ゴルフシューズを選ぶならスパイクレス?ダイヤル式?フィッティング法は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

~今回はゴルフシューズのお話です~

こんにちは! さまよえる競技ゴルファーのらいふれんどです。

ゴルファーと大地を結ぶ唯一の接点であるゴルフシューズ。

足元をしっかりと安定させスイングを支えたり、足裏からコースの傾斜などいろいろな情報を得たりもしますので、ゴルフシューズの役割はとても重要といえます。

そして、ゴルフシューズはアスレチックシューズでもありますから本来の性能を発揮するには自分の足に合ったものを選ばなければなりませんよね。

そこで、最近人気のスパイクレスやダイヤル式などの特徴や足にフィットしてプレーをより楽しく快適にするゴルフシューズの選び方をお教えします。




ソフトスパイクとスパイクレスの特徴

ゴルフシューズの主流をなすものは、靴底に硬質ビニール製の鋲(クリート)が付いたスパイクシューズです。

この鋲が柔らかいことから「ソフトスパイク」と呼ばれています。

特徴は、鋲が柔らかいことからアスファルトやコンクリートの上を歩いても突き上げ感が少ないことと、鋲が爪のように伸びているので地面をしっかりとグリップしてくれるので、スイングも安定していることにあります。

一方、靴底の部位によって異素材を用いて柔らかさを変えたり、突起の形状や配列を工夫してグリップ力を高めた鋲がないタイプのゴルフシューズを「スパイクレス」と呼び、今は各メーカーともかなりの勢いでニューモデルを発売しています。

特徴は鋲がないことから、スニーカーと同じような履き心地が得られ、膝や腰への負担がすくないこと、素材の進化や突起の形状の工夫によりソフトスパイクに近いグリップ力を確保していることにあります。

しかし、まだ、下り傾斜を下りる際や、ショットでかかと寄りに体重を乗せた時やつま先側に体重を乗せた時には滑る可能性があり、その点ではまだ、ソフトスパイクの方がグリップ力は高いです。

ソフトスパイクは鋲の減りとアタッチメントに注意

ソフトスパイクのはビニール製であり、思ったより減りが早いです。

ですので、1ラウンド終了ごとに常に自宅で靴裏の鋲の状態を見ておいてください。

いちばん大きい爪がかなり減っているなら替え時になります。

鋲の靴底への取り付け部分のアタッチメントにも数種類の形状があり、形状を間違えると装着できませんので注意が必要です。

また、交換には専用のレンチも必要ですので、ここはゴルフショップで新しく鋲を購入するときに交換も頼んでしまうのが最善だと思います。

だいたいどこでも鋲の価格だけで交換してくれます。

スパイクレスが増えた理由は?

スパイクレスはカジュアルゴルファー向けに以前から作られていましたが、最近は特に種類が増えてきました。

これはもともとはタイガーウッズに代表される、膝や腰にトラブルを抱えており、突き上げ感を嫌うツアープロの要請によって開発されたものなのです。

従って、プロのレベルでグリップ力がソフトスパイクと遜色ない、ということですので、メーカーのコメントを鵜呑みにはしない方が良いと思います。

実際、USPGAでもまだまだ多くのプロはソフトスパイクを使用しています。

ダイヤル式とシューレース式

ここ数年、ゴルフシューズの甲やかかとにダイヤルが付いたものが主流になっています。

正式にはディスククロージャ―システム、と総称され靴紐の代わりに細いワイヤーをダイヤルで巻き取ることで締める、あるいはダイヤルを解放することで緩めるという便利な機能になります。

シューズに足を入れ、つま先側のアイレットから徐々に靴紐を締めてゆくといった手間が要らず、また脱ぐときはダイヤルを引っ張り上げるか逆に少し回すだけで開放されるのでとても便利な機能です。

しかし、便利な反面、プレー中にカートの縁に当たっただけで不意に解放されたり、ワイヤーを締めすぎて伸びてしまったりといったトラブルも起こります。

また、ベテランゴルファーの中にはワイヤーの細さを嫌って、依然としてシューレース式を愛用し続けている人も多くいます。




トレンドはシームレスニット

2017シーズン、アッパー部分がニット素材のゴルフシューズがフットジョイからレディースモデルが、アディダスからメンズモデルが発売されました。

人工皮革のものに比べると、当然足あたりが段違いに柔らかく、特に外反母趾に悩む女性ゴルファーの圧倒的な支持を得ました。

そして2018シーズンはフットジョイ、アディダスに加えてプーマからも新製品が登場しました。

ニット素材に、パワーを受け止める部分にはシリコン系の極薄の素材を張り付けて支える仕組みを持つ、シームレスニット素材のシューズは今後主流となりうる可能性を秘めています。

ゴルフシューズのフィッティングの方法

まずは普段履いているスニーカーのサイズと同じサイズのものを試します。

シューズに足を入れたら、必ずシューズのかかとを、お店に遠慮することなく床にトントンと打ち付けて、足のかかととシューズのかかとをしっかりと合わせます。

次に土踏まずのカーブと、シューズのインソール(中敷き)の盛り上がりが合っているかどうか踏みしめて確かめます。

ここで土踏まずのカーブに比べてインソールが低いようなら、インソールを別売のものに替えるか、そのシューズの購入はあきらめるかの選択をします。

なぜなら、土踏まずのカーブは歩いたり、踏ん張ったりすると徐々に落ちてきます。

そうすると中足骨、足根骨などの足の骨と、脛骨、すねの骨とのバランスが崩れて疲労が増したり、思わぬ怪我の原因にもなります。

従って、それでもどうしてもそのシューズが気に入ってしまったら、スポーツ専用のインソールを別に購入して中敷きを入れ替えます。

5,000円前後で手に入りますのでここはケチらずに怪我の予防のために購入してください。

シューズを購入するタイミングは夕方から夜がオススメです。

人の足は朝が最も小さく、以降徐々に重力の関係やむくんだりで大きくなってきます。

従って、朝にちょうど良いサイズを選ぶと、ラウンドの後半にきつく感じるかもしれません。

夕方から夜の、足が大きくなっている状態で、ややきつめのサイズを選べば快適にラウンドができます。

こうして気に入ったシューズを履いたら、ダイヤルを締めてワイヤーを巻き取ります。

甲が必要以上に締められ過ぎず、シューズの中で足が左右に遊ばないか確かめます。

足がシューズの中で左右にずれ過ぎると、スイングの時にパワーが逃げてしまいますので遊ぶようならワンサイズ小さいものを試してみます。

問題なければこれで足に合うシューズの完成です。

まとめ

足に合わない靴を履いて靴擦れが出来、すり剥けて血が滲み、頭痛さえしてきたような経験はありませんか?

ゴルフコースでそうなったらもはやゴルフどころではありません。

また、ワイズ表示は細めなのに、実際に履くとちょうど良い、またはその逆もしばしばあります。

ですので、ゴルフショップのすべてのシューズを時間をかけて試し履きするくらいの気合で選びたいものですね。

それでは、今回はこのへんで!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする