伊藤美誠が大学進学しないのは母子家庭が理由?かわいくなったけど生意気と言われるのは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

史上初めて卓球の全日本選手権で2年連続3冠に輝いた伊藤美誠選手。

2018年には中国のエースを破り国際大会で優勝を果たすなど、大活躍中なのはご存知の通りですよね。

そんな伊藤選手ですが、2019年春に高校を卒業。

大学進学かと思われましたが、コーチとの二人三脚で練習していくとのこと。

なぜ大学へ進学しなかったのか?母子家庭だから?

そして最近かわいくなったと話題ですが、反面一部で「生意気」と言われている理由は?

その真相に迫ってみます!

NEW!卓球女子アスリートの関連記事はこちら↓↓↓

>山本怜が可愛い!彼氏は石川祐希?身長や愛用ラケットに十六銀行での成績は?

>前田美優は卓球界一かわいい!彼氏はいる?ラケットやTリーグの戦績は?

>森薗美月がかわいい!趣味は登山で兄弟はいる?年齢・身長などwikiも調査

>加藤美優が月曜から夜ふかしにでてた?父や身長に性格は?世界卓球でも奮闘!

>平野美宇が乃木坂と決別?!オリンピックに向けラケットに込めた打倒中国の決意!

>石川佳純が結婚!?かわいくなったのはメイクや髪型・ピアスよりも熱愛のせい?

>早田ひな大島祐哉と熱愛の真相は?かわいい姉や私服姿に使用ラケットも知りたい

>伊藤美誠が大学進学しないのは母子家庭が理由?かわいくなったけど生意気と言われるのは?

>浜本由惟がオーストリア国籍に?!かわいいハーフモデルの卓球愛がすごい




伊藤美誠の家族は?母子家庭による経済的理由で進学断念?

 

伊藤選手は2019年春、在学していた昇陽高校を卒業しました。

高校卒業後はどの大学に進学するのかなど注目されましたが、大学へは進学せず。

その理由として「母子家庭で経済的に厳しいのでは?」と噂されているんです。

伊藤選手のご両親はともに卓球経験者だそうです。

母親の美乃りさんはテレビにも出演しているので見たことのある人もいるかもしれませんね。

引用:https://www.asahi.com/articles/ASJ6Z5W0QJ6ZUTQP025.html

伊藤選手が生まれる前、トイレットペーパーの芯をメガホンにし「カットマンはとにかく拾ってくるから粘って攻めるのよ」などと話しかけていたそうです。

また、伊藤選手が眠っているときには「中国選手に勝つのはあなた」とささやいていたそうで、一部ファンからは「洗脳のよう」とまで言われていました。

父親は一般企業のサラリーマンだそうで、幼い伊藤選手のために2000万円を借り入れし自宅を新築。

1階に卓球の練習場を作ったそうです。

引用:https://www.sanspo.com/sports/photos/20151111/tab15111110000001-p4.html

しかし、その後2011年頃に離婚。

現在は母子家庭というのは本当のようですね。

では、母子家庭が原因で大学に進学しなかったというのは本当なのでしょうか?

伊藤選手は現在「スターツ」という会社と所属契約をしています。

他に、ミズノとシューズ契約、ニッタクと用具契約をしています。

引用:https://www.starts.co.jp/mimaito/profile/

また、世界のトップとして活躍する選手なのでメディア出演も多数あるでしょうし、金銭面に苦労しているといったことはないのではなかと思われます。

ではなぜ大学へ進学しなかったのでしょうか?




大学へ進学しなかった理由とは?自身の夢のためだった!

大学に進学しなかった本当の理由はなんだったのでしょうか?

高校卒業時にインタビューでその理由を語っていました。

小学生の頃からオリンピックで金メダル獲得を目標としてきた伊藤選手。

実はその夢を実現するために大学へは進学しなかったそうです。

大学に進学すれば、当然ですが新旧や卒業するために単位取得しなければなりません。

その時間がもったいないと感じたのでしょう。

「東京オリンピックで金メダルという、小学生の頃からの夢に向かって卓球に専念する」と語っています。

引用:https://twitter.com/nhk_news/status/1101065145357340672

また、現在行われている日本の卓球リーグ・Tリーグへの参加も見送っています。

Tリーグは日本全国で開催されており、毎月の試合数もそれなりにあるため移動時間がかなりかかるようです。

また、オリンピック代表となるには世界ランキングで上位にいる必要がありますが、Tリーグは世界ランキングには反映されず、また中国のトップ選手も参加していないという点も参加見送りの理由とされています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181009-00010000-worldtt-spo.view-000

「オリンピック代表になること」「金メダル獲得が卓球界への恩返しになる」という伊藤選手の考えが、このTリーグ参加見送り、そして大学に進学しないという結果に結びついているんですね!

これらの話を聞いただけでも伊藤選手の覚悟が伺えますし、東京オリンピックでの活躍を期待せずにいられません!

伊藤美誠はブス?最近かわいくなったとの噂も!

SNSを見ていると「伊藤美誠はブス」という書き込みをいくつか見かけました。

卓球は細かな動きが多いスポーツですので、女子選手はショートカットや髪を結んで前髪も上げている選手が多く見られます。

それは伊藤選手も同じで、試合中は髪を1つにまとめ前髪もきれいに上げています。

その姿から「伊藤美誠は顔が大きい」思う人が多く、「顔が大きい=ブス」と。

引用:https://www.tv-tokyo.co.jp/tabletennis/news/2017/12/002363.html_

また、汗や年齢によるホルモンバランスのせいかニキビ肌なことも「ブス」と感じる要因のようです。

ただ、最近のプライベート写真やテレビ出演の映像を見ると、試合中の伊藤選手とは間逆なとてもかわいらしい女の子といった姿が見受けられます!

髪の毛を下ろし、メイクをした姿は一般的な10代の女の子といった感じ。

前髪を下ろした伊藤選手は顔が大きいなんて感じることはなく、むしろ小さいんじゃないかな?とすら思ってしまいます。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181213-00010000-worldtt-spo

髪型やメイク、服装で人に与える印象が変わると実感しますね!

ニキビ肌も大人の女性になっていくにつれ変わるかもしれません。

どんどんかわいくなっていく伊藤選手の今後が楽しみですね!




伊藤美誠は生意気?性格が悪そうと言われる理由とは

先ほどの「ブス」と並んで言われているのが「伊藤美誠は生意気そう」

なぜそう言われているのでしょうか?

それは伊藤選手の発言に原因がありました。

2016年のリオデジャネイロオリンピックでは団体戦に出場。

その際、一緒に団体を組んだ福原愛選手と石川佳純選手に対して「2人の先輩を手ぶらで帰すわけにはいかない」と発言しました。

この発言が「先輩に対して上から目線」「生意気だ!」と感じさせたようです。

引用:https://mainichi.jp/graphs/20160816/hpj/00m/050/012000g/38

ただ、この「手ぶらで帰すわけにはいかない」は競泳の松田丈志さんがロンドンオリンピックで発した言葉でもあるんですよね。

伊藤選手はそれをオマージュして発言したと想像できますし、先輩を思っての言葉なのでは?とも感じます。

また、ペアを組む早田ひな選手が中国のエース・丁寧選手と対戦するときには「丁寧選手は対応力が弱い。頑張れ」とアドバイスしたそうです。

これが「丁寧選手に失礼!」と批判されました。

確かに言葉だけを見ると失礼な言い方に感じるかもしれませんね。

世界で戦うトップアスリートなので、気が強いことは確かでしょう。

そうでなければ世界1を目指すこともできないのかもしれません。

引用:https://mainichi.jp/articles/20190122/kei/00s/00s/008000c

日本は謙遜や丁寧さを重んじる国なので、「生意気」と言う人は余計に伊藤選手の言葉が気になるんでしょうね。

こういった批判を浴びることのある伊藤選手ですが、自身のTwitterでは

「何を言われても私は私。

自分は自分。

私らしく正々堂々と戦うだけ。

本気で何かと闘ってる人はそんな簡単に自分に負けたりしない。

何を言われても、何をされても実力がある人が勝つ。

私はその実力を求めて毎日頑張る。と改めて思えた今日。」

と、語っています。

伊藤選手のメンタルの強さが伺えますね!

まとめ

卓球王国で絶対女王の中国選手にも勝ち、波に乗っている伊藤選手。

目標であるオリンピック女王に輝くには相当な努力が必要となるでしょうが、そこはこれまでの経験と持ち前のメンタルの強さで乗り越えてくれるでしょう!

引用:http://www.jtta.or.jp/player/tabid/115/pdid/161/Default.aspx

2020年、表彰台の一番上に立っている伊藤選手。

その姿を見られる日が来るのが楽しみです!

今回は全日本2年連続3冠の伊藤美誠選手をご紹介しました!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする