ドライバーの選び方初心者編。シャフト、ヘッド、グリップはこう決めよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

こんにちは! さまよえる競技ゴルファーらいふれんどです。

今日はドライバーのお話をしてみたいと思います。

ゴルフを始めたばかりの初心者の方にとって、一番の喜びはドライバーでナイスショットが出たときではないでしょうか。

ところが、なかなか真っすぐに飛ばない、、右や左に大きく曲がってしまう、、あるいはダフったりトップしたりして少ししか飛ばない、、

でも待ってください。「下手だなぁ・・・」とがっかりする前に、実はいま使っているドライバーが自分に合っていないというケースが多々あります。

シャフトヘッド、そしてグリップなども千差万別です!

そこで、特に初心者の方向けに、自分に合ったドライバーの見つけ方、選び方をご紹介したいと思います。




ドライバー選びのスタートはシャフトの選定から

ヘッドスピードを計測してみよう

なにはともあれ、まずはシャフト選びが大事です。

シャフトが合っていないと自分本来の飛距離と方向性が出せません。

そして選ぶ際に知っておかなければならないこと、それはご自身のヘッドスピードです。

引用:https://www.tosan.jp/golf_driver/headspeed-flex.html

ヘッドスピードは秒速で表記しますが、プロゴルファーは概ね次のとおりです。

男子プロゴルファー 48~55m/秒

女子プロゴルファー 40~45m/秒

これに対して、あくまで目安ですが、アマチュアは次のとおりです。

一般男性      35~45m/秒

一般女性      30~39m/秒

男子プロゴルファーは概ねXフレックス、女子プロはSフレックスのシャフトを使っていますが、男子だから女子だからということではなく、自分のヘッドスピードにあったフレックスを選定しているということですね。

ご自身のヘッドスピードがどのあたりなのか、市販の簡易型計測器でも計れますが、正確なところは後述するゴルフショップなどで計測してもらいましょう。

では、フレックスとはどのようなものでしょうか?

フレックスとは?

ヘッド、シャフト、グリップのたった3つのパーツから作られているゴルフクラブ。

その中でもいちばん打つのが難しいと言われているドライバー。

どうして難しいかといえば、シャフトの長さとシャフトがしなることが原因です。

この、シャフトがしなる硬さ(柔らかさ)の度合いを「フレックス」といいます。

初心者用はRシャフトのウソ

例えば一般男性の方がこれからゴルフを始めようとしてクラブ選びをされる場合、ちょっとゴルフをかじった方などが、往々にして「初心者だからRシャフト」とアドバイスしているのを見かけますが、それは間違いです。

 

フレックスは、R(Regularレギュラーの頭文字)は中間の硬さを表し、柔らかい順番にL、A、R、SR、S、特注でSX、X、そしてXXと硬くなっていきます。

引用:https://www.atomicgolf.jp/dictionary/flex.html

シャフトが柔らかいと大きくしなり、硬いとシャフトがしなりにくいという事になります。

力がない人や女性はシャフトが柔らかいとよくしなってボールを弾くように打つことができるので、ボールをより遠くへ飛ばせます。

一方、硬いシャフトはしなりが少ないので力がある人や、ボールを曲げたくない人が使います。

従って、初心者は中間の硬さのRシャフトを選ぶという考え方が長く続いているのだと思います。

でも、小さいころから部活などでスポーツをしてきた人や、今もゴルフのほかにスポーツをしている人はすでに基礎的な体力と筋力があります。

そういう人がゴルフは初心者だからとRシャフトのドライバーを打ったらシャフトが柔らかすぎてインパクトのタイミングが合わず、ボールが左右に大きく曲がったり、ボールの手前を叩いてしまったりします。

普段からそういうミスショットが多い人は、フレックスが自分に合っているかどうかを疑ってみるべきです。

要は、前述したご自身のヘッドスピードに合ったフレックスを選ばないといけないということですね!

ゴルフクラブメーカーは罪つくり?

ところが、ゴルフクラブのシャフトのフレックスの表記には、実は決まった基準がありません。

クラブメーカーの、独自の表記なのです。

引用:http://www.gp-nexgen.jp/dev_story/story08/

従って、A社のドライバーのRシャフトより、B社のドライバーのSシャフトの方が柔らかい、などといった逆転現象が往々にして起こります。

これは何となく硬いシャフトの方がカッコいい、というゴルファー心理を満たすために本当は柔らかいのに、硬い表記をしている方が売れるという事情があるのです。

ですので、ここは表記にこだわらず、自分がイメージする球が打てるシャフトが装着されたドライバーを選ばなければなりません。




ドライバーヘッド選びは第一印象が大事です。

まずは自分好みの「顔」をしているか

昔はパーシモン、という柿の木をオイルに漬けては乾かしてを繰り返して硬くして、手作業で削って作っていたヘッド。

その後メタル、ステンレス、チタンと素材が変わり、今ではチタンとカーボングラファイトの混合ヘッドまで登場しています。

ヘッドの内部は中空構造になっており、どのゴルフクラブメーカーも、コンピューターによる3次元解析によってそのドライバーが求めるゴルファーのレベルや球筋に合わせてウェイトの位置やフェースのたわみ方などが精密に設計されています。

どのメーカーのドライバーを選んでも品質には問題がありませんので、まずは構えた時に、上から見た時のヘッドの形状、つまり「顔」の好みを大事にしましょう。

一般的にクラブを構えた時、ヘッドの後方がやや大きく張り出しているものは重心の位置がヘッド後方にあることが多く、球が上がりやすく、多少芯を外しても大きなミスショットにはなりにくい性質があります。

セダンのオートマチック車のようなイメージです。

小ぶりのヘッドはそれよりはシビアな性格を持たせており、しっかりと打たなければよい結果が生まれにくいのですが、自分で球筋をコントロールできる面白さがあります。

こちらはスポーツカーのようなイメージです。

でも、自分が構えた時に、いくらやさしいと言われているヘッドでも、どうにも打てるイメージが湧かないというケース、逆に、難しいと言われているヘッドでも、すんなり構えられてスイングするイメージが湧くものもあります。

そこで、データはあくまで参考にして、第一印象、つまり自分の感性でいい球が打てそうなヘッドのドライバーを見つけてみましょう。

カチカチは不要?

いまやすっかり定番になった、専用のレンチを使ってフェースの向きやロフトを変えることができる便利な機能が付いた可変式ドライバーです。

その締め付ける音から「カチカチ」などとも呼ばれています。

引用:https://www.golfdo.com/knowledge/article/no16.html

なぜ、こういった可変式ドライバーが登場したかというと、1つは純正品のシャフトが合わないゴルファーがシャフトを交換しようとする場合、通常はゴルフ工房などに有料でお願いしなければなりませんが、これなら自分で簡単に交換できます。もう1点は、季節や天候によってロフトを変えられる利便性です。

この点を売りに各メーカーがこぞって販売を始めたわけですね。

但し、ショットごとにスイングが変わっている初心者がフェース向きやロフトを変えてしまうと、比較的正しいスイングをしている時、本当に調子が良い時のポジションが判らなくなってしまう危険性があります。

ですので、最初はこの可変式の機能は不要ではないでしょうか。




グリップは太め?細め?

そしてグリップです。

グリップはまず、コード入りとツアーベルベットタイプに分かれます。

コード入りはゴムに短く切ったタコ糸を混ぜて成形していますので、握ったときにしっかりと握れるメリットがあります。

ツアーベルベットタイプは柔らかめのゴムで成形されており、握ったときにしっとりとした感触が得られます。

引用:http://golf-gakko.com/golf-grip-1077

次にどちらのタイプにもバックライン入りとバックライン無しとが用意されています。

バックライン入りはグリップを握ったときにシャフトの真後ろに、手の平に沿って真っすぐのラインが浮き出ていますので、手のひらのすき間を埋めてグリップがブレないようにしてくれます。

太いグリップはダウンスイング以降、インパクトからフィニッシュにかけて手が返りにくいので、フェード、スライス系の球が打ちやすくなり、細いグリップは手が返りやすいのでドロー、フック系の球が出やすくなります。

必ず試打をしましょう!

シャフト、ヘッド、グリップとここまでのパーツごとの特性を覚えたら、なるべく多くのゴルフメーカーのクラブを取り扱う大型ゴルフ量販店に行きましょう。

大型店はだいたいどこも試打室を設けていて、有名メーカーの売れ筋の試打クラブが用意されています。

引用:https://fujikura-gcs.com/tempo/nakano.html

その中には打てるイメージが湧かない、これはダメだ・・・という形状のヘッドのものがありますので除外します。

そうして残ったドライバーの、フレックスをRとSの2本を用意してもらって、試打してみます。

上述したように、フレックスが同じでもメーカー毎に基準があり、実際に打ってみないと、どれぐらいの固さなのか?どれぐらいしなりが出るのか?わかりません。

また、ヘッドとの相性によってもしなり具合に違いがでます。

試打室はどこも狭いので、プレッシャーがかかると思いますが、いつも通りに打ってみます。

そして、多くても3球までにします。

人の能力は器用なので、これ以上打つといつの間にかそのクラブに合わせたスイングに変わっていきます。

これでは本末転倒です。

3球で「スムーズに構えられたか?」「フィニッシュまでスムーズに振れたか」の2点のみチェックします。

そしてスタッフに、試打室の計測器で打球の方向をチェックしてもらいます。

3球とも同じ方向に飛び、なおかつ曲がり幅がフェアウェーの幅に収まる程度の曲がり幅でそれほど大きくなければ、つまり出球が揃っていれば、まずは合格です。

やや右方向に球が曲がっていればグリップを細くして手が返りやすくしてあげたり、逆にやや左方向に曲がっていればグリップを太めにして手が返りにくくしてあげるといった調整を行います。

こうして合格したドライバーの中から、相棒となる1本を選んでいきます。

まとめ

たとえスコアは悪くても、ティグランドからドライバーで打った球がギューンと伸びてフェアウェーを捉えたら・・・フェアウェーの真ん中を歩いて2打目地点に向かう気分の良さ・・・それだけでゴルフがどんどん好きになります。

初心者のうちほど、自分に合ったクラブを選んでスイング作りをしていきましょう!

では、今回はこのへんで!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする