節分にいわし?由来や食べ方を知っておこう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

~今回は節分に飾る「いわし」のお話です~

こんにちは!らいふれんどです。

「節分にいわし?」というタイトルですが、もしかしたらご存知ない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

節分では豆や恵方巻きだけでなく、いわしを飾って、食べる習慣もあるんですね。

ではなぜ、節分にいわしなのでしょうか?

今回は節分にいわしが関係するようになった由来や、飾り方と食べ方、そして処分の仕方などをご紹介します。




節分にいわし?その由来は?

2月3日の節分は立春の前日になります。

旧暦が関係しますが新しい春を迎えるために「鬼は外、福は内」と邪気を払うための豆まきをします。

節分では他にも邪気を寄せ付けないために柊鰯(ひいらぎいわし)を飾るということも行われてきました。

節分にいわしが関係するのはそのためです。

その由来は土佐日記に平安時代の正月に飾るしめ縄に柊の枝とボラの頭を刺していたと記されているので柊鰯の元はその頃からありました。

ボラの頭からいつ、いわしになったのかは不明ですが江戸時代にもこの風習は普及しており、関東一円から福島県にかけてもあるようです。

また、西日本では「節分いわし」と称して食べる習慣もあります。

柊の葉にはトゲがあるので鬼の目を刺し、焼いたいわしの煙と臭気で鬼が寄ってこないということで柊にいわしの頭を刺して飾るという風習が始まりました。

奈良県奈良市では普通に今でも行われる風習になっています。

鬼が家に入らないように結界を張るようなことでしょうかね。

鬼は臭気と煙に弱いそうですね。

「鰯の頭も信心から」ということわざは、つまらないものでも信仰されると有り難いものになるという意味ですが魚へんに弱い「いわし」でも邪気を払ってくれるのですね。(笑)

節分にいわしの飾り方は?いつまで?処分の仕方は?

では、柊鰯の飾り方はどんなふうにすればいいのでしょうか。

作るのは簡単でいわしを塩で焼いて、取った頭を柊の枝に刺すだけです。

さて飾り方ですが昔は家の門口に挿していたそうですが今だったら玄関に柊鰯を立てかけるぐらいでいいと思います。

地域によってはいわしの代わりにニンニクやラッキョウと、やっぱり臭いの強いものを使うところもあるようです。

柊鰯はいつ頃まで飾っておけばいいのかが気になりますが一般的には2月いっぱいと言われています。

地域によっては小正月である1月15日から節分までや翌年の節分までなどあります。

ずっと飾っておいて猫が頭を取っていくまでなんて地域もあります。

あまり飾る期間は悩まずにいわしの臭いでご近所迷惑にならないよう、その日だけにしておくのがいいかもしれませんね。

柊鰯の処分の仕方は一番のオススメは神社などで行われるお焚き上げで焼いてもらうことです。

邪気除けとして守ってもらったので、御守りや御札のような扱い方がいいですね。

神社などに行けないならお酒やお塩で清めてから半紙に包んで捨ててください。




節分のいわしの食べ方はやっぱり塩焼き?

西日本の地域では柊鰯として飾るだけでなく食べる習慣も多くあります。

いわしを食べることで体からも邪気を払い、健康な年であるようにということかもしれませんね。

節分でのいわしの食べ方は塩焼きが一般的なようですが奈良県の大和高原地域ではアラメという海藻の一種にいわしを巻いた「め巻き」を食べます。

三重県の鳥羽などではアラメ巻きとも言われています。

おせち料理の昆布巻きのように邪気払いの縁起物で保存もいいからでしょうかね。

地域によっていろいろ食べ方もあるようですが鬼は七輪で焼く煙と臭いを嫌がるので焼いて食べるのが一般的になったようです。

いわしの塩焼きの作り方ですが塩はまんべんなくふってください。

内蔵を出さずに焼く場合は腹が破れるのを防ぐためによく塩をふりましょう。

しっぽや胸ビレなども焦げないように塩をよくふってください。

5分~10分ほど冷蔵庫で寝かせると臭みや水分が抜けて美味しく仕上がります。

お魚は皿に盛る時は「左あたま、右しっぽ」なのでグリルや網で焼く時は逆の「右あたま、左しっぽ」で焼き始めましょう。

そうすれば盛り付けしやすいし、焼きたての面から食べられますよ。

皿に盛り付けたらレモンやゆずなどをかけ、しょう油をたらした大根おろしと一緒に食べてください。

引用:https://cookpad.com/recipe/2127670

いわしの食べ方はいろいろありますがちょっとした手間で塩焼きでも美味しくいただけますのでお試しください。

ポイントは塩をふった後に寝かせることと、焼く面の順番です。

節分に美味しくいわしをいただきましょう。

まとめ

節分にいわしを飾る由来から美味しい食べ方までをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

柊鰯はマンションなどに住んでいる人はなかなか出来ないかもしれませんね。

飾るにしても節分の日の夕食でいわしを焼いてから作って玄関にと、ご近所にあまり迷惑にならないようにしましょう。

処分の仕方でもそうですが気持ちが大事ではないでしょうか。

地域によっていわしの食べ方も違いますがぜひ、塩焼きを一度お試しください。

「鰯の頭も信心から」のことわざ通り、邪気も払えるし美味しくいただけますよ。

では、また。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする