三原舞依とネイサンチェンは親公認?難病克服のシンデレラに羽生も横恋慕?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

「女子フィギュア界の天使」こと三原舞依選手。

「シンデレラ」とも呼称されていますよね。

シニアの大会に出るようになった2016-17シーズンでは主要国際大会で初タイトルを獲得するなど目覚しい活躍を見せています!

そんな三原選手、実は難病と戦いながらフィギュアスケートに打ち込んでいるんだとか・・・。

三原選手の病とは?そして、ネイサンチェンや羽生選手との恋の噂のヒミツに迫ってみました!




三原選手の彼氏はネイサン・チェン?親公認の噂は本当?

可愛らしい仕草と笑顔が魅力的な三原選手ですが、彼氏はいるのでしょうか?

ファンの間で噂になっているのが、アメリカのネイサン・チェン選手です。

ネイサン選手といえば、アクセルを除く5種類の4回転ジャンプを跳べるまさに「4回転の申し子」と言える選手です。

先日行われた世界フィギュアスケート選手権2019ではノーミスを連発、羽生結弦選手に打ち勝ち見事2連覇を果たしました。

そのネイサン選手と「付き合っているのでは?」と噂されているのはなぜでしょうか?

ネイサン選手、自身のInstagramに選手同士の写真をよく投稿しているんですが、三原選手とのツーショット写真が多いことに由来します。

確かに、他の女子選手と比べてみると三原選手との写真が多く見られますね。

https://www.instagram.com/p/BWSXLqVAf4t/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

引用:https://www.instagram.com/p/BWSXLqVAf4t/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

また、一緒にアイスショーに出たときには廊下でアップする三原選手をネイサン選手が目で追っているという映像もあり、ネイサン選手は三原選手が好きなのでは?と言われるようになったようです。

ただ、ネイサン選手は非常にオープンな性格と言われており、以前付き合っていたと思われる女子フィギュア選手とのラブラブな写真をInstagramに載せていたこともあり、もし付き合っているのならそのことを公表するのでは?とも言われています。

親公認というのもあくまで噂のようですが、今後2人がどうなるのか見守っていきたいと思います!

三原舞依は難病と戦うアスリート!そのスケートストーリーはまさにシンデレラ!

三原選手を検索すると「シンデレラ」のキーワードが必ずと言っていいほど出てくるのはご存知でしょうか?

ファンからは「氷上のシンデレラ」と呼ばれていますが、なぜシンデレラなのか。

その理由を探ってみました。

トップアスリートとして活躍する三原選手ですが、実は「若年性特発性関節炎」という国が指定する難病を患っています。

この「若年性特発性関節炎」とはどのような病気なのでしょうか?

若年性特発性関節炎とは、16歳未満の子どもに起こる原因不明の関節炎が6週間以上続く病気です。子どものリウマチとも呼ばれているそうで、1万人に1人の難病とされています。

関節に炎症が起き、痛んだり腫れたりすることで関節が動かしにくくなるという症状があるようです。

適切な治療を受けなければ関節としての機能を果たせなくなることもあるというのですから、怖い病気だということがわかりますね。

ジュニアグランプリシリーズに初参戦した試合で表彰台に上がるなど、順調な選手生活を送っていた三原選手ですが、2015年12月にこの病気と診断。

この年の全日本選手権は入院していた病室のテレビで観戦したそうです。

フィギュアスケートはジャンプの着氷の際に、膝や足首に大きな負担がかかるスポーツです。

まさに致命傷になりかねない病を患ってしまったわけですが、ここで諦めないのが三原選手。

4ヶ月間の治療を経て、2016年4月にスケートリンクに戻ってきました!

この年シニアに上がり、四大陸選手権では初出場初優勝

世界選手権でも5位と大健闘し、見事世界のトップ選手に仲間入り!

この年のFPが「シンデレラ」だったこと、シンデレラガールと言える大活躍を見せたことで「氷上のシンデレラ」と呼ばれているのです!

ちなみに現在も完治はしておらず、月に1度通院し点滴や注射などの治療を受けているそうです。

三原選手が1日も早く完治することを願っています!




羽生結弦も横恋慕?ガラスの靴に込めた想いとは?

三原選手が仲が良い男子選手はネイサン選手だけではありません。

日本のエース・羽生結弦選手とも仲が良いんです!

2017年の国別対抗戦では一緒に日本チームとして戦いましたが、三原選手の演技後、三原選手も感激する出来事が起こりました。

羽生選手がトレードマークでもある「くまのプーさん」を介して「シンデレラのガラスの靴」を三原選手にプレゼントしたんです!

これには三原選手も感激!

「羽生選手からガラスの靴を頂けると思ってなかったので本当に嬉しい」とインタビューで答えています。

また、羽生選手も三原選手の演技を「本当に感動する演技ってこういう演技なんだと思った」と言っており、三原選手の演技中は目を潤ませているように見える場面もありました。

三原選手と羽生選手の恋の噂もあくまで噂のようですが、ネイサン選手との関係も含めて今後どうなるのか楽しみですね!

三原選手のスケート靴メーカーは?スポンサーも

三原選手のスケート靴はどこのメーカーか調べてみましたが、正確な情報は得ることができませんでした。

スケート靴はとても高価で、1足当たり5万円~だそう。

トップ選手ともなればオーダーメイドで作るとのことで、高いものでは20万円もするそうです。

また、衣装は羽生結弦選手や宇野昌磨選手の衣装も手がける伊藤聡美さんがデザインしています。

曲にあった繊細な衣装をオーダーメイドで作るので、こちらも20万円前後~高いものだと50万円近くするそうです。

靴は早い人で2ヵ月ほどで壊れてしまうと言いますし、衣装もアイスショー用を含めて数着用意しなければならないことを考えると、トップ選手でも赤字というのが頷けます。

多額の費用がかかることで競技を続けられない選手もいるようですが、三原選手にはシスメックスという会社がスポンサーとして付いています。

シスメックスは神戸市にある医療機器メーカーで、同じチームで練習をする坂本花織選手も所属しています。

「地元の神戸市でスケートを続けられるように」とスポンサー契約をしてくれたそうです。

地元の企業が応援してくれていると思うと、とても心強いですね!




三原選手のプロフィールと経歴

ここで改めて三原舞選手のプロフィールと経歴を見ていきたいと思います。

【名前】 三原舞依

【生年月日】 1995年8月22日

【出身地】 兵庫県神戸市

【身長】 156cm

【血液型】 A型

【趣味】 写真

【所属先】 シスメックス株式会社

【コーチ】 中野園子、グレアム充子、清水麻里江

三原選手がスケートを始めたのは小学2年生の頃。

テレビで浅田真央選手を見たことがきっかけでスケートを始めたそうです。

憧れの選手として浅田選手を公言しており、お気に入りのプログラムに浅田選手の「ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番」、将来滑ってみたい曲として浅田選手も演じた「ノクターン」を挙げています。

スケートを始めて1年後にはシングルアクセルを習得。

コーチのグレアム充子さんに褒められたことで、スケートに自信を持てたと語っています。

2012年開催の全日本ノービス選手権Aクラスで3位、推薦で初出場となった全日本ジュニア選手権では8位と大健闘。

翌2013-14シーズンはジュニアに上がり、初出場となったJGPミンクスでは2位となり表彰台にも上がりました。

順調な選手生活を送っていた2015年12月、上述したとおり病に倒れてしまいます。

4ヶ月の入院・治療、車椅子生活を経て、2016年4月に氷上練習を再開、シニアデビュー初戦のネーベルホルン杯で優勝し、見事復帰を果たしました。

その後の活躍は目覚しく、その年の四大陸選手権で初優勝を飾り一躍トップ選手に。

2017年の全日本選手権。

平昌オリンピック代表がかかった試合で「絶対出場したい」と語っていた三原選手ですが、SPでのミスが響き代表権獲得とはなりませんでしたが、ファンに「感動した」と言われた出来事がありました。

同門の坂本花織選手に、リンクサイドから「かおちゃん、がんばー!」と大声で声援を送っていたのです。

幼い頃から親友でありライバルでもある坂本選手に声援を送る姿はフィギュアファンに大きな感動を与え、また三原選手の人柄を表すものでもありました。

自身を「ひたすら負けず嫌い」と語る三原選手。

その負けず嫌いな性格と真面目さで2022年冬季北京オリンピックを見据えています。

三原選手の2018-19シーズンの戦績

平昌オリンピックは惜しくも出場を逃しましたが、アイスショーやトレーニングを積み、シーズン初戦のネーベルホルン杯では平昌オリンピック金メダルのアリーナ・ザギトワ選手に次ぎ2位となり、順調な滑り出しを見せました。

11月に行われたISUグランプリシリーズ・NHK杯ではSPは3位につけましたが、FSではジャンプミスがあり総合4位、次戦のフランス杯ではSP首位の好スタートを切りましたが、FSではジャンプの回転不足を取られるなど、またしてもミスが続き総合2位に。

優勝すればグランプリファイナルへの出場権を獲得できた試合だっただけに、悔しい結果となりました。

翌12月に開催された第87回全日本選手権ではSP・FSともノーミスでまとめましたが、後続の選手たちも完璧な演技を見せ総合では4位となり、世界選手権の代表は逃しましたが四大陸選手権代表に選ばれました。

3年連続出場となった四大陸選手権ではこれまで好調だったSPでミスが続き8位スタートとなりましたが、FSは加点がが付く完璧な演技を見せ、大逆転の3位となりました!

続くユニバーシアードでも220点を超える点数を出し、シーズン最後の大会で優勝という有終の美を飾りました。

まとめ

2022年の冬季北京オリンピックを目指すことを公言している三原選手。

日本のフィギュアスケートは世界トップであり、同じくオリンピックを目指すライバル選手がたくさんいます。

しかし、スケーターにとって致命的になりかねない病を乗り越え、世界のトップとして活躍する三原選手ならきっとその目標を叶えてくれるに違いありません!

2018年シーズンは幕を閉じましたが、9月からは新たに2019年シーズンが始まります。

魅力的な笑顔と可愛らしい仕草の三原選手が、今後どのような進化を遂げるのか。

期待せずにはいられません!

今回はシニアデビューから華々しい活躍を見せる三原舞依選手をご紹介しました!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする