘れた豆から目が出てしまうと縁起が悪くよくない事が起こると言われています。

生の大豆を購入した場合には必ず炒ってから使用するようにして下さい。

節分の日が近づくとスーパーなどで売っている節分用の豆は炒り豆なのでそのままで大丈夫です。

・神棚も鬼退治

豆まき用の炒った豆を枡にいれて神棚にお供えする事で鬼退治の効果はパワーアップします。神棚のないお家では南の方角におきましょう。

・豆をまくのは年男・年女・厄年・一家の主

年男や年女は縁起が良く邪気を祓うイメージで豆まきをし、厄年の者は厄を祓う願いで豆まきをしますが、一家の主も家を守る意味を込め豆まきをしましょう。

小さな子供のいる家庭ではリアリティ感を出す為にとお父さんがお面を付けて鬼役をする事もあるでしょうが、節分は「目に見えない鬼(邪気)を祓う」という概念なので鬼役がいなくても、鬼を追い払っているという気持ちを抱き豆まきをする事がとても大切な事となります。

子供が物事を理解できる年齢であれば、「心の中の目に見えない恐怖や不安を豆をまくことによって追い出すんだよ」という風に伝えましょう。

・鬼を祓う為に掛け声

「鬼は~外、福は~内」など豆まきの掛け声は地方や地域によって様々ですが大きな声で掛け声をかけながら豆まきをしましょう。

・窓や玄関を開けたり閉めたり

掛け声をかけながら「鬼は~外」では外に豆をまきながら窓や玄関などを開け「福は~内」では家の中に豆をまきながら窓や玄関を締めましょう。

鬼が入ってこない様に豆まき後にはしっかり閉めましょう。

・豆まきをする時間は?

鬼は山に住んでいるので山や木が生い茂って暗い場所で暮らしていて、人目につかない様に夜の丑三つ時にやってくると言われています。

丑三つ時とは午前2時頃です。

子供がいる家庭では丑三つ時に豆まきをするのは難しいので日が暮れ夜になってから豆まきをしましょう。

・年の数だけ食べる

1年間無病息災で過ごせるようにと年の数だけ「福豆」を食べる風習があります。

新しい年の厄払いとして食べるので満年齢よりも1つ多く食べましょう。(数え年の分食べる)

地方によっては満年齢の数を食べる、新しい年の数を食べるなどありますが、数が多くなり食べきれない場合には梅干しや塩昆布、黒豆3粒いれた「福茶」を飲むなどの方法もあります。

節分の福茶は「福豆」にお湯またはお茶を注いで飲みます。昆布や梅干しを一緒に入れてもOKです。




豆まきの豆は地方で大豆と落花生に分かれている

【北海道~東北、信越地方、鹿児島、宮崎】

これらの地域では「落花生」を使用する慣習があるようです。

まいた豆が雪の中でも見つかりやすい様に落花生を豆まきに使用しているそうです。

鹿児島と宮崎は落花生の線産地と言う事もあり節分に落花生をまくそうです。

その他の地方では炒った「大豆」を使用しています。

ちなみに落花生の生産地である千葉県は「大豆」を節分に豆まきするほうが圧倒的に多かったようです。

豆まきの掛け声

豆まきの掛け声は「鬼は~外!福は~内」をよく耳にしますが、お寺や神社によって違います。様々な掛け声をご紹介します。

・「福は内、福は内」

千葉県成田山新勝寺(不動明王の元には鬼はいない、来ないから。)

・「福は内、鬼も内」

奈良県金峰山寺蔵王道 ・神奈川県川崎市千蔵寺(鬼を受け入れ改心させるから)

鬼を祀る神社などでは「福は内、鬼は内」の掛け声もあります。

鬼に関する神社として青森県弘前市の鬼神社、埼玉県嵐山町の鬼鎮神社があり「鬼を受け容れる寛容さと鬼を改心させられる力」があるとされています。

・「福は内、神は内」

紀州熊野本宮宮司九鬼家(名前に鬼が使われているので「鬼は外」とは言わない)

・「鬼は内、福は外」

京都府大原神社(鬼を神社に迎い入れ福を各家庭へ送るという意味があるそうです)

この様な節分の豆まきの掛け声には様々なものがあり、地方などでも色々な掛け声があるようです。

まとめ

豆まきのやり方や掛け声など地方によって様々ですが、「鬼(邪気)を祓う」と言う概念は同じです。

目に見えない鬼は自分の心の中にも存在しているかも・・・

日本古来の「節分」という行事を大事に各ご家庭の邪気を払い除け、清々しい気持ちで春を迎えましょう。

では、また。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする