バレンタインデーの由来とチョコ以外で渡すお菓子の意味は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

~今回はバレンタインデーのお話しです~

こんにちは!らいふれんどです。

2月14日のイベントと言えば、そうバレンタインデーですよね。

日本でも今や知らない人はいないほどすっかり定着したイベントですが、バレンタインデーは本来キリスト教がの中行事なんです。

そのため、実はれっきとした発祥の歴史や由来というものがあります。

そして、日本ですっかり定着した「チョコレートを渡す」という概念も海外では少々事情が違い、チョコ以外のお菓子やプレゼントを贈ったりします。

そこで、バレンタインデーの由来や意外と知られていないお菓子などの贈り物の意味についてご紹介していこうと思います。




バレンタインデーの本来の由来・意味

バレンタインデーは英語表記で「St.(Saint) Valentine’s Day」、日本語に直訳すると「聖バレンタインの日」となります。

この「聖バレンタイン」という人物はローマ帝国が栄えていた時代の「ウァレンティヌス」という実在のキリスト教司祭だといわれています。

引用:http://urx.space/NI7t

当時のローマ帝国では2月14日は全ての神々の女王「ユーノー」の祝日とされ、その翌日である2月15日には「ルペカリア」という祭りが行われていました。

ルペカリアは、女性の名前が書かれた札を壺や桶などに入れ、男性がその中から引いた札に書かれている女性と祭りの間パートナーとして過ごすと言うもので、その男女の多くが恋心を抱き、結婚したといわれています。

しかし、3世紀頃のローマ帝国皇帝「クラウディウス二世」は、若者が戦争に行きたがらないのは、家族や恋人に対する未練があるからだと考え、結婚を禁止すると言う手段をとりました。

これに反発し、秘密裏に兵士たちの結婚式を執り行っていたのが、ウァレンティヌス司祭なのです。

もちろん皇帝はこの行為に気付き、止めるように警告・命令しましたが、ウァレンティヌス司祭はこれを無視し、捕縛されるまで兵士たちのために結婚式を挙げ続けました。

そして、ウァレンティヌス司祭は皇帝の命に背いたとされ、2月14日に処刑されてしまいました。

2月14日はユーノーの祝日でもあり、当時の人々の間に強く衝撃を与えました。

そして人々は、ウァレンティヌス司祭を「愛の守護聖人」として強く敬愛するようになり、国民は2月14日に祈りを捧げるようになりました。

これが現在のバレンタインデーの元になったと言われています。

バレンタインデーで渡すお菓子に込められている意味一覧

バレンタインデーはチョコレートのイメージが強いですが、クッキーやキャンディーなどのお菓子を渡す方も多いと思います。

しかし、それぞれのお菓子に込められている意味をご存知の方はどのくらいいるでしょうか。

クッキー

クッキーと言えば軽やかなサクサクとした食感が魅力ですよね。

クッキーにはその食感から「乾いた・軽い関係=友達でいよう」と言う意味が込められています。

そのため、友達や義理で渡す場合にはおすすめですが、本命に贈る場合には注意しましょう。

キャンディー

キャンディーは口の中でゆっくりと味わいますよね。

そのことから「関係が長く続く=あなたと仲良くしたい≒あなたが好き」と言った意味になります。

本命の人や、ずっと仲良くして欲しい友人に贈るといいですね。

キャラメル

キャラメルはどの世代の人でも食べたことがある、どこか昔懐かしい味が魅力のお菓子です。

そんなキャラメルには「一緒にいると落ち着く関係」という意味が込められています。

何かと相談に乗ってくれるような親しい友人に贈るのが吉です。




バームクーヘン

バームクーヘンと聞いて結婚式の引き出物を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

木の年輪のように何層も重なっていることから「厚い関係=いつまでも続く関係」と言う意味があります。

これからも長い関係でいたい恋人や親友に贈りましょう。

マロングラッセ

とある理由からヨーロッパでは男性が女性によく贈るそうです。

なぜならマロングラッセには「永遠の愛を誓う」と言う意味があるからなんだそう。

是非とも恋人に贈りたいお菓子ですね。

マシュマロ

マシュマロは口の中で直ぐ溶けてなくなってしまいますよね。

そのため、「直ぐ溶ける関係=あまり深く関わりたくない」という大変ネガティブな意味になってしまいます。

バレンタインデーで贈る際には注意が必要ですね。

「チョコ入り」マシュマロ

さて、なぜわざわざ括弧がついているかと言うと、通常のマシュマロとチョコ入りのマシュマロでは意味が大きく異なるからです。

チョコ入りマシュマロの場合、中に入っているチョコをプレゼントする相手にたとえ、「純白の愛で包み込む」というなんともロマンチックな意味になります。

チョコレート・ケーキ・プリンなど

さて、バレンタインのド定番であるチョコレートやケーキなどにはどんな意味があるかと思いきや、実は「特に意味は無い」のだそう。

そもそも、「バレンタインにチョコレート」は日本のお菓子会社が売り上げを伸ばすための宣伝文句が元ですので、深い意味はありません。

まあ、「誰にでも贈りやすい」ことが特徴と言えるでしょう。

まとめ

さて、「バレンタインにチョコレート」は日本の企業が考案したものですので、海外では特にチョコレートにこだわると言ったこともなく、またお菓子ではなくプレゼントを贈ることもあります。

「女性から男性に」という決まりもありませんので、男性から女性に贈ることも多いです。

そのため、あまりチョコレートにこだわらず、様々なお菓子やプレゼントを贈ってみては如何でしょうか。

では、今回はこのへんで。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする