バレンタインに生チョコを贈ろう!おしゃれなラッピング方法は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

~今回は、バレンタイン生チョコのラッピング方法のご紹介です~

こんにちは!料理男子らいふれんどです。

口の中に入れた瞬間から、トローっと溶け始める独特の食感を楽しむことができる生チョコ。

普段食べるチョコとしてはもちろん、年に一度のチョコの祭典(?)・バレンタインにも人気が高まっています。

ですが、生チョコは非常にデリケートなため、形が崩れやすいという特徴があります。

せっかくバレンタインのギフトとして生チョコを選んでも、相手に渡すまでに台無しにしてしまってはもったいないですよね。

そこで、今回はバレンタインに生チョコを贈りたい方のために、生チョコの形が崩れてしまわないおしゃれなラッピング方法を紹介したいと思います。

★ちなみに、手作りで生チョコを作りたい方は是非こちらの記事を参考にしてください!          ↓ ↓ ↓

「バレンタインには手作りチョコを本命の彼に渡したい!~レシピ紹介~」




生チョコのラッピングにあると便利なもの

ラッピングをする前に、生チョコを可愛くラッピングするためにあると便利なものを紹介します。

100円ショップでも手に入るものばかりですので、ぜひそろえてみてください。

◎OPP袋

透明感のある、しっかりとしたポリプロピレン製の袋です。

テープ付きで簡単に封ができる・いろいろなサイズがある、という点で生チョコ以外のラッピングにも活用できます。

◎ワックスペーパー

手でも破ることができる紙であるにもかかわらず、ワックスを染み込ませているので油分や水分を通すことがありません。

適度な通気性があるため、生チョコのコーティングに使ったココアパウダーが湿ってしまうこともないのがポイントです。

必要な大きさにカットして使いましょう。

無地のもの(白・茶・黒など)・英字プリント・花柄やハート柄など、種類も豊富です。

◎ピック

生チョコは手でつまんで食べると指先が汚れてしまいます。

開封後すぐに食べてもらいたいと思うなら、バレンタインらしいピックを添えておきましょう。

◎マスキングテープ

シンプルなOPP袋をデコレーションしたり、封をするのに便利なのがマスキングテープです。

マジックで文字も書けるので、メッセージや宛名を書くこともできます。

使い勝手のいい15mm幅のものが何種類かあると用途が広がります。

◎折り紙

可愛らしい柄のついた折り紙であれば、OPP袋に入れたり包み紙にしたりと用途が広がります。後ほど紹介するテトラ型のラッピングにも役立ちます。

引用:http://urx.blue/NU1u




生チョコにおすすめのおしゃれなラッピング方法

では、生チョコをおしゃれにラッピングする方法を紹介していきましょう。

①生チョコを1つずつ包む

ワックスペーパーを生チョコ1つが包める大きさにカット、一つずつキャラメル包みやキャンディ包みをします。

引用:https://cocalab-hm.com/180.html

折り方がやさしいと自然に開いてきてしまうので、しっかりと爪で折り目を付けるか、ワイヤー入りのタイやマスキングテープでとじるようにしましょう。

②OPP袋でラッピング

OPP袋に、袋に入るサイズにカットしたワックスペーパーを入れて、生チョコを数個入れます。

封をしたら上部を何度か折り、マスキングテープでとめたりリボンをかけて仕上げます。

引用:https://3shisuimei.com/3165.html

個包装した生チョコを数個、OPP袋に入れて封をしてもいいでしょう。

③容器を利用する

小さな紙コップやふた付のフルーツカップ・焼き菓子用の紙製カップなどに生チョコを入れ、マチのあるOPP袋にカップを入れます。

引用:https://cocalab-hm.com/180.html

生チョコが食べやすいようにピックを添えておくのがおすすめです。

袋の上部をリボンやワイヤー入りタイで絞ったり、折ってマスキングテープでとじればできあがりです。

④紙コップを利用する

1)普通サイズの紙コップを用意します。

2)紙コップの口から底に向けて約3cmの切り込みを、円周を8等分するように入れます。

3)紙コップの口の部分(くるんと丸まっている部分)を切り落とします。

 ※中に個包装した生チョコを入れます。

4)2で切った部分を順に、折り込みます。

5)最後の1枚は最初に折り込んだ部分に入れ込みます。

6)マスキングテープやシールで封をしてできあがりです。




⑤折り紙でテトラ型ラッピング

1)折り紙1枚とホチキス・両面テープを用意します。

2)折り紙の1辺に両面テープを貼り、折り紙が輪になるように端同士を貼り合わせます。

3)筒になった一方の端を巻くように5㎜程度×2度、折り上げてホチキスでとめます。

 ※中に個包装した生チョコを入れます。

4)袋の向きを90度変えて、テトラ型のバランスがいい部分で折り目をつけます。

5)4で折り目をつけた部分まで端から折り紙をジャバラ状に折り、中心部をホチキスでとめます。

6)5で折った部分を少し広げ、リボンのように見せたらできあがりです。

まとめ

いかがでしたか。

生チョコをプレゼントする際におすすめのラッピング方法について紹介しました。

OPP袋やワックスペーパー、マスキングテープがあればバレンタイン以外にもいろいろと役立ちますので、そろえておくと便利です。

では、また。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする