前橋でランチするならここ!駅伝もご当地グルメも楽しんじゃおう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

~前橋のランチ・グルメ情報+遊園地るなぱあくも軽くご紹介~

こんにちは!らいふれんどです。

2019年も元日の1月1日にニューイヤー駅伝が開催されます。

ニューイヤー駅伝と言えば、実業団チーム日本一を決める、国内最高峰の駅伝レース!出場選手の中には、東京オリンピック・男子マラソンの代表候補となっている選手も。

トップランナーたちの迫力ある走り、ぜひ身近で感じたいですよね。毎年、沿道は応援する人でいっぱいです。スタートは朝の9:15、ゴールは大体14時ごろ。群馬県庁を出発して、また群馬県庁に戻って来るコースとなっています。

「お昼またぐし、ご当地グルメも楽しみたいな~」と前橋市内でランチを考える人も多いのでは?

そこで、前橋のグルメ情報をまとめてみました。

子連れスポットの名所遊園地「るなぱあく」についてもちょい足ししています。




前橋市でおっきりこみを食べるなら「真心庵そばひろ」

群馬県のご当地グルメと聞いて多くの人が思い浮かべるのが「おっきりこみ(おきりこみ)」ではないでしょうか?

おっきりこみは群馬県の郷土料理です。

群馬県は、上州名物・からっ風の影響で小麦の生産が盛んなため、意外にも「粉もの文化」が根付いてるんだそう。

おっきりこみの麺も、小麦粉から作られています。

その麺が幅広のもので、汁や野菜とともに生麺のまま煮込むのが特徴。

生麺のまま煮込むので粉の風味を感じやすく、汁にとろみが付き、おっきりこみの美味しさに。

うどんとはまた違うおっきりこみ、群馬に行ったなら食べてみたいですね。

便利な「おっきりこみマップ」も参考にしてみて下さい。

<真心庵そばひろ>

【住所】群馬県前橋市大友町3-24-11

<アクセスマップ>

【TEL】027-254-4187

【アクセス】関越自動車道、前橋インターを下りて、前橋問屋町方面に車で10分

【駐車場】あり

【営業時間】午前11:00〜午後3:00、午後5:00〜午後8:00

【定休日】毎週木曜日・第3水曜日

THE・ご当地グルメ、上州御用鳥めしを「登利平」で食べよう

地元で知らない人はいない、THE・ご当地グルメ、上州御用鳥めし

県外のビギナーさんに一言で説明するなら、お弁当です。

きっちりと包装紙に包まれたレトロな見た目は、駅弁と言うとイメージしやすいかもしれません。

鳥めしの中身は…秘伝のたれで味付けされた鶏モモor胸肉を白いご飯の上に乗せたシンプルスタイル。

引用:http://www.torihei.co.jp/takeout_detail01/

とは言え、やわらかい鶏肉、甘じょっぱいタレがしみたご飯、想像するだけでよだれが出てきます。

何しろ、もう40年余りも土地に根付いているご当地グルメですからね。

鳥めしは2種類あって、竹が710円、松が820円

違いは、竹が鶏胸肉100%で、松が鶏モモ+鶏むね肉というもの。

折角だから松を~と思いがちですが、地元の人は「鳥めし=竹」とのこと。

ちょっとしたオマケ情報として。

お持ち帰りにして、好きな場所で食べるのもよし。

レストランで、鳥めしと他の鶏肉料理を楽しむもよし。

前橋市には本店もありますよ。

<登利平 本店>

【住所】前橋市六供町1-18-6

<アクセスマップ>

【TEL】027-223-5454

【駐車場】あり

【営業時間】お食事11:00~21:30/テイクアウト10:00~21:00

<登利平 けやきウォーク店>

【住所】前橋市文京町2-1-1けやきウォーク前橋1F

<アクセスマップ>

【電話】027-220-5454

【駐車場】あり

【営業時間】お食事11:00~22:00/テイクアウト10:00~22:00




群馬のソウルフード・焼きまんじゅうも別腹で!

ホッとひと息、スイーツもいかがでしょう?

群馬のソウルフードと呼ばれる、焼きまんじゅうがオススメです。

焼きまんじゅうの名前に惑わされることなかれ。

県外の人は食べてビックリ「え、これまんじゅうなの?」

まず見た目、丸いおまんじゅうが2~3個、串に刺さってます。

タレもかかって、結構な迫力とボリューム。

引用:https://tabelog.com/gunma/A1002/A100202/10012726/

そして食べてみたら…あれ、あんこが入ってない!?

そうなんです、群馬の焼きまんじゅうは一般的なあんこ入りのまんじゅうではなく、生地をふかふかに蒸したものなんです。

タレは味噌ダレ

一度食べたらやみつきに…?

寒い時期にはあつあつの焼きまんじゅうがたまりません。

<田中屋本店>

【住所】群馬県前橋市下小出町3-2-1

<アクセスマップ>

【TEL】027-231-1245

【営業時間】8:30~19:00

【定休日】月曜日(祝日の場合は営業)

レトロかわいいちっちゃな遊園地「るなぱあく」

子連れファミリーが訪れたい前橋市のスポットと言えば、るなぱあく!

「にっぽんいちなつかしいゆうえんち」をコンセプトにしているだけはあり、もくば館とそこにある電動木馬はなんと1954年のもので、国の登録有形文化財に指定されました。

コンパクトな遊園地はまさに小さなお子さんにぴったり。

3歳以下の子供に付き添う大人は無料など、子どもの安全への配慮も徹底しており、親御さんも安心して遊ばせられる遊園地です。

引用:https://www.lunapark-maebashi.com/

しかもちょっとしたブームが来てるんですよね。

2016年度の延べ来場者数が過去最高になったかと思うと、2017年度の延べ来場者数はさらにそれを更新。

なつかしさを味わってみてはいかがでしょうか?

…ですが、年末年始は休園日がありますので事前に確認が必要ですね

ニューイヤー駅伝観戦の前後で子どもさん連れで来園を計画されている方はご注意くださいね!

<るなぱあく>

【住所】群馬県前橋市大手町3丁目16−3

<アクセスマップ>

【TEL】027-231-6774

【開園時間(通常営業)】9:30~17:00 

 ※夏季営業・冬季営業があります。ちなみに2018-2019年末は

  12月28(金)まで年始は1月2日(水)からです。

【URL】https://www.lunapark-maebashi.com/

まとめ

いかがでしたでしょうか?

観戦ついでにご当地グルメ、小旅行にばっちりなプランかと。

お正月が待ち遠しいですね~。

ただし、るなぱあくなど年末年始のお休みにはご注意を。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする