ひな祭り飾りを折り紙でサクッと作ろう!【見てわかる画像入り】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

~ひな祭り飾りの作り方の手順を画像入りでご紹介~

こんにちは!らいふれんどです。

ひな祭りの飾りつけというと、半日がかりの大仕事というイメージがある方が多いのではないでしょうか。

女の子の節句として伝統のあるイベントではありますが、ひな人形を飾るのはスペース的にも体力的にも大変さを感じている方も多いと思います。

そこでおすすめなのが、折り紙でひな祭りの飾りを作ることです。

お雛様・お内裏様はもちろん、金の屏風やぼんぼりも作って、それらしい形に仕上げましょう。

折り紙でひな祭りの飾りをどうやって折るのか? 見てわかる画像入りでご紹介します。




★折り紙で作る「お雛様&お内裏様」の折り方

まずはメインとなるお雛様とお内裏様を折ってみましょう。

用意するのは、お雛様用・お内裏様用の折り紙各1枚です。

◎お雛様の折り方

1)折り紙を写真のように折り、線の位置に折り筋をつけます。

2)上下の角を1でつけた折り筋に合わせて線の位置で矢印の方へ折ります。

折ったところです。

3)2を裏返し、上下の角を中央の線に合わせて線の位置で矢印の方へ折ります。

4)線の位置で矢印の方へ折ります。

折ったところです。

5)4の向きを変え、線の位置で矢印の方へ折ります。

折ったところです。

6)5を裏返して向きを変え、線の位置で矢印の方へ折ります。

7)線の位置で矢印の方へ折ります。

8)赤線部が山折りになるように、下の三角の部分を折り込みます。

9)線の位置で矢印の方へ折ります。

10)赤線部が山折りになるように、裏側に向けて折ります。

11)お雛様のできあがりです。

 🙂 できました!

◎お内裏様の折り方

1)お雛様の折り方1~7までを折り、赤線部が山折り・黄線部が谷折りになるように段折りをします。

2)線の位置で矢印の方へ折ります。

3)線の位置で矢印の方へ折ります。

4)お内裏様のできあがりです。




★折り紙で作る「玉座」の折り方

お雛様とお内裏様が鎮座するのが、畳でできた「玉座」です。

用意するのは、玉座に似合いそうな折り紙2枚です。

◎折り方

1)折り紙を写真のように置き、線の位置で折り筋をつけます。

2)角を中心に合わせて折ります。

3)中心線に端を合わせ、線の位置で折り筋をつけます。

4)3でつけた折り筋に端を合わせ、線の位置で折り筋をつけます。

5)中心線に端を合わせ、線の位置で折り筋をつけます。

6)5でつけた折り筋に端を合わせ、線の位置で折り筋をつけます。

7)左右の三角の部分を広げます。

8)線の位置で、折り紙を立ち上げます。

9)線の位置で折り紙を立ち上げ、右の角を中心に合わせて折ります。

10)左側も同じように折ります。

折ったところです。

11)裏返して、玉座のできあがりです。

2枚目も同じように折り、2人分の玉座を作ります。

 🙂 できました!




★折り紙で作る「ぼんぼり」の折り方

玉座の両側にはぼんぼりを飾りましょう。

用意するのは、黒い折り紙1枚とハサミです。

◎折り方

1)線の位置で折り筋をつけます。

2)縦の折り筋に合わせて、ハサミでカットします。

切ったところです。

3)1枚を裏返しにして、赤線部が山折りになるように折ります。

4)幅が3等分になるように、線の位置で矢印の方へ折ります。

5)線の位置で矢印の方へ折ります。

6)赤矢印の袋になっている部分に指を入れて広げながら、線の位置で矢印の方へ折ります。

7)線の位置で矢印の方へ折ります。

8)線の位置で矢印の方へ折ります。

9)赤矢印の袋になっている部分に指を入れて広げながら、線の位置で矢印の方へ折ります。

10)線の位置で矢印の方へ折ります。

11)線の位置で矢印の方へ折ります。

12)赤線部が山折り・黄線部が谷折りになるように、段折りをします。

折ったところです。

13)裏返して「ぼんぼり」のできあがりです。

2の工程でカットした、残りの1枚も同じように折ります。

 🙂 できました!

★折り紙で作る「金屏風」の折り方

玉座の背後には、豪華な金の屏風を飾るのがおすすめです。

用意するのは、金の折り紙1枚です。(黄色の折り紙でも◎です)

◎折り方

1)線の位置で折り筋をつけます。

2)下の辺を中心線に合わせて折り上げます。

3)1でつけた折り筋に合わせて半分に折ります。

4)縦に3等分になるように線の位置で折り筋をつけます。

5)一旦、広げます。

6)赤線部が山折り・黄線部が谷折りになるように折り筋をつけます。

7)金屏風のできあがりです。

 🙂 できました!

★まとめ

折り紙で作るひな祭りの飾りについて、お雛様&お内裏様・玉座・ぼんぼり・金屏風の4種類を紹介しました。

棚の上に飾ってひな祭りを楽しむもよし、玄関に飾ってお客様を出迎えるもよし、です。

ほんのちょっと時間をかけて折るだけで、お雛様の雰囲気をぐんと味わうことができます。

ぜひやってみてください。

では、また!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする