伊勢神宮「おかげ横丁」。お伊勢参りの後は食べ歩きとお土産選びを堪能しよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

~今回は伊勢神宮「おかげ横丁」のご紹介です~

こんにちは!らいふれんどです。

三重県伊勢市の伊勢神宮は毎年初詣に多くの参拝者が訪れる全国有数の人気神宮ですが、〝お伊勢参り”に欠かせない食べ歩きやお土産街道として親しまれている「おかげ横丁」があります。

>>「伊勢神宮初詣|ツアーや割引切符、シャトルバスを賢く利用。交通規制に要注意! 」

伊勢神宮内宮門前町の「おはらい町」の中ほどにあり、江戸や明治時代の伝統的な建物が再現されていて、料理、日用雑貨、催し物など、伊勢の風土や日本の文化を楽しめるお店が60店舗ほどあります。

横丁ストリートは「宇治蒲田町交差点」あるいは「宇治蒲田観光案内所」の手前から内宮の入口の「宇治橋手前」まで続く参道です。

おかげ横丁で楽しむ食べ歩きやお土産の名店、そして駐車場情報などをたっぷりとご紹介していきます!




食べ歩き

①赤福総本店「赤心慶福」

伊勢に来たら外せない定番「赤福」は、伊勢の代名詞とも言われる和菓子の老舗として有名です。

「おかげ横丁」を管理運営しているのが赤福の系列会社「伊勢福」で、全国で販売されている「赤福餅」を製造販売すしています。

「赤福」はこのおはらい町で1707年に創業しており、ここまさに老舗の総本舗です。本店だけに建屋規模が大きく、向かい合う形で2店舗健在しています。

引用:http://www.akafuku.co.jp/product/bon/

赤福の店舗名「赤心慶福(せきしんけいふく)」は「嘘偽りのないまごころ(赤心)をもって尽す事で他人の幸せを喜ぶことが出来る」との意味合いをもっています。

赤福の表面のこし餡は通常のこし餡に比べて少し柔らかめで、伊勢神宮、内宮を流れる五十鈴川のせせらぎのイメージで模られており、中身は五十鈴川の中に見える小石をイメージした白餅が入っていて、甘さ控えめでいくつでも食べられそうな旨さとなっています。

本店では店内で食べる事ができるので出来立ての美味しさを味わう事ができます。

◇赤福総本店詳細

【住所】三重県伊勢市宇治中之切町26おかげ横丁

<アクセスマップ>

【TEL】0596-22-7000

【営業時間】5:00~17:00

【定休日】年中無休

【公式サイト】http://www.akafuku.co.jp/

②伊勢うどん「ふくすけ」

伊勢うどんの名店「ふくすけ」。

地元伊勢産の海の幸を使用した天然ダシに伝統の味を加えたオリジナルのタレを、極太で腰のあるモチモチとした食感のうどん麺にかけて食します。

口の中でタレとうどんが混ざり合い、まさに癖になる旨さです。

引用:https://tabelog.com/mie/A2403/A240301/24000009/

「ふくすけ」の伊勢うどんは数種類から選ぶことができますが、特におすすめなの「1日売り切り数量限定の手打ち伊勢うどん」で値段は600円なりです

◇ふくすけ詳細情報

【住所】三重県伊勢市宇治中之切町52おかげ横丁

<アクセスマップ>

【TEL】0596-23-8807

【営業時間】10:00~17:30

【定休日】年中無休

【おかげ横ふくすけサイト】 https://bit.ly/2PVw3zX

③豚捨

1909年に精肉店として創業した「豚捨(ぶたすて)」。

店名に”豚”と付いているのは創業当初精肉店であったことによるものですが、現在は豚肉ではなく、牛肉をメインに料理を提供しています。

「豚捨」は1階がテーブル席、2階が本格鍋料理用の座敷席になっています。

引用:https://tabelog.com/mie/A2403/A240301/24000010/

1階で提供されている「牛丼」は、肉の盛り方がゴージャスで、主人の粋の良さが表されているかのようにたっぷりのどんぶり飯となっています。

濃厚なタレと牛肉、アツアツのご飯の相性が抜群でウマさが際立っています。

食べ歩きにぴったりのテイクアウト商品「豚捨コロッケ1つ¥100・メンチ味1つ¥150」は、具に弾力があり噛みごたえ十分で、甘みのあるまさしく絶品のコロッケです。

◇豚捨詳細情報

住所:三重県伊勢市宇治中之切町52おかげ横丁

<アクセスマップ>

【TEL】販売/0596-23-8802 飲食/0596-23-8803

【営業時間】4月~9月/9:00~18:00 10月~3月/9:00~17:00

【定休日】年中無休

【公式サイト】http://www.butasute.co.jp/index.htm

④団五郎茶屋

「団五郎茶屋」は店名に茶屋がついていながら、人気メニューはオリジナルの「おにぎり」と「松坂牛の串焼き」です。

おかげ横丁の中心にあり厨房を囲むようにベンチや座敷が用意されています。

引用:https://www.okageyokocho.co.jp/tenpo/dangoro/

お米は特別栽培米の「はえぬき」を使用しています。

小腹が空いた時やちょっと休憩したいときに立ち寄って、かけそばと一緒に海老天おにぎりや焼きたらこおにぎり楽しむことができます。

また噛むたびに肉汁と松坂牛の旨みを堪能する事ができる「松坂牛の串焼き」は絶品の美味ですね。

おにぎりは注文してから握ってくれますので、来立ての味を楽しむ事ができます。

◇団五郎茶屋詳細情報

【住所】三重県伊勢市宇治中之切町52おかげ横丁

<アクセスマップ>

【TEL】0596-23-8808

【営業時間】10:00~17:30(L.O17:00)

【定休日】年中無休

【おかげ横丁の団五郎茶屋サイト】https://www.okageyokocho.co.jp/tenpo/dangoro/

⑤美杉郷 八知玉谷

三重県津市美杉町の地元手作りの「八知玉こんにゃく」のお店です。

味付けをした八知玉こんにゃくが販売されていて、オススメは甘さのある「こんにゃくようかん」。他には「かぼちゃ」「こしあん」「美杉緑茶」「むらさき芋」「青のり」「唐辛子」味や、刺身こんにゃくなどがあります。

引用:https://www.okageyokocho.co.jp/tenpo/yachidamaya/

こんにゃくようかんはこんにゃくでありながら弾力のあるようかんを食べている感覚で癖になる歯ごたえとなっています。

こんにゃくには食物繊維が豊富なのでダイエット中の方もご心配なく!

◇美杉郷 八知玉谷

【住所】三重県伊勢市宇治中之切町52おかげ横丁

<アクセスマップ>

【TEL】0596-23-8835

【営業時間】9:30~17:30

【定休日】年中無休

【おかげ横丁の美杉郷 八知玉谷サイト】https://bit.ly/2yx1muj

⑥おかげ横丁 「まめや」

土日祝のみの営業店として有名な「まめや」は、家庭料理(農村料理)がメインとなっています。

店内は古民家を改装したゆっくりとくつろぐ事のできる空間となっています。

三重県多気郡で採れた新鮮な旬の食材に、お米は純粋のコシヒカリを使用しており、揚げたてのひりょうず(がんもどき)や大豆、豆腐、旬野菜、ご飯、味噌汁がセットになった「ひりょうず膳」が人気メニューとしておすすめです。

引用:https://tabelog.com/mie/A2403/A240301/24013594/

その他にもあげやき膳、まめやいなり寿司、まめや豆乳付きのだいずクリームやおからドーナツなど、ヘルシーメニューを堪能する事ができます。

◇おかげ横丁 まめや詳細情報

住所:三重県伊勢市宇治蒲田1-5-3

<アクセスマップ>

【TEL】0596-22-9221

【営業時間】土日祝/11:00~16:30

【定休日】月~金




おみやげ

①「赤福」

伊勢のお土産と言えば、もちろん「赤福」ですよね。

おかげ横丁でもお土産人気は当然一番。

上品な味わいで子供から年配の方にまで愛されている伝統の逸品です。

・赤福総本店詳細

【住所】三重県伊勢市宇治中之切町26おかげ横丁

<アクセスマップ>

【TEL】0596-22-7000

【営業時間】5:00~17:00

【定休日】年中無休

【公式サイト】http://www.akafuku.co.jp/

②つぼや

一昔前に流行したレトロ感ある品物を扱うお店で、近年ではおもしろいレアな物が販売されています。

「キセル」や昔ながらのデザインの「レトロなマッチ」「印籠(印鑑&朱肉)」などなど。

引用:https://www.okageyokocho.co.jp/tenpo/tsuboya/

その中でも「キセル」は年配の方へのお土産に人気で、最高級品からお手軽な価格のものまであり、珍しいお土産として人気を得ています。

・つぼや詳細情報

【住所】三重県伊勢市宇治中之切町52 おかげ横丁

<アクセスマップ>

【TEL】0596-23-8844

【営業時間】10:00~16:30

【定休日】年中無休

③おみやげや

昔ながらの赤いポストが目印となっている「おみやげや」では、江戸時代にお伊勢参りが流行した当時、〝病気などの主人の代わりにお伊勢参りして”という犬をモチーフに作られた「おかげ犬」のグッズを販売しているお店です。

引用:https://www.okageyokocho.co.jp/okageinu/

おかげ横丁でお土産としてブームとなっている「おかげ犬」のアイテムは、ストラップやポーチ、ぬいぐるみやおかげ横丁限定のポストカード、扇子なども置いてあり、その他には地元特産のお菓子やおせんべいなども販売されています。       

・おみやげや詳細情報

【住所】三重県伊勢市宇治中之切町52おかげ横丁

<アクセスマップ>

【TEL】0596-23-8838

【営業時間】9:30~17:30

【定休日】年中無休




駐車場情報

車で行かれる方は駐車場が気になりますよね。

おみやげ横丁の近辺の駐車場をご紹介します。

①内宮A1・A2市営駐車場

伊勢神宮にも近い為混雑しやすい駐車場ですが、伊勢神宮への参拝とおかげ横丁へ行く方には使い勝手の良い駐車場です

【住所】三重県伊勢市宇治今在家町93

<アクセスマップ>

【営業時間】24時間 無休

(A2のみ入庫時間5:00~17:00となっています)

【収容台数】207台

【料金】

 1時間無料

 2時間~3時間500円

 3時間以降30分ごと100円追加

【参考サイト】http://www.rakurakuise.jp/n_map_01.html

②内宮B1市営駐車場

A1・A2に比べて少し歩きますが比較的停めやすい駐車場となっています。

【営業時間】5:00~17:00

【収容台数】254台

【料金】A1・A2と同じです。

【参考サイト】http://www.rakurakuise.jp/jam_map_02.html

③伊勢銀座しんみち商店街振興組合駐車場

おかげ横丁より北にあるしんみち商店街の駐車場です。

しんみち商店街で買い物をするとスタンプがもらえ30分間は無料になります。

【住所】三重県伊勢市一之木2丁目2-21

<アクセスマップ>

【営業時間】10:00~22:00 年中無休

【収容台数】100台

【料金】30分100円

【参考サイト】http://search.ipos-land.jp/p/detailp.aspx?id=M27000685

④伊勢市駅前駐車場

JR伊勢市駅真ん前にあるアクセスの良い駐車場で、商店街やおかげ横丁へも近く最大料金が安いオススメの駐車場です。

【住所】三重県伊勢市宮後1丁目

<アクセスマップ>

【営業時間】24時間 年中無休

【収容台数】82台

【料金】20分100円

 平日最大料金600円

 土日祝最大料金900円

【参考サイト】https://bit.ly/2OakIdI

この他にも近隣のイオンなどの駐車場を使う方も多いようです。

イオン駐車場はイオンでお買い物をする為の駐車場となっていますので最低限のマナーを守り、停めた場合にはイオンでお買い物をするようにしましょう。

まとめ

お伊勢参りの楽しみとして欠かせない「おかげ横丁」の人気店をいくつかご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

今回ご紹介した他にもまだまだおすすめしたいお店はたくさんありますので、公式サイトにて沢山のお店情報をチェックのうえ足を運ぶようにしてはいかがでしょうか。

最後に公式サイトなどの情報をご紹介しておきますね。

○おかげ横丁詳細情報

【住所】三重県伊勢市宇治中之切町52

<アクセスマップ>

【問い合わせ先】お客様用/0596-23-8838

【アクセス】

 「宇治山田駅」または「伊勢市駅」からタクシーあるいはバスで約20分

 「神宮会館前」から徒歩約1分

【公式サイト】https://www.okageyokocho.co.jp/

【おかげ横丁オンラインストア】https://okageshop.jp/

それでは、今回はこのへんで!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする