豊川稲荷のいなり寿司。キムタクご贔屓店や持ち帰り可能な人気店は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

~今回は豊川稲荷周辺のいなり寿司の人気店のご紹介です~

こんにちは!らいふれんどです。

豊川稲荷といえば、日本三大稲荷に数えられるなど、大変知名度が高く毎年初詣には大勢の参拝者が訪れます。

→豊川稲荷の初詣情報はこちら「豊川稲荷初詣|日本三大稲荷の地名と屋台人気で大混雑! 

名前に「稲荷」と付くので誤解されやすいのですが、豊川稲荷は神社ではなくお寺なのです。豊川稲荷にある吒枳尼天の像が白狐にまたがった姿のため、稲荷信仰と合わさり豊川稲荷と呼ばれ親しまれるようになりました。

また、豊川稲荷の御利益が家内安全・商売繁盛・厄難消除等を始めとする20以上の種類に亘ることも人々に広く信仰される理由なのでしょう。

そんなちょっと不思議な豊川稲荷の名物といえば、「いなり寿司」。

最近では食べ歩いたり、テイクアウトしやすいことも相まって人気が高まっているのだとか。

そこで、豊川稲荷周辺でキムタクが訪れたという名店「家元屋」や持ち帰りができる人気店をご紹介していこうと思います。




ニノさんで話題を呼んだキムタクが愛する名店「家元屋」

日テレで放送されている嵐の二宮和也さんがMCを勤める番組「ニノさん」でキムタクこと木村拓也さんが登場した際、手土産として持ってきて話題を呼んでいるのが「家元屋」のいなり寿司です。

家元屋は豊川稲荷の境内にお店を構えている茶屋です。

創業は明治三年と古く、同じく境内に店を構える2軒の茶屋と比べても一番の老舗だそうですね。

そんな家元屋でいただくことが出来るいなり寿司ですが、木村拓也さんが贔屓にするだけのことはあり、大変絶品だとの評判です。

引用:https://tabelog.com/tokyo/A1308/A130801/13059560/

濃い目の甘辛味がしっかり染みている油揚げと包まれている酢飯が相性抜群で、誰もが舌鼓を打つとまで言われています。

お値段は手ごろな3個入り250円からと、気軽に買えるのも評判が良いポイントなんでしょうね!

茶屋なのでうどん等も提供していますので、セットで食べるのもおすすめです。

豊川稲荷周辺で持ち帰りが出来る人気店のご紹介

豊川稲荷と言えばさすが名物だけあって、周辺にはいなり寿司を取り扱っているお店が沢山あります。

ここではその中から人気が高く持ち帰り(テイクアウト)が可能なお店をいくつかご紹介していこうと思います。

★来恩

門前町の雰囲気が感じられる豊川稲荷表参道にある「来恩」は、創意工夫を凝らした稲荷ずしが食通の高い人気を獲得し、参拝ついでのお客さん以外にも「来恩のいなり寿司目当てに」といったお客さんもいるほどです。

そんな来恩では、七つの色と味が楽しめる「レインボーいなり」が大人気商品となっています。

引用:https://tabelog.com/aichi/A2306/A230602/23019526/dtlrvwlst/B35218356/

また、いなり寿司に大葉や海苔を巻いて丸ごと揚げた「天ぷらいなり」は固定ファンも多く獲得しており、何度も様々なメディアで紹介されるなど高い人気を誇っています。

持ち帰りの場合、一個から買えるのも人気のポイントですね。

【住所】愛知県豊川市門前町10

<アクセスマップ>

【営業時間】11:00~16:00

【電話番号】0533-84-8148




★おきつね本舗

豊川稲荷の参道の中でも、特にバッと目に飛び込んでくるのが「おきつね本舗」です。

豊川稲荷周辺でも屈指の人気を誇るお店で、数々のテレビ番組やメディアで取り上げられ、知名度がアップしています。

このお店は「テイクアウト専門」であることも特徴ですね。

メニューは個性的且つ、なぜか堪らない・病み付きになってしまうものばかりで、特に葉わさび漬けと組み合わせた「わさびいなり」はピリッとしたわさびの辛味と後を引かないすっきりとした後味が「飽きが来ない」と大好評となっています。

引用:http://www.okitsune.net/ichiran.html

また、「おきつねバーガー」というテイクアウト専門店ならではのメニューも大人気となっています。

バンズの変わりにサクサクとした厚切りの油揚げを使用しているのですが、間に挟んだレタスとカツとの相性が思いのほか良く、「意外な美味しさ!」と観光客や参拝者に大変好評なようです。

【住所】愛知県豊川市門前町1

<アクセスマップ>

【営業時間】10:00~17:00(1月中は8:00~18:00)

【電話番号】0533-85-6922

★門前そば 山彦

名前の通り、豊川稲荷総門前に堂々と店を構えているのが「門前そば 山彦」。

豊川稲荷を長い間信仰していた信者の1人がおよそ100年前に創業し、それからずっと門前で参拝客をもてなしてきたそうです。

豊川のいなり寿司が有名になってからも、伝統の味を守り続け今でも大変人気のあるお店となっています。

名物「いなほいなり寿司」は「稲穂が沢山実るように」と思いを込めて作られているそうで、ひじき・くるみ・椎茸・竹の子・人参の具材を使った五目稲荷寿司となっています。

引用:https://yamahiko.net/%E3%81%8A%E5%93%81%E6%9B%B8%E3%81%8D

握りたての稲荷寿司を詰めてくれるので、帰りの電車内でゆっくり味わったりということも出来ます。

また、店内では、「門前きしめん」と一緒にいただくことが出来るセットなども用意されているので、そちらもおすすめですよ。

【住所】愛知県豊川市門前町1

<アクセスマップ>

【営業時間】8:30~17:00(売切れ次第終了)

【電話番号】0533-85-6729

まとめ

以上、いくつかおすすめのお店を紹介しましたが、お店ごとの特徴がバラエティに飛んでいますよね。

伝統を引き継ぎながら工夫を重ねる「山彦」に対し、創作いなり寿司に特化した「来恩」、テイクアウトに焦点を絞った「おきつね本舗」など、特色に溢れたお店が揃っています。

伝統の味から一風変わったいなりまで、様々なものが一度に楽しめるのも人気の秘密なのかもしれません。

豊川稲荷に参拝に行かれる方は、今回ご紹介したなかで「これ!」と思ったいなり寿司を是非ともお楽しみください!

では、また。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする